1. トップページ
  2. にしよう日記
  3. 防災避難訓練

にしよう日記

防災避難訓練

 今日は、防災避難訓練がありました。
 今回は、さくら(年中)組が園庭で外遊びをしている時、きく(年少)・ききょう(年長)組が教室で保育している時に緊急地震速報装置が作動した想定で実施しました。装置が作動すると、さくらの子どもたちは園庭の中央に集合し頭を守ってダンゴムシに、きく・ききょうの子どもたちは机の下に隠れました。その後、園庭に避難しましたが、落ち着いて速やかに行動することができました。
 園長先生からは、「緊急地震速報装置が作動したら、まず頭を守りましょう。最近は、台風による豪雨や洪水の被害が起きています。ニュースでも『命を守る行動を』と言いますが、地震の場合はまず頭を守ることになります。あと実際に地震が来てパニックなると先生たちの声が聞こえなくなります。その場合、先生が笛を吹いてサインを出しますのでその指示に従いましょう。」と言って、サインで動く訓練もしました。
 いつ来るかわからない地震などの災害から、こうした訓練を通して自分で『命と身体を守る方法』を身に付けたいものです。