1. トップページ
  2. にしよう日記

にしよう日記

11月誕生会

 今日は、11月生まれのお友だちの誕生会がありました。
 7人のお友だちは舞台の上で自分の名前と年齢、大きくなったらなりたいものをしっかりと発表しました。警察官やお花屋さん、サッカー選手、YouTuber(ユーチューバー)などでしたが、中には幼稚園の先生になりたいというお友だちもいました。
 お家の方からの手紙では、生まれた時のエピソードや名前の由来・意味、そして「生まれてきてありがとう」という感謝の思いがいっぱい詰まった内容に会場のみんなもほっこりしていました。
 見ているお友だちも集中して静かに聞くことができて、とても素敵な誕生会の時間を過ごすことができました。
 さくら(年長)・きく(年少)の誕生会は、後日ビデオ配信する予定です。お楽しみにお待ちくださいね。


同窓会

 今日は「同窓会」がありました。
 昨年度ききょう(年長)組の卒園生が、西幼稚園に遊びに来てくれました。
 園長先生からは、先日MVPを獲得したメジャーリーグの大谷翔平選手について触れ「大谷選手が高校生の頃からマンダラチャートというものを使って、目標を決めていろんなことをしてきました。野球以外のことでも運を強くするためにあいさつや掃除をする、プラス思考や本を読むなどをこころがけたそうです。野球だけではなく人間性を高めてきたことで今の活躍があると思います。皆さんも卒園記念品としてプレゼントした『西幼よい子のお約束』を実践していったください」というお話でした。
 そして、幼稚園時代に毎朝行っていた「ディズニー体操」を踊りました。最初はぎこちない動きでしたが、だんだんと思い出して幼稚園時代のように元気に踊りました。
 新しい先生の紹介の後、続いて旧クラス対抗でドッチボールをしました。運動が大好きで元気な学年だったので、大いに盛り上がりました!
 最後は、「にしようタワー」の前で集合写真を撮影しました。
 懐かしいお友だちや元担任の先生たちに会ったことに大喜びで、終わってもなかなかみんな帰ろうとしませんでした(笑)また、お母様方にとっても同窓会のようで、久しぶりの懐かしいママ友との再会を楽しんでいらっしゃいました。
 今回、立派な小学生に成長した卒園生たち皆さんの姿を見ることができて先生たちも嬉しくなりましたよ。小学校でも西幼稚園の卒園生としての「自覚」と「誇り」を忘れず、勉強に運動に頑張ってくださいね。応援しています!


第113回 運動会

 今日は「第113回運動会」が開催されました。
 今回も室内(枇杷島スポーツセンター)での運動会となりました。
 今年のテーマ『勝っても負けても かっこよく!』の言葉通り、園児たちは東京オリンピック・パラリンピックの選手達のように徒競走では全力で、遊技・組立ではみんなで「力」と「心」を合わせて頑張る姿はかっこよかったです!
 きく(年少)組の遊戯『キミに100%』では、全員が可愛く楽しく踊りました。ポンポンを振りながらリズムをとって楽しく踊り、たくさんの可愛らしいポーズとステキな笑顔を会場の皆さんは微笑ましくご覧になっていました。
 さくら(年中)組の遊戯は、旗とパラバルーン『1・2・3』でした。ポケモンの曲が流れる中、ピンク・黄・青・黄緑の色とりどりの旗が曲に合わせてはためきました。子どもたちの一つになった心の強さに、最後バルーンの中からたくさんのモンスターボールが今までで1番の高さまで上がりました。そのため会場からは「おー!!」という大きな歓声が起こりました。
 ききょう(年長)組の遊戯は『Mela!』で始まりました。曲に合わせて男子はフラッグを使って勇ましく、女子のチアではポンポンを使って可愛らしく踊る姿は高校生のダンスチームのように上手でした。組立体操では、『DEPARTURE』の曲で颯爽と登場し、『ダイヤモンド』の曲に合わせてさまざまな技を発表し、ポーズが決まるたびに拍手と歓声が起こりました。ブリッジ、ウェーブさらには「にしよう大橋」「ドミノ倒し」、そして最後にピラミッドがが決まると会場から大きな拍手と感動がわき起りました。
 まさに園児たちみんなで作り上げた最高の演技に、感動で涙を流す方も多数いらっしゃいました。
 閉会式後の園児たちの胸にはピカピカの金メダルが輝いていましたが、それ以上に園児たちの顔には、大きなことを成し遂げた達成感に溢れてキラキラ輝いていました。
 毎日の取り組みはもちろんのこと、隊形移動などの練習を通して、園児たちは多くの力を身に付けました。「集中力」や「忍耐力」も身に付きました。さらには「お友だちの良さ」や「心身統一やみんなと気持ちと心を一つに合わせることの大切さ」や「緊張感」、「達成感」「充実感」「連帯感」「友情」「チャレンジする前向きな気持ち」「あきらめずに折れない心の大切さ」など、さまざまなことを感じ取り学んだように思います。この体験は、きっと園児たちのこれからの生きる上での支えになることでしょう。

 早朝よりお手伝いいただきましたお手伝いのお母様方、さらには大きな拍手をくださいました会場の皆様、心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。


「いちご動物園」来園

 今日は、子どもたちが心待ちにしていた『いちご動物園』がやってきました。
 今回もコロナ対策として、午前がきく(年少)・ききょう(年長)組、午後がさくら(年中)・ききょう(年長)組の2部制で実施しました。
 ききょう(年長)組のお友だちは、ポニーの乗馬体験!かっこいいヘルメットを被って騎手の気分です。お家の方も、お子様の嬉しそうな笑顔を熱心にビデオやカメラで撮影されていました。
 ヤギやモルモットなどの動物たちへの餌やりも体験しました。ニンジン・白菜・キャベツ・リンゴを動物たちに恐る恐る餌やりする子もいれば、怖がらずにできる子など子どもたちの様子もさまざまでした。毎年恒例、犬のアンちゃんのパフォーマンスやうさぎの「いちごちゃん」との楽しい会話、それにいちごちゃんの「どんぐりころころ」の歌には、子どもたちは大爆笑の連続!!
 モルモットを抱っこしたり、ヤギや羊などに餌をあげたりと今日一日中、幼稚園には子どもたちの笑顔と歓声がいっぱいでした。何より動物たちとのふれあいを通して、子どもたちは「命の大切さ」に気付くとともに、動物に対する「思いやりの心・優しい心」が育ちました。


10月誕生会

 今日は、10月生まれのお友だちの誕生会がありました。
 6人のお友だちは、舞台の上で自分の名前と年齢、大きくなったらなりたいものを発表しました。さすがききょう(年長)さんだけあって、どの子も緊張しながらもしっかりと言うことができました。
 将来の夢については、薬剤師、ケーキ屋さんやパティシエなど、なりたい職業を展覧会の紙粘土で製作したこともあって具体的な職業を挙げるお友だちが多かったです。
 お家の方からの手紙も愛情あふれるメッセージに会場の雰囲気もほっこりしました。
 きく(年少)・さくら(年中)の誕生会は各教室で行い、後日動画配信する予定です。


作品鑑賞会

 今日は、展覧会の「作品鑑賞会」がありました。
 13日の「展覧会」ではお家の方といっしょに鑑賞しましたが、今日はクラスのお友だちといっしょに鑑賞しました。子どもたちはお友だちの作品の良いところや素晴らしいところを見つけながら鑑賞しました。きく(年少)・さくら(年中)組のお友だちは、ききょう(年長)組のお友だちの作品を見て「すごいね」「上手だね!」と言っていました。「みんなも年長さんになったら、これぐらい上手に描けるようになるといいね」という担任の言葉に今からわくわくしているようでした。

 1学期からの作品製作ならびに鑑賞を通して、それぞれの「個性を認める心」やお友だちと協力して製作した「連帯感や仲間意識」が育ったようで嬉しく感じました。


展覧会

 今日は、「展覧会」がありました。
 コロナの影響もあり、本年度も分散する形式で行い、規模も縮小して実施しました。
 さて、今年の共同製作のテーマは「にしようハロウィン」です。日頃の絵画教室や保育の時に作ったさまざまな作品が展示されました。1階から2階への踊り場やスペースを有効に使って、子どもたちが製作したハロウィンに関する作品が掲示されました。当日、子どもたちは思い思いのコスチュームで仮装して参加したので、園には一足早くハロウィンの雰囲気になりました。

 また、講堂では次の展示がありました。
○お絵かき(年長:名古屋城  年中:自分の顔  年少:ぼく・わたしのお洋服)
○紙粘土(年長:大きくなった ぼく・わたし 年中:こんな家に住みたいな 年少:フォトフレーム)
○たんぽぽ教室(ジャック・オー・ランタン)  ○書道教室や造形教室の作品  
○お絵かき「1学期の製作、夏休み(8月)、いもほり遠足(10月)」
○絵画教室の作品(年長:名画の模写 年中:いろんないろで、にじのむこう)

 恒例の文化芸術親子体験教室は「陶芸」でした。お家の方と手ろくろを回しながら土から皿の形にして、それに文字を書いたり、絵を描いたりしました。世界で一つだけのオリジナルのお皿ができました。
 今回の展覧会も、多くの制約の中で実施しましたが、お子様の作品をゆっくりじっくり鑑賞していただくことできたと思います。ご来園いただき誠にありがとうございました。


モダンダンス発表会

 9月18日は、課外の才能教育「モダンダンス」の発表会が、感染対策をした上で西文化小劇場で行われました。
 子どもたちは、日頃の練習の成果を見事に発表しました。幼稚園児たちの発表は可愛らしく、小学生や中学生以上のお友だちは躍動的な動きと共に、しなやかで優雅な踊りを披露し、会場からは惜しみない大きな拍手が贈られました。
 演目もポップなものから幻想的な内容と多岐にわたり、モダンダンスならではの楽しさと魅力を感じました。とりわけ小学校高学年以上で踊った最後の演目『花鳥風月』は、舞台の演出効果も相まってフィナーレにふさわしい完成度の高い発表で、観ている人たちもモダンダンスのステキな世界に引き込まれていました。


ビッキー英語教室ハロウィンパーティー

 10月12日(火)と14日(木)の2日間、ビッキー英語教室のハロウィンパーティーがありました。
 ハロウィンパーティーでは、手作りのボーリングや輪投げをして遊びました。「How many cups?」「1 cup!」「4cups!」など複数形の言い方を実践で楽しみながら学び、クラフトタイムではみんなでモンスターの写真立てを作成したりしました。最後に「treak or treat!」と言った人にはハロウィンのプレゼントがもらえました。
 子どもたちは「ハロウィン楽しみ〜!」と以前から言っていて気持ちの準備も万端だったからか、パーティーは終始盛り上がりとっても楽しそうでした!


文化芸術体験教室(箏と尺八)

 今日は、文化芸術体験教室がありました。
 今回は、箏(そう)と尺八でした。最初、講師から箏(琴)と尺八の名前や音色の紹介がありました。そして、お正月によく聴く『春の海』の演奏がありました。その後、弦の数について質問があり、子どもたちは音の数から「13本」と答えました。また、箏の爪の素材について質問されると「トラ」「ライオン」といった答えが出ましたが、正しくは象の牙(象牙)ということや、尺八は五つの孔を操作することでドレミの7音が出せることなども教えていただきました。
 いよいよ子どもたち一人ひとり箏の音を出す体験でした。爪をはめて弦を弾くと部屋中に日本の音色が響きました。そして、体験の最後は西幼の先生たちによる『さくらさくら』の演奏でした。講師のリードで演奏しましたが、中には小学生から箏の心得があり講師のリードなしで上手に演奏する先生もいました。
 最後は、講師の方々による『さくらさくら』の演奏を聴き、和の音楽とその雰囲気を味わいました。やはり箏の音色は心を落ち着かせる力があり、子どもたちは落ち着いて取り組むことができました。


いもほり会

 今日は子どもたちがとっても楽しみにしていた「いもほり会」がありました。
 4台の大型観光バスに分乗して、碧南の「あおいパーク」へいもほり遠足にでかけました。バスの中で園児たちは西幼クイズや歌など歌いながら楽しく過ごしました。
 芋畑に着いた園児たちは、自分の手で一生懸命掘り始めました。しばらくするとあちこちから「わー!」「大きいお芋だ!」の声があがりました。次々と土の中から出てくる大きな芋に園児たちも興奮気味!!早く芋を採ったお友だちは、他のお友だちのお手伝いをする姿も見られてとても微笑ましかったです。
 お昼は芝生広場まで歩いて仲良くお弁当を食べました。
 その後、ききょう(年長)のお友だちは、パーク内にある温室も見学しました。「サボテンががあるよ!」「バナナの木だ!」など、子どもたちは珍しい熱帯の植物に目を輝かせていました。
 今年は、天気が良くて暑い中でのいもほり会でしたが、子どもたちはたくさんの芋と思い出をお家に持ち帰りました。

 保護者の皆様、本日は送り迎えありがとうございました。持ち帰った芋は、一週間ほど日にちが経ってから食べると美味しいそうです。しばらくはお家で芋を食べながら、お子様の土産話をたくさん聞いてあげてくださいね。


歌唱教室開始

 今日から「歌唱教室」が始まりました。
 新型コロナの影響で4月からずっと中止になっていた歌唱教室。歌唱教室に限らず、園生活の中での歌もなくなっていただけに子どもたちは久しぶりの活動にちょっぴり緊張気味でした。
 今日の歌唱教室はさくら(年中)、ききょう(年長)のみクラスごとに園庭で実施しました。神谷先生からは、歌うときの姿勢や表情、イメージなどを具体的な指示やイラストで教えてもらい、子どもたちも熱心に取り組みました。
 そして、ききょうさんは『希望の歌~交響曲第九番~』、さくらさんは『おおきなうた』を口角を上げて笑顔で歌う姿が見られました。次回からは通常通り、きく(年少)組のお友だちも取り組みます。
 久しぶりに幼稚園に歌声が戻ってきました。これからの子どもたちの成長が楽しみです。


お知らせ

1月園庭開放

1月17日(月)、24日(月)10:30~12:00
※31日は園行事のためありません。
※雨天の場合は中止です。
※気軽に遊びに来てください。

たんぽぽ(未就園児親子)教室  

未就園児の発達に即した「音感教育(リトミック)」や「年中行事に関する製作」を取り入れた親子教室をしています。
5月から開始します。
火曜日・水曜日・金曜日クラス各定員15名程度(計45名程度)
★令和4年度たんぽぽ教室ご希望の方へ★
 令和3年12月6日(月)の「たんぽぽ説明会」(第1部10:15~、第2部11:15~)を実施予定です。11月1日(月)より申し込みを受け付け致します。
HPの「お問い合わせ」より申し込みください。

新型コロナウィルス対応の具体策 ※2021年4月更新

保育現場における「3つの条件が同時に重なる場」(クラスター発生)を避けるために
①密閉空間にしないための換気を徹底する
・換気の励行(2方向の窓を同時に開ける サーキュレーターの稼働など)
②多くの人が手の届く距離に集まらないための配慮をする
・人の密度を下げるため分散、少人数に
③近距離での会話や大声での発声をできるだけ控えること
・近距離での会話や発声、高唱を避ける(会話の場合はマスク着用)


これらを踏まえて、本園では以下のように実施致します。
【家庭・保護者への依頼】
●毎朝の検温と報告をお願いします。なお、37.5度以上の園児は登園を控えてください。
(体温と測定時間をコドモンにて園に報告、コドモンの「連絡」→「連絡帳」→「検温」→「送信」)
●発熱症状の無い人も他人に感染させない仕組みづくりをお願いします。(消毒、マスク着用、手洗い励行)
●使用時の接触感染を予防するドアノブ、スイッチなど、定期的に消毒します。
●保護者様、業者および来客も検温、消毒をお願いします。

【保育における配慮事項】
●園児・職員全員がマスクを着用します。
●教室の換気をこまめにします。また、空気清浄機やイオン発生装置を稼働します。
●バスの中は黙って静かに過ごすよう指導します。
●給食前の手洗い、消毒の徹底します。ききょうの歯磨きやうがいを中止します。
●給食時の座席の配置、方向を配慮します。黙食を指導します。
●手洗い、咳エチケットを指導します。(咳やくしゃみも手でなく腕を曲げて肘で、病原体の付着した手で口や鼻、目や傷口を触らない)
●「歌唱教室」では、園庭または講堂にて実施します。(園児の間隔広げる、講堂の場合は窓全開)※10月より再開
●行事の形態を変更します。(人数制限、場所、時間短縮、中止の行事も)
●アルコール消毒や光触媒スプレーによる消毒を行います。(遊具、おもちゃ、ドアノブ、手すり、備品)

【感染の可能性がある人への対応、注意点】
●別室隔離、直ちに保護者への連絡します。
●使用した備品などは、アルコールや光触媒スプレーで消毒します。
●下痢、嘔吐などの液体が付着可能性がある衣類は、80度10分以上の熱消毒後、通常洗濯します。
●トイレの換気と清掃を徹底します。


ファイルを開く

光触媒施工検査結果(令和4年1月)

大地震など緊急時における園の対応について

●大地震が発生した時、在園中のお子様はご家族がお迎えに来るまでしっかりとお預かりします。電話:052-563-0558、052-563-0559
●【幼稚園ではこのように対応しています】緊急地震速報装置が作動したら<屋内にいる時>あわてずに教職員の指示で、机の下にかくれます。揺れがおさまったら、教職員の指示で防災頭巾を着用し、園庭に避難します。<屋外にいる時>教職員の指示で園庭の中央に集まります。
●【その後、子どもたちはこのように行動します】<園にいる時>園(保育室)→園庭(安全確保)、津波注意報・津波警報が発令されたら3階多目的室に避難。<バス乗車時>バスは適時安全地帯に避難・待機、園から救助もしくは安全確認後、バス運行。
 ※園バスとはIP無線機にて連絡を取り合う。なお、各園バスにも緊急地震速報装置を搭載しています。
●【引き渡し手順】(1)園から緊急メールとHPでのお知らせ(2)緊急メール開封確認をチェック→お迎え。お家の方が迎えに来るまでお預かりします。あわてず落ち着いて迎えに来て下さい。→引き渡し
災害時における園の状況確認方法:「緊急メール」および「HP」。
 アドレスhttp://www.nagoyanishi.jp(災害時は携帯電話などがつながりにくくなる可能性が高いです。)


ききょう写生会


 今日は、ききょう(年長)組のお友だちの「写生会」がありました。
 ききょう組のお友だちは、キリンバスとコアラバスに乗って名城公園へ出発!公園の藤棚の下から名古屋城をじっくり見ながらスケッチをしました。屋根の上でキラキラ光る金シャチ名古屋城をじっくりと観察しながら、名古屋城を見つめる真剣な子どもたちの表情は、やはり日頃の絵画教室で学んだことが活きているようでした。
 お絵かきが終わったら、芝生広場で集合写真を撮ったり、川で遊んだりと秋の名城公園を満喫しました。なお、今日描いた名古屋城の絵は、10月16日の展覧会に展示されます。楽しみにしていてくださいね♪


9月誕生会

 今日は9月生まれのお友だちの誕生会がありました。
 舞台上の4人のお友だちは自分の名前、年齢、大きくなったらならたいもの(将来の夢)を自信を持って発表しました。お家の方からの手紙では、成長を喜ぶ両親の気持ちや下の子の面倒を見ることへの感謝の気持ちが綴られ、それを嬉しそうに聞いている姿が見られました。
 きく(年少)・さくら(年中)の誕生会は、28日に教室にて行い、その模様をビデオ配信します。楽しみにしていてくださいね。