1. トップページ
  2. にしよう日記

にしよう日記

お別れ会

 今日は「お別れ会」がありました。
 最初に、きく(年少)組、さくら(年中)組のお友だちみんなからききょう(年長)組のお友だちにお祝いの言葉と歌を、ききょう(年長)組のお友だちからもそれぞれ言葉と歌のプレゼントをしました。
 次は、恒例の園長マジックショー!!園長先生の登場に子どもたちも大喜び。みんながおまじないをかけるたびにハンカチが一瞬でステッキに変わったり、スプーンが曲がったり、赤・黄・青のロープが繋がったり・・・・。そのたびに子どもたちは大喜び!!
 とりわけ園長先生の大好物アーモンドチョコをハンカチが通り抜けるマジック、さらにはトランプの瞬間移動マジックには大興奮でした!子どもたちや先生たちも不思議な現象に驚いたり、笑ったりして会場はアメイジングな雰囲気に!!
 次は、先生からの「西幼クイズ」がありました。3つのヒントを基にどの先生かを当てる内容でした。今のききょうに関係の深い先生3人がその後のインタビューを受けていました。
 その後、先生たち全員による『西幼思い出のアルバム』の器楽合奏と歌唱でした。ピアノ・鉄琴・木琴・小太鼓・鍵盤ハーモニカなどのメロディーに合わせて、舞台上のスクリーンには3年間の写真が投影され、その写真を見ながら笑ったり懐かしがったりしていました。
 
 いよいよお楽しみのお弁当タイムです。なかよし交流タイムのクラスごとに分かれてお家の方の愛情弁当、お家の方の力作デコ弁やキャラ弁を美味しそうに食べていました。
 最後は、『園歌』と『希望の歌~交響曲第九番~』をみんなで声高らかに歌いました。大いに盛り上がったお別れ会に子どもたちも大満足の様子でした。

 今日は一日中「子どもたちの笑顔」の花がいっぱい咲き、楽しそうな歓声が幼稚園に響き渡っていました。同時に今までやさしくしてくれたききょうさんへの「ありがとう!」という感謝の気持ちと温かな思いが幼稚園中に広がっていました。


ききょうふれあい給食

 12・13日の2日間、ききょう(年長)組のお友だちは、園長・副園長先生とのふれあい給食がありました。
 園長・副園長先生が、それぞれききょう1・2組に入って食べました。教室に入ると子どもたちも大喜びで、「先生、こっちに来て座って!」という声があちこちから聞かれました。
 卒園を17日の日曜日に控え、ききょうの子どもたちも残り少ない幼稚園生活を味わうかのように園長先生たちと楽しく食べていました。


3月誕生会

 今日は、3月生まれの誕生会がありました。
 16人のお友だちは、自分の名前・年齢・大きくなったらなりたいものを発表しました。今月は、ききょう(年長)組のお友だちが10人もいて、お家の人からの愛情あふれるお手紙に会場はいつも以上に温かい雰囲気に包まれました。
 言葉と歌のプレゼントの後は、先生からのプレゼントでした。今回は、『あおむしあおくん』というパネルシアターです。お腹が減っている「あおくん」が食べる物を子どもたちが当てる内容です。子どもたちは、「オムライス!」「ケーキ」「お寿司!」などと答え、大喜び!最後は満腹になったあおくんが眠った後、きれいな蝶に変身しました。絵本の『はらぺこあおむし』を連想させ、子どもたちも大いに楽しめたようです。
 今年度最後の誕生会でしたが、子どもたちにとって卒園前の楽しい思い出の一コマになりました。


防災避難訓練

 今日は、本園度最後の「防災避難訓練」がありました。
 園児たちは、緊急地震速報装置が作動すると冷静に先生の指示に従って机の下に隠れ、すばやく防災頭巾を着用しました。次に「津波警報」が発令された想定で園児たちは3階の多目的室に避難しました。
 園長先生から「これは何の数字でしょう?」と東日本大震災の死者数・行方不明者数のボードを示され、子どもたちはたくさんの方が犠牲になったことを理解しました。そして、この震災では津波や原発事故の話、とりわけ原発事故による放射能汚染が起きたことにより多くの外国人が日本を離れたと言う話も聞きました。
 さらに、「非常用持出袋」の話もあり、災害時には電気・ガス・水道のインフラがストップするために、3日間は自力で生活できるための準備をお家の方としておくことの大切さを確認しました。
 未曾有の被害をもたらした「東日本大震災」から早8年、大きな傷跡を残した大震災から東北は復興しつつありますが、被災者の心の傷跡は無くなることはないでしょう。3月11日は、我が国にとって忘れてはいけないこの大震災を決して風化させることなく語り継いでいくこと、そして教訓として来たるべき大地震の備えを進めていくことが私たちにできることと考えています。


ききょう科学館見学

 今日は、ききょう(年長)組の科学館見学がありました。
 世界最大のプラネタリウムでは、冬の大三角形の話やオリオン座、誕生日星座の話を聞きました。また、満点の星が降り注いだ場面では、子どもたちから大きな拍手が沸き起こりました。さらに、太陽を中心に回っている惑星のことも教えてもらいましたが知っているお友だちも多くいました。
 プラネタリウムの後は、お家の方の愛情弁当に子どもたちの心もお腹もいっぱいになりました。お母様の手作り弁当を美味しそうに食べる子どもたちも本当に嬉しそうで、デザートを先生たちにサービスする優しいお友だちもいました。
 午後も館内の施設を見学しました。子どもたちは、いろんな装置や道具に興味を持ったようです。帰りのバスの中では、科学館クイズで盛り上がり、子どもたちは「水金地火木土天海」を口ずさんでいました(笑)
 今日一日ききょう園児たちにとって、卒園前のお別れ遠足になりよい思い出ができました。


ひなまつり会

 今日は、「ひなまつり会」がありました。
 講堂の幕が開くと、舞台の上には七段飾りのひな人形の隣に園長先生と副園長先生そっくりさんのお内裏様が、すまし顔で座っていました。二人の登場に園児たちは大喜び!
 最初、お内裏様による絵本『ひなまつりルンルンおんなのこの日!』の読み聞かせがありました。子どもたちは、スクリーンに映し出された絵を見ながら、絵本の世界に入って楽しみました。
 絵本の次は、ひなまつりに関する○×クイズでした。「ひなまつりに食べるお菓子は豆である」など、3問のクイズに子どもたちは「×、やった~!」「僕、3問とも正解だった!」などの声が聞こえ、一喜一憂していました。
 子どもたちは、幼稚園に来てくれたお雛様に感謝の気持ちを込めて『うれしいひなまつり』を歌いました。
 最後は、お雛様といっしょに記念写真を撮ったり、クラスでは白酒の代わりにカルピスを飲んだりして、みんなで女の子の節句ひなまつりを祝いました。


2月 クラスの子どもたち

<きく1>
 2月初めには、きくさんにとって初めての節分会がありました。鬼さんに立ち向かう子もいれば、泣いてしまう子もいましたが、最後には鬼さんを許してあげて一緒に写真を撮ることができました。その週の土日にはお家でも豆まきをやって盛り上がったご家庭が多かったようですね。
 そして、23日の生活発表会に向けて子どもたちは毎日練習を頑張りました。初めての見せ合い会はドキドキでうまくいかない場面もありましたが、最後まで頑張りました。リハーサルでは、見せ合い会よりもしっかりと踊ることができました。本番はいつもと違う雰囲気で戸惑っている子もいましたが、最後まで頑張って踊ることができました。たくさんの経験を通して、お友達と共に踊る楽しさや大きな舞台に立つ緊張感などを味わうことができたと思います。
きくさんも残り1ヵ月となりました。残り1ヵ月はさくらさんになる準備期間です。さくらさんに向け、クラス一丸となって頑張ります!


<きく2>
 2月は節分会から始まりました。節分会の日が近づいてくると「本当に鬼来るの?」「こわい!」と不安な表情をしている子ばかりでした。当日、鬼を見た途端、泣き出す子や逃げ回る子、果敢に立ち向かおうとする子など様々な姿を見ることができました。最後には鬼と仲直りをしてほとんどの子がニコニコで写真を撮ることができました♡自分たちの心の中にいる弱い鬼も追い払うことが出来たと思います♡
 1月からたくさんの練習をしてきた生活発表会を無事全員で終える事ができました。斉唱・鍵盤ハーモニカでは、優しい声で歌うことや周りの音をしっかり聞くことなどを心がけることが出来るようになりました。お遊戯の練習が大好きで、男の子の練習中は女の子も一緒になって踊り、女の子の練習中は男の子も一緒に踊る姿があり、クラス全体で楽しく練習を行うことができました。本番では全員が立派に堂々と発表する姿に成長を感じました♡
 きく組も残りわずかとなりましたが、子どもたちと笑顔で過ごしていきたいと思います。


<さくら1>
 寒さの中にも、少しずつ春の暖かい日差しが感じられるようになったこの頃。堂々とした姿を見せてくれた生活発表会。男女共にお互いの振りを覚え、曲を掛けるとみんなで踊って楽しんできました♪自分たちが︎発表する姿だけでなく、リハーサルでは、きくさんやききょうさんの演技も真剣に見ていました。特に年長児の発表には「すごかった!」と、子ども達なりに感じるものがあったようです。「来年はみんながききょうさんとして発表するんだよ!」と声を掛けると、期待と少し緊張した表情を見せてくれました。
 発表会当日の楽屋では、「緊張する…」「たくさん練習したから大丈夫だよ!」と、励まし合う子ども達の姿がありました。舞台袖から見守っていましたが、4月、慣れない2階の教室に座っていたみんなの姿を思い出し、それぞれが本当に大きく成長した事を改めて感じさせられた発表会でした(・∀・)
 さくら1組も残りわずか…毎年発表会が終わりひと段落すると、さみしさが更に大きくなります。来年度へ向けみんなで少しずつ準備をしながら、残りの日々もおもいっきり楽しみたいと思います♡


<さくら2>
 2月はさくら組での最後の大きな行事とある生活発表会がありました。去年のことを覚えている子も多く、練習が始まった時からとてもワクワクしており当日を楽しみにしていました!さくら組としての集大成ということもあり、練習の時から意識がとても高い子がたくさんで、「今日かっこよくできた?」「もっと手を伸ばした方がかっこいいんじゃない?」と子どもたちの方から意見が出るほどで本番の為に、みんなで作り上げることができました♡その成果が当日もばっちり出しきれ最高の発表会となりましたね♪
 お遊戯を通して更に仲間意識が高まりみんなで活動することをより楽しみ、ルールも理解出来る子が多くなってきたように感じます♡まだまだ意見がぶつかる時もありますが、少しずつ相手に対して思いやりの気持ちを持てる子も増え自分だけではないことを学んでいます。
 あと残りわずかですが、さくら2組での生活をめいっぱい楽しみたいと思います♡


<ききょう1>
 とうとう幼稚園生活最後の生活発表会が終わってしまいました。たくさんのお客様の前での発表ということでの緊張と、ききょうさんならではのプレッシャーもある中、一人一人が力一杯の練習の成果を発揮してくれました。今までの行事の様に練習を意欲的に取り組んでくれる姿もたくさんありましたが、それだけではなくそれぞれの壁にぶつかり、自分の力で乗り越えなくてはいけない場面もありました。またその姿を見て、どうすると乗り越えられるのか、またそのための努力や気持ちを意味のあるものにするためにはどうしたらいいかと考えることもありましたが、そんな時は子どもたちの「もっと上手になりたい!」「まだまだ良くなる!」と奮闘する姿にパワーをもらい色々なアイディアを出し合いながら頑張り続けることができました。舞踊も劇も子ども達のアイディアと自分の気持ちを表現しようとする想いであふれるものとなりました。出来なかったことに何度も挑戦する強さ、恥ずかしさに勝つやる気、どんどん上達していく自信、みんなと心と体と声を一つにする楽しさを全力で学んでくれました。
 いよいよ残りわずかとなった幼稚園生活…。一日一日を大切に楽しくみんならしく過ごしたいと想います。みんな本当に本当によく頑張りましたね♡そしてたくさんの思い出を作ろうね♡♡


<ききょう2>
 1,2月は生活発表会の練習が大きく占めていて、あっという間に終わってしまいました。
練習を重ねるごとに、男の子たちのかけ声が揃い、心が一つになっていることを感じました。また側転を室内だけではなく外でも自主的に練習したりと、みんなの気合いがしっかり伝わってきていました。女の子は“どういう気持ちを持って舞踊を踊るか考えてみてね”と伝えると「いつもお仕事頑張ってくれてありがとうにする!」などと、おうちの人たちへの感謝の気持ちを自分たちなりに持つことができたと思います。
 劇の練習は、始めはクラスで練習するだけでも恥ずかしがっていました。しかし少しずつ大きな声でしっかりとセリフを言えるようになり、発表会前日に子ども達に「今も恥ずかしいと思う人?」と聞くと誰も手は上げませんでした。それだけ皆は自信がついているのだと伝えたときの、子ども達の嬉しそうな顔がとても印象的でした。
発表会当日も自信を持って発表している姿に感動して胸が熱くなりました。卒園の日まで数えられる程になってしまい、すでに寂しい気持ちでいっぱいですが、一つでも多く思い出を作って大切に過ごしていきます!ききょうさんお疲れさま。だーいすき♡


2月誕生会

 今日は、2月生まれのお友だちの誕生会がありました。
 12人のお友だちが舞台の上で自分の名前、年齢、大きくなったらなりたいものを発表しました。いつもは元気でも大勢のお友だちを前にして緊張しているお友だちが多かったようです。大きくなったら仮面ライダーやプリンセス系になりたいお友だちもいましたが、「恐竜になりたい」というお友だちがいたり、考古学者、ケーキ屋さん、CAなど様々な夢が出て、会場の皆さんも微笑ましく聴いていらっしゃいました。
 恒例の先生からのプレゼントは「じゃんけんジャングル」のパネルシアターです。けんちゃんという男の子が、じゃんけんジャングルに行き、そこで出会う動物さんたちとじゃんけんをします。園児たちもいっしょになってカメ、ウサギ、サル、鹿とじゃんけんしますが、けんちゃんは全勝!会場の園児たちは勝ったり負けたりして一喜一憂。そして、最後は怪獣が登場し、3連続の勝負に!!怪獣の口からグー・チョキ・パーの炎になって出て来ました!
 園児たちは、動物や怪獣とのじゃんけんに大盛り上がりで楽しい時間を過ごしました。


ひな飾り

 今日は、ひな飾りをしました。
 ききょう(年長)組のお友だちは、みんなで協力しながら玄関と講堂舞台の2か所に7段飾りのお雛様を飾りました。 「ぼんぼりに灯りは点くの?」「顔が真っ赤な人形もあるよ」「これは三人官女と五人囃子だ」などと言いながら、楽しく飾りました。
 3月3日は女の子の節句「ひなまつり」です。明日の3月1日は園で「ひなまつり会」を行いますが、今年はどんなお雛様が来てくれるか園児たちはとても楽しみにしていました。


体力アップ教室

 今日はさくら(年中)・ききょう(年長)の「体力アップ教室」がありました。
 愛知教育大学准教授の鈴木一成先生と学生の皆さんが来園し、Gボール(バランスボール)を使ったさまざまな運動を体験しました。「Gボールを投げるグループ」、「持ったり転がしたりして走るグループ」、「Gボールの上で弾んだり乗ったりするグループ」と三つに分かれましたが、全員がすべての運動に挑戦しました。
 心身統一でも実施するGボールですが、今日はバリエーションに富んだ運動に子どもたちも心も体も弾んでいました。
 最後は、三つのGボールの上を転がる「スーパーマン」という技に挑戦!大学生のお兄さん・お姉さんに補助してもらう子もいれば、補助なしで上手にスーパーマンのように進む子もいてさまざまでしたが、みんな終始ニコニコ笑顔で運動できました。


第110回 生活発表会

 第110回「生活発表会」がウィルホールで開催されました。
 園児たちは、日頃の躾・態度教育、音感教育や歌唱指導、心身統一やお遊戯・舞踊の練習の成果を十分に発揮しました。オープニングは、全園児たちによる合唱『希望の歌~交響曲第九番~』。ドイツ語の歌詞もしっかりと覚え、会場にはハーモニーが響き渡りました。
 幼稚園最後の発表会になるききょう(年長)組の劇『白クレヨン姫』『ポップとタップの大冒険』では、一人ひとりが自信を持ち、役になりきって大きな声と豊かな表情で演技できました。時折、子どもたちの演技やセリフに会場が笑いに包まれました。
 ききょうの舞踊では、男子は袴姿で扇子を持って勇ましく『Music Revolution』『忍』を凛々しく踊りました。特に一人ひとりがダイナミックに側転する場面では、何度も大きな歓声と感動が会場に沸き起こりました。
 女子は艶やかな着物姿で『未来へ』『あなたの笑顔にありがとう』を優雅に踊り、会場が華やかで温かな雰囲気に包まれました。ふだんは元気な女の子たちも、着物を着て踊る姿は、みんなおしとやかな大和撫子です。桜の枝や扇子を持つ撫子たちの踊りに春の訪れを感じました。
 男子の勇壮な舞踊、女子の華やかな舞踊に会場の皆さんも大いに感動の涙を流されていらっしゃいました。

 他の学年の園児たちも、歌や器楽合奏、お遊戯を一生懸命披露しました。
 今年は『みんないっしょに 音と動きと心を合わせて』というテーマで取り組んできました。まさに子どもたちのきれいな歌声と鍵盤のメロディ、そして「会場の皆さんに感激・感動していただこう」という心が、会場の皆さんに「感動」を届けることができたと思います。
 子どもたちは、大きなステージで大勢の人たちの前で発表したという貴重な経験によって一回りも二回りも成長したようで嬉しく思います。そのような園児たちの発表を涙ながらにご覧になっている姿を見て、こちらも目頭が熱くなりました。
 一年間の教育・保育の総括にあたる「生活発表会」も無事終えることができましたのも、保護者やご家族の皆様はじめ、本当にたくさんの方々のお支えのお陰と心より感謝申し上げます。誠にありがとうござました。


節分会

 今日は、「節分会」で豆まきをしました。
 「鬼は外~、福は内~♪」と子どもたちは、元気よく歌って鬼を迎える準備をしましたが、赤鬼・青鬼が登場すると、怖くて大泣きしてしまったお友だち、担任の先生にくっついて離れようとしない子、鬼に対して威勢良く豆を投げつけるお友だちとさまざまでした。でも、子どもたちは泣きながらもみんなで協力して鬼を退治することができました。今年のきく(年少)組のお友だちは、大泣きする子が少なかったですね。さくら(年中)・ききょう(年長)組でも先生にしがみついて泣く子がいましたが、元気に立ち向かっていくお友だちもたくさんいて頼もしかったです。
 最後は鬼たちと仲良く握手をして記念写真も撮りました。
 「鬼というのは『弱い心・悪い心・怠ける心』のことで、みんなの心の中にもいます。その鬼を退治するという意味もありますよ」という担任の先生のお話に元気よく「はい!」と答える園児の姿が、とても印象的でした。
 2月3日は、お家でも元気よく豆まきをしてくださいね。


なわとび大会

 今日は、「なわとび大会」を実施しました。
 さくら(年中)、ききょう(年長)のお友だちは、今まで練習してきた成果を発揮しようと、どの子もやる気満々、気合い十分!!BGMの軽快な音楽に乗ってどの子も真剣な表情で跳びました。今年もさくら・ききょうともなかなか決着がつかず長期戦・持久戦になりました。
 各学年、男女別で一番長く跳ぶことができた園児3名ずつが表彰されました。表彰されたお友だちは、金・銀・銅メダルを胸に満面のピカピカ笑顔で誇らしげでした。一方で負けてしまったお友だちの中には悔し涙を流す子もいましたが、これも貴重な経験になったことでしょう。どの子も日頃から園長先生が言っている「勝っても負けてもかっこよく」行動することができました。
 恒例のデモンストレーションは、ききょう園児による「8の字跳び」でした。応援の園児たちの声に合わせて次々と軽やかに長縄を跳ぶききょう園児の姿に、応援の園児たちも大興奮でした!!
 また、園長先生による「二重跳び」の20回跳び、さらには今回初の「三重跳び」も披露されました。
 一年のうちで一番寒い時期です。こんな時こそ寒さに負けずに毎日なわとびで心と身体を鍛えて、かぜやインフルエンザを吹き飛ばしましょうね。


学園年度末報告会・保育参観

 今日は、学園年度末報告会・保育参観がありました。
 朝会の後の「保育参観」では各クラスごとに分かれて、保育や教育活動の様子を参観していただきました。保育中の園児の姿に、一年間のお子様の成長を感じられた保護者の方も多かったのではないでしょうか。
 また、その後の「学園年度末報告会」では、本年度のさまざまな教育活動などの取り組み(躾・態度教育、体力アップ、音感教育、心身統一など)の成果と課題、現在の園児たちの様子、来年度に向けての変更点やお願いがありました。3月末モリコロパークで開催予定の「第7回 幼児文化芸術祭」についてのお知らせもありました。
 さらには来年度より運用するアプリ「コドモン」についての説明もあり、保護者の皆様はスマホを片手にアプリの中身や使い方について理解を深めました。
 本当に寒い中でしたが、たくさんの方にご出席いただき誠にありがとうございました。


1月 クラスの子どもたち

<きく1>
 新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。そして新年早々、担任がインフルエンザになってしまいご迷惑をおかけ致しました。担任がインフルエンザになってもきく1組の子たちは、インフルエンザになる子もまだおらず、毎日元気いっぱいに過ごしてくれています。久しぶりに担任が幼稚園に行くと子どもたちの方から「あけましておめでとう!!先生はもう元気になったの?」と声をかけてくれてとても嬉しかったです。また、年末年始の楽しかった思い出などを聞くことができとても楽しかったです。
 3学期に入り、お部屋では生活発表会に向けてお遊戯、歌、鍵盤ハーモニカの練習を行っています。お遊戯では、男の子は元気よく、女の子はかわいらしく踊って練習しています。本番を楽しみにしていてくださいね!そして風邪をひかないように手洗いうがいの声かけをお家でもよろしくお願いいたします。


<きく2>
 冬休みが終わり、3学期が始まりました。「冬休み〇〇に行ったよ!」「サンタさんからプレゼントもらったよ!」など、冬休みの楽しかった思い出をお話してくれる子ばかりで、その笑顔を見ているだけで楽しかったことが伝わってきました♡久しぶりに会うお友だちとも冬休みの話をしたりと、始業式初日から和気あいあいとした雰囲気でした♪厳しい寒さが続いていますが、体力アップでマラソンを行うと、「体がポカポカしてきたね」と元気いっぱい取り組んでいます。
 お部屋では、生活発表会の練習が始まりました。お友達と一緒に楽しく踊る様子がとても可愛らしいです♡お給食後に曲をかけるとすぐに反応し、一列に並んでノリノリで踊ってくれています。お遊戯だけではなく、お歌や鍵盤ハーモニカの練習もたくさんありますが、息抜きをしながら子ども達と楽しんで取り組んでいきたいと思っています。ぜひ本番を楽しみにしていてくださいね♪


<さくら1>
 子どもたちの元気な声や挨拶と共に、新しい年がスタートしました。クラスでは、冬休み1番楽しかったことを一人ひとり発表してもらい、思い出話に花を咲かせていました^ ^
鍵盤や縄跳び、黙想カードもきちんと取り組んでいたようで「練習したよ!」「できるようになったよ!」の声がたくさんあり、とても嬉しく思いました♡縄跳び大会に向けて意気込む子も多く、練習で負けて悔しいと思える子やお友達を応援する気持ちも強くなり、子ども達の成長を感じています。当日までにそれぞれ目標をつくり、練習を重ねていきたいと思います!
生活発表会への練習も始まりました。先生のお手本を真似るだけでなく、振り付けを考えたり、キメポーズを友達と考えたりと、一緒につくりあげながら楽しんでいます!みんな今から気合いばっちりなので、当日を楽しみにしていてあげて下さいね♪
 そして、さくら組として過ごす最後の学期となります。一日一日を大切に、年長児にむけて楽しく過ごしていきたいと思っています。今年もよろしくお願いいたします!


<さくら2>
 冬休みが明け新しい年が始まり、さくら組での最後の学期が始まりました!冬休み中は楽しい思い出がたくさんあったので、一人ずつみんなの前でお話してもらいました♪ドキドキしながらも堂々と自分の思い出を話してくれる子が多く、みんなで質問しあいながら興味津々で楽しみました♪久しぶりに会うと更に元気さが増しパワフルな子がたくさんで、冬休み中の宿題もほとんどの子がきちんとできたようで嬉しく思いました♡
 黙想は以前より格段に姿勢が良くなり集中力が増し、なわとびや鍵盤ハーモニカは個々のレベルがとても上がっているのを見せてもらい、たくさん練習した頑張りが伺えました♡お家でたくさん協力してくださりありがとうございます♡今はその成果を出し切れるよう、なわとび大会、そして生活発表会へ向けて気合い十分です!!男女共にお遊戯の踊りは大張きりでノリノリで歌って踊りながら楽しんでいます♪
 きく組の頃より複雑な動きや移動にも笑顔で余裕をみせてくれ、やる気いっぱいです!さくら組での一年の集大成の発表会をどうぞお楽しみに♡


<ききょう1>
 子どもたちの元気な挨拶と共に、いよいよ幼稚園生活最後となる3学期が始まりました。
冬休みの思い出を嬉しそうに話したり、絵日記を頑張って書いて持ってきてくれたりした子もたくさんいました♡
生活発表会の練習も始まり、楽しみにしていてくれたこともあり初めて行う舞踊も真剣かつワクワクした気持ちを持ったまま毎日全力で取り組んでいます!!男の子は冬休み中のご家庭でのサポートのもと、練習をしてくれた側転は、一日一日どんどん上達していくのが分かり、女の子もどの動きが美しいかみんなで研究したり相談してより良い物を作り上げようとしています♡また劇のフィナーレはどんな風にするか今みんなで考えているところです♪本番ではどうやってお姫様を救うのか、みんなの考えや想いが詰まった物語を楽しみにしていてくださいね♡
 どの練習もですが、お友達と励ましあったり、教えあったりみんなで頑張ろうという気持ちがとても伝わってきます。深まっていく「絆」を大切にして残りの園生活をより充実させていきたいと思います。みんな一緒に頑張ろうね♡
 どうぞ変わらぬ応援をよろしくお願い致します。


<ききょう2>
 3学期の始業式も元気いっぱい明るく来てくれたききょう2組のみんな。絵日記を冬休み中もたくさん描いてきてくれたので、みんなの休み中の様子を知ることが出来ました♪また、冬休みのお約束カレンダーなどの宿題も自分なりにしっかりと取り組んでいて、子どもたちの頑張りが伝わってきました!
 そして、今は早速舞踊の練習が始まり毎日一生懸命に取り組んでいます。憧れだった舞踊、劇が出来て嬉しい!という気持ちをとっても感じます。男の子は扇子を持ち、女の子は浴衣を着て花を持って講堂に練習へ行くのですが、さくらさんの部屋を通って行くときは何だか皆の表情がドヤ顔になります(笑)!練習をしない日があると「早くやりたい!」と言ってくれるので、子どもたちのやる気を大切にして、楽しみながら進めていきたいと思います。
 まだ発表会まで1ヵ月ありますが子どもたちと一緒に頑張っていきますので、楽しみにしていてください♡