1. トップページ
  2. にしよう日記
  3. お知らせ

にしよう日記

お知らせ

たんぽぽ説明会のお知らせ

<日 時>  12月7日(月) 第1部10:15~11:00、第2部11:15~12:00(各40組ずつ)
<場 所>  講堂 
<内 容>  
①概要説明
②活動内容 躾・態度教育、ミュージックステップ、製作・造形、絵本の読み聞かせ
③1日の流れ
④行事
⑤年間行事
⑥入会申し込み など
⑦質疑応答
⑧入会申し込み手続き
<持ち物>  上履き、靴袋
<手 順>
①説明会参加ご希望の方は、HP「お問い合わせ」もしくは電話でお申し込みください。令和2年11月2日(月)9:00より受け付けます
②当日配布します「入会申込票」の希望曜日(火・水・金)を第1~第3希望までご記入し、ご提出いただきます。
③入会決定は1月中にお電話にてお知らせします。
<対 象>  平成30(2018)年4月2日~のお子様
<その他>
●密を避けるために、保護者様1名(お子様同伴可)のみとさせていただきます。
●当日、マスク着用でご参加ください。体温37.5度以上の方、風邪症状など体調の悪い方はご遠慮ください。
●説明会当日、入会希望が多く定員がオーバーした場合(60人を超えた場合)は12月8日(火)以降の入会申し込みをお断りすることもあります。

11月園庭開放

11月2日(月)、9日(月)10:30~12:00
※雨天の場合は中止です。
※気軽に遊びに来てください。

新型コロナウィルス対応の具体策

保育現場における「3つの条件が同時に重なる場」(クラスター発生)を避けるために
①換気の悪い密閉空間にしないための換気を徹底する
・換気の励行(2方向の窓を同時に開ける など)
②多くの人が手の届く距離に集まらないための配慮をする
・人の密度を下げる(お互いの距離を1~2m程度あける など)
③近距離での会話や大声での発声をできるだけ控えることが重要です。
・近距離での会話や発声、高唱を避ける(やむをえず近距離での会話の場合はマスク着用)

これらを踏まえて、本園では以下のように実施致します。
【家庭・保護者への依頼】
●毎朝の検温と報告をお願いします。
(体温と測定時間をコドモンにて園に報告、コドモンの「連絡」→「連絡帳」→「検温」→「送信」)

【園の入口での対応】
●「非接触型体温感知装置(体温計)」でのチェックします。(37.5度以上の発熱者は登園を控えてください)
●発熱症状の無い人も他人に感染させない仕組みづくり(消毒、マスク着用、手洗い励行)
●使用時の接触感染を予防するドアノブ、スイッチなど、定期的に消毒します。
●バス乗車時に非接触型体温計にて検温します。(37.5度以上の園児は登園を控えてください)
●保護者様、業者および来客も検温、消毒をお願いします。

【保育における配慮事項】
●園児・職員全員がマスクを着用します。(熱中症の危険性も考慮して、運動時および外遊びの場合は除きます)
●空気清浄機を稼働します。(次亜塩素酸水の噴霧は取りやめ)
●風邪症状の子どもに対し、登園の自粛を依頼します。
●給食前の手洗い、消毒の徹底します。
●給食時の座席の配置、方向を配慮します。
●手洗い、咳エチケットの安全教育をします。(咳やくしゃみも手でなく腕を曲げて肘で、病原体の付着した手で口や鼻、目や傷口を触らない)
●教室の換気をこまめにします。(1~2時間に1回、5~10分程度、窓や扉の全開、各教室にサーキュレーター設置)
●「歌唱教室」では、園庭および講堂にて実施します。※1学期の歌唱教室はお休みします。
 (園児の間隔広げる、講堂の場合は窓全開)
●行事の形態を変更します。(人数制限、場所、時間短縮、中止の行事も)
●アルコール消毒・次亜塩素酸水による消毒を行います。
 (遊具、おもちゃ、ドアノブ、手すり、備品)

【感染の可能性がある人への対応、注意点】
●別室隔離、直ちに保護者への連絡します。
●使用した備品などは、次亜塩素酸水で消毒します。
●下痢、嘔吐などの液体が付着可能性がある衣類は、80度10分以上の熱消毒後、通常洗濯します。
●トイレの換気と清掃を徹底します。

たんぽぽ(未就園児親子)教室  

未就園児の発達に即した「音感教育(リトミック)」や「年中行事に関する製作」を取り入れた親子教室をしています。
5月から開始します。
火曜日・水曜日・金曜日クラス各定員15名程度(計45名程度)
★令和2年度たんぽぽ教室ご希望の方へ★
 令和元年12月9日(月)10:30~11:30に「たんぽぽ説明会」を実施予定です。11月1日より申し込みを受け付け致します。
HPの「お問い合わせ」より申し込みください。

大地震など緊急時における園の対応について

●大地震が発生した時、在園中のお子様はご家族がお迎えに来るまでしっかりとお預かりします。電話:052-563-0558、052-563-0559
●【幼稚園ではこのように対応しています】緊急地震速報装置が作動したら<屋内にいる時>あわてずに教職員の指示で、机の下にかくれます。揺れがおさまったら、教職員の指示で防災頭巾を着用し、園庭に避難します。<屋外にいる時>教職員の指示で園庭の中央に集まります。
●【その後、子どもたちはこのように行動します】<園にいる時>園(保育室)→園庭(安全確保)、津波注意報・津波警報が発令されたら3階多目的室に避難。<バス乗車時>バスは適時安全地帯に避難・待機、園から救助もしくは安全確認後、バス運行。
 ※園バスとはIP無線機にて連絡を取り合う。なお、各園バスにも緊急地震速報装置を搭載しています。
●【引き渡し手順】(1)園から緊急メールとHPでのお知らせ(2)緊急メール開封確認をチェック→お迎え。お家の方が迎えに来るまでお預かりします。あわてず落ち着いて迎えに来て下さい。→引き渡し
災害時における園の状況確認方法:「緊急メール」および「HP」。
 アドレスhttp://www.nagoyanishi.jp(災害時は携帯電話などがつながりにくくなる可能性が高いです。)