1. トップページ
  2. にしよう日記

にしよう日記

敬老会

9月4日(金)はききょう(年長)、7日(月)と8日(火)はさくら(年中)・きく(年少)の「敬老会」がありました。
 まず最初に講堂でお茶会をしました。心を込めてお点前をする様子におじい様・おばあ様も感心していらっしゃいました。おじい様・おばあ様が「この栗きんとん、食べる?」の声かけにも、「いいえ、結構です」と練習どおり上手に断っていました。でも、たまらず食べてしまうきく組のお友だちもいましたね(笑)
 最後に「美味しかったですか?」と首を可愛らしく傾げて言う園児たちの姿に、おじい様・おばあ様たちも思わず「はい、美味しかったよ。ごちそうさま。」とニッコリ!
 その後、教室で「日課」を参観していただきました。そして、園児たちはこの日のためにおじい様・おばあ様のために心を込めて作ったプレゼントを渡し、肩たたきをしました。おじい様・おばあ様のプレゼントを受け取る時の「嬉しそうな笑顔」、肩たたきをしてもらっている時の「気持ちよさそうな笑顔」、お茶の接待を受けている時の「美味しそうな笑顔」など、たくさんの笑顔を見ることができてホッコリと温かくなりました。園児たちもおじい様・おばあ様とふれあい、抱っこしてもらってとっても嬉しそうな笑顔が心に残りました。
 今年は、新型コロナウィルスの影響で人数を制限し、少し短い敬老会にはなりましたが、おじい様・おばあ様の「幸せそうな笑顔」にこちらも嬉しくなりました。ご来園くださいまして誠にありがとうございました。


防災避難訓練・引き渡し訓練

今日は、「防災の日」にちなみ防災避難訓練・引き渡し訓練を実施しました。
 緊急地震速報装置が作動すると、子どもたちは速やかに机の下に隠れました。その後は放送の指示で講堂に集合し、園長先生の話を聞きました。園長先生からは、今からおよそ100年前に起きた「関東大震災」の話を聞きました。被害の大きさや地震とともに火災に気をつけることについて話がありました。
 また、子どもたちが持っている「まもるんボックス」や「非常持ち出し袋」の中身を確認しながら、「いざ」という時のために用意しておくことの大切さについての話もありました。
 その後は引き続き「引き渡し訓練」を行いました。全保護者様が、それぞれの部屋で待機している子どもを迎えに行きました。
 こうした防災避難訓練や引き渡し訓練は、災害に対してふだんからの備えの大切さを再確認する機会と考えています。
 本日、引き渡し訓練に参加されました保護者様、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。


8月誕生会

今日は、8月生まれのお友だちの誕生会がありました。
 ききょう(年長)組6人のお友だちは、舞台の上で名前・年齢・大きくなったらなりたいものを発表しました。デザイナーや恐竜博士、モデルなどを言うお友だちもいれば、「考え中です」「秘密!」というお友だちもいて、会場から笑い声が聞こえました。
 お家の方からの手紙では、生まれた時のエピソードや名前の由来の紹介があり、聞いている会場の皆さんも胸が熱くなるステキな内容でした。舞台のお友だちも神妙な面持ちで聞いていたのが印象的でした。
 さくら(年中)組は各教室で行い、その模様はビデオ配信する予定です。


夏期スイミング教室

城西スイミングスクールのインストラクター指導による「夏期スイミング教室」がありました。
 さくら(年中)組は19(水)・20(木)の2日間、ききょう(年長)組は24日(月)~26日(水)の3日間実施しました。今年は、コロナ対策として「密」を避けるために能力別のグループごとに時間差を設けて行いました。
 最終日は保護者参観もあり、プールサイドで子どもたちの頑張りをビデオやカメラで撮影する保護者の方がたくさんいらっしゃいました。ききょう組ではおもちゃを使って遊ぶ時間もあり、水鉄砲で遊ぶなど子どもたちもおおはしゃぎでした!
 猛暑日続きの今年の夏、プールで涼しそうな子どもたちを見ていると、私たちも爽やかな気持ちになりました。


すいか割り

今日は、すいか割りをしました。
 さくら(年中)、ききょう(年長)のお友だちは、きく(年少)のお友だちの応援を受けて挑戦しました!「前、右、左、後ろ」のお友だちの指示で動き、「せーの」の合図で思い切り棒を振り下ろしました。アイマスクで見えないせいか、先生の頭をすいかと思って叩こうとするお友だちもいて(笑)、みんが大笑いする場面もありました。
 今年は甘くて美味しいすいかのせいかすぐに割れるものが多くて、見事に割ったお友だちは誇らしげに担任の先生と記念写真を撮りました。
 割ったすいかは、給食の時にカレーライスといっしょに食べました。毎日暑い日が続きますが、子どもたちは元気いっぱいのニコニコ笑顔でカレーもすいかも頬張っていました!


文化芸術体験教室(パーカッション)

 今日は、文化芸術体験教室がありました。
 コロナ感染対策として講堂入口で園児たち一人ひとり消毒をして参加しました。今回は「パーカッション(打楽器)」で、講師は「110周年記念祝賀会」の演奏者でもあった三祢沢 信(みねさわ のぶ)さんです。最初は、三祢沢さんの華麗なドラム演奏に園児たちも「すごーい!!」の声が。
 その後、園児たちにおなじみのドラムやタンバリンの他、雨の音がでる「レインスティック」や波の音が出る「オーシャンドラム」、洗濯機のホースみたいな形で振り回すと不思議な音が出る「サウンドホース」、握って叩くと「カーン」と音がする「ヴィブラスラップ」など、初めて見る楽器とその音色に子どもたちは嬉しそうでした。
 それぞれ楽器の名前と音色を紹介してもらった後は、4グループに分かれて楽器に触れて音を出すことに挑戦しました。園児たちは、楽器の形や音色の違いなどに興味を持ったようで、音が出るたびに笑顔が弾けていました!
 最後は、「パプリカ」などの演奏を聴きながら、園児たちも小さな声で一緒に歌いました。打楽器にもたくさんの種類と音色があることがわかり、音の楽しさを感じ取ることができました。


2学期始業式

 今日は、2学期の始業式がありました。
 園長先生からは「いつもより2週間早く2学期が始まりました。今から75年前の1945年8月6日は広島に、8月9日は長崎に原子爆弾が落とされ、8月15日にアメリカやイギリス、中国などの国との戦争が終わりました。小学校や中学校では昔の出来事(歴史)を学ぶ授業がありますが、歴史からたくさんのことが学べます。皆さんも1945年8月6日、9日、15日の日付は覚えておきましょう。また、2学期はたくさんの行事がありますが、行事の練習を通してたくさんのことが学べます。コロナに気をつけながら明るく・やさしく・たくましく生活しましょう。」といった内容のお話がありました。
 今年は新型コロナの影響で1学期の保育日数が少なかったこともあり、例年より早い2学期のスタートになりました。短い夏休みでしたが、子どもたちは「家族でキャンプに行ったよ」「プールに行ったよ」など、休み中の出来事をお友だちや先生に楽しそうにお話ししていました。
 まだまだ暑い日が続きますが、コロナや熱中症に気をつけながら子どもたちが一番輝き、伸びる2学期を過ごしたいと思っています。
 保護者の皆様、2学期もどうぞよろしくお願い致します。


ききょうスペシャル遠足

 今日は、「ききょうスペシャル遠足」を実施しました。
 昨今、愛知県や名古屋市で新型コロナ感染者数が急増したことを受けて、園内でのお泊まり保育が「ききょうスペシャル遠足」に変更になりました。
 最初、園バスに乗ってみんなで名古屋港水族館に出掛けました。バス内では例年のように歌うことはできませんでしたので静かにクイズを楽しみました。
 水族館に到着してからはグループごとに分かれて見学です。しおりには水族館の生き物に関する8つの水族館クイズがあり、一つひとつ確かめながら見学しました。クラゲのふわふわした泳ぎと幻想的な色に驚いたり、世界一大きなタカアシガニにビックリしたり、最近生まれたウミガメの赤ちゃんの可愛さに感心したりしている子どもたち。ふだんとは違った目の色と輝きで海の生き物を見つめる子どもたちがとても印象的でした。
 メインプールのスタジアムでおにぎりを食べた後、お楽しみのイルカパフォーマンス!数頭のイルカたちによる息の合った演技を見るたびに、子どもたちは歓声をあげたり拍手をしたりしていました。
 水族館を出た後は散策タイム。橋を渡って南極観測船「ふじ」を横目で見ながら、1年間南極で生き延びていた「タロ・ジロ」の像を見て、子どもたちはタロやジロの生命力の強さに感心していました。
 幼稚園に戻った後は、園庭ですいか割りです。今回はなかなか割れずに先生たちも挑戦しますが、1回目では割れませんでした(汗)。2回目の挑戦でやっと割れて、みんなで美味しくいただきました。その後は、水鉄砲による水遊びです。合図とともにお友だちや先生めがけて水を発射!!みんなとっても大喜びで、遠慮や忖度もなく、まるで本能むき出しの野生児になった子どもたち。先生たちも水鉄砲で応戦しますが、あっという間に子どもたちも先生たちも全身びっしょり!!(笑)園庭には大喜びの子どもたちの姿でいっぱいでした。
 水遊びを楽しんだ後は、教室でお絵かきをしました。子どもたちは、心に残った場面を思い思いに描いていました。
 場所を講堂に移して、水族館クイズの答え合わせや、昨年度のお泊まり保育の劇『5匹のこぶた』のビデオを視聴しました。
 最後は、スペシャルゲスト、ミスターマジックの登場です。園長先生にそっくりのミスターマジックですが、彼曰く園長とは双子の兄弟で、園長の弟にあたるそうです。また、テレビでおなじみのミスターマリックの弟子でもあり、ハンドパワーを使いながら数々の奇跡を披露しました。おなじみのスプーン曲げはもちろんのこと、空の金属容器からシューアイスが出てきたり、代表のお友だちのトランプを見事予言したり、風船やスティックを貫通するマジックなど、多種多彩でした。子どもたちのリアクションが大きかったものは、破いた新聞紙がハンドパワーで復活したり、真っ白の用紙が1,000円札に変わったり、その1,000円札が無重力状態でふわふわ浮き上がったりするものでした。
 今回、コロナの影響で残念ながら宿泊はなくなりましたが、その分内容もギュッと1日に凝縮したもので、「楽しかった~」と言って降園する子どもたちの笑顔を見て嬉しく思いました。
 ききょう保護者様、いろいろとご心配ご迷惑をおかけしましたが、無事終えることができました。誠にありがとうございました。


7月 クラスの子どもたち

<きく1>
 梅雨がなかなか明けず、雨の日が続く毎日です。その分、お部屋で子どもたちと関わる時間が増え、嬉しくもあります。お部屋での遊びでは、「いれてー」「いいよ」「かしてー」「いいよ」など子どもたち同士で声を掛け合い、遊びを発展させる姿がよくみられるようになってきました。また、窓際に行ってみんなで「あめさんすごいふってるねー」「はやくそとであそびたいね」「〇〇ちゃんのながぐつかわいいね」などさまざまな話をすることも多くありました。お部屋での遊びも楽しみつつ、外での遊びも楽しみにしている子どもたちです。
 そして、2日に分けて行われた異年齢の心身統一では、「楽しかったー!」と戻ってくる子が多く、お兄さんお姉さんからいい刺激を受け、いい経験になったようです。
 1学期も残りわずかとなりました。体力アップに力を入れつつ、天気の良い日には外で元気に遊びたいと思います。


<きく2>
 園生活に少しずつ慣れ、お友だちの名前も覚え始め、一緒に楽しく遊ぶ姿が見られるようになってきました。お友だちの遊びに興味を持ち、「いれて!」「いいよ♪」のやりとりも聞こえてくるようになりました。クラスの雰囲気に慣れ、多くの子どもたちの笑顔が見られるようになりました。
 最近子どもたちの流行は、「ぼくのミックスジュース」を歌うことです。この曲を歌うみんなはすごく楽しそうで、いつも大盛り上がりです。
 部屋での遊びは、ブロックで積み木を作ったり、友達同士でお家作りなど、思い思いに想像して遊ぶ姿が見られます。
 初めての心身統一では、園長先生の手本を見て、一生懸命に体を動かし、楽しんで参加する姿が見られました。2回目の心身統一では、更に集中して取り組むことができていました。心身統一に限らず、お仕度が早くなったり、子どもたちが気付く点が多くなったりと、様々な点で大きく成長していく姿に驚く場面が多いです。
 今後も子どもたちの成長をサポートしていきたいと思います。


<さくら1>
 7月に入り、雨が続き外で遊べない分、お部屋で集団遊びをして楽しんでいます。最近は、「はないちもんめ」や「フルーツバスケット」をしました。一度行うと楽しかったようで、毎日「今日はやらないのー?」という声がします。ルールのある遊びをどんどん覚えて、お友達と様々な遊びを通して身体を動かす楽しさを知ってほしいと思います。
また、お部屋でカブト虫を飼い始めました。毎日、カブト虫に釘付けです!喧嘩ばかりしているカブト虫たちを見て、「僕たちが仲良くして見本を見せる!」と言ってお友達に優しくしたり、仲良くしたりする子どもたち。毎日、子どもたちの言動にほっこりします。
体力アップでは、なわとびや大縄とび、鉄棒、うんていを行いました。きく組の時より難しい事に挑戦していますが、少しずつできるようになることが嬉しいようで、子どもたちも練習を頑張っています。幼稚園以外でも機会があればぜひ練習してみて下さいね★
1学期はもうすぐ終わり、夏休みに入ります。コロナウイルス感染も含め、体調や怪我、事故に気をつけて楽しく過ごして下さいね♪


<さくら2>
 雨の日が続き、お部屋遊びが多くなりましたが、子どもたちはお部屋でも元気に遊ぶ姿が見られます。さくら組になり、お友だちを誘って一緒に遊ぶ子が増えてきました。
 最近では、国旗カードだけでなく大人数で病院ごっこをして遊ぶことがブームになっています。病院ごっこ以外にも男の子はレゴのおもちゃで大きなバスを作ったり、女の子はそれぞれの役を決めてお家ごっこをしています。
 製作や日課の時間には、子どもたちに問いかけをしたりして考える時間を少しずつ作っています。お友だちの意見を聞いてイメージや想像が広がったりと子どもたち同士での影響も見られるようになりました。遊びの時間にも自分の意見や思いだけでなく周りのお友だちの声も聞いて一緒に楽しく遊ぶことが出来るように見守っていきたいと思います。
 あっという間の1学期でしたが、お友だち同士の関わりも深まって元気なさくら2組のお友だち。お家の人と楽しい夏休みを過ごして、2学期も会えるのを楽しみにしています。


<ききょう1>
 雨や蒸し暑い日が増えた7月。生憎のお天気の日が多かった7月は、お部屋で過ごすことが多かった7月ですが、子どもたちは元気いっぱいで過ごしています。今お部屋でブームがきている「アイリンゴ」のブロック遊び作り方の本を見て、お友達と作って一緒に楽しんでいる様子をよく見かけます☆ただ作るだけでなく、お友達と分からないところは教え合ったり、作品として1日お部屋に飾りその作品を見ることによって、お友達の良いところやすごいところを見つける姿も少しずつ見られるようになってきました♡
 そして、体力アップも少しづつ行い、とくに鉄棒や跳び箱は体育教室でも上手にできるポイントやコツを教えてもらえたことでやる気や自信につながったようで、自分から「やってみたい」と言う子が増えました。だんごむしが上手な子も多かったり、すでに逆上がりができる子も連続逆上がりなど、新しい技にも挑戦中です☆これからも時間のある時を見つけて一緒に練習をしていこうと思います!
 もうすぐききょうさんにとって一大イベントのひとつ「お泊まり保育」もあります♩幼稚園にお泊りをするということがとても新鮮だったようで、わくわくする!と今から楽しみな様子な子どもたちです♩例年とは違うかたちにはなりますが、子どもたちが安全にそして楽しめるように努めていきたいと思います。


<ききょう2>
 7月に入り、蒸し暑い日や雨の日が続くようになりました。なかなか外で遊ぶことができませんが、お部屋でジャンケンのゲームや、講堂でボール運びリレーなどをして楽しんでいます。グループで対戦するときは、みんなで「どうしたら上手くできるか」、作戦会議の時間を作っています。意見を出し合ってまとめることに苦戦しながらも、お友達が出した意見を聞いて「それ、いいね!」と認める姿も見られるようになりました☆みんなで楽しむことができる機会をこれからも作って行こうと思います♪
 笹飾りでは、幼稚園で作った飾りを保護者の方に嬉しそうに見せる姿がとても印象的でした。笹飾りの吹き流しでは細かい作業の花紙を1枚ずつ丁寧に広げていきました。初めはなかなかできなかった子も、お友達に助けてもらいながらコツを掴んでいき、自分の力でできるようになっていました!最近は、製作で困っている子のことを助けてあげようとする子が増え、思いやる気持ちがどんどん出てきています♡
 そして、夏休みがやってきます!みんなのお土産話が今から楽しみです☆年長はお泊まり保育もあります!楽しい思い出を作っていけたらなと思っています♡


1学期終業式

 今日は、園庭で1学期の終業式があり、園長先生からは次のようなお話がありました。「今年の1学期はコロナウィルスのために短かったですね。そして、明日から待ちに待った夏休みが始まります。夏休みは、ぜひ『火・水・車・人・熱・コロナウィルス』に十分気をつけましょう。(『火』:火遊びしない、花火は大人と。『水』:プールや川・海は必ず大人と。『車』:車に注意、飛び出ししない。『人』:知らない人についていかない。『熱』:暑い日は外へ出ない、出るときは帽子着用、水分補給をして熱中症対策を。『コロナウィルス』:こまめな手洗いやうがい、消毒、マスクの着用を。)」という内容に子どもたちは集中して聞いていました。
 いつもより短いですが明日から楽しい夏休みが始まります。事故や病気、けがのないように注意して楽しい思い出をたくさん作ってください。そして、また先生たちにたくさん話してくださいね。
 保護者の皆様、1学期間ありがとうございました。どうぞ楽しい夏休みをお過ごしください。


7月誕生会

 今日は7月生まれのお友だちの誕生会でした。
 ききょう(年長)のお友だちは講堂で、さくら(年中)・きく(年少)のお友だちは各教室で行いました。
 ききょうさん6人のお友だちは、舞台の上で名前・年齢・大きくなったらなりたいもの(大工、カメラマン、プリキュアなど)を発表しました。ふだん元気なお友だちも、みんなの前ではやはり少し緊張しているようでした。
 恒例のお家の方からの手紙では、子どもに対する愛情や感謝・期待を感じる内容で会場のみんなも温かいものを感じていました。きく・さくらの様子は後日ビデオ配信します。


防災避難訓練

 今日は、本園度初の「防災避難訓練」がありました。
 緊急地震速報装置が作動すると、子どもたちはすぐに机の下に隠れてダンゴムシになりました。その後、防災頭巾を被って先生の指示で園庭に避難しました。
 園長先生からは「地震が起きたらどうしますか?地震が来たら、まず頭を守ります。だから、この写真のようにみんなが大好きなダンゴムシになりましょう。そして、避難する時は、『お』さない・『は』しらない・『し』ゃべらない・『も』どらないの合い言葉が大事です。次回は、9月1日に避難訓練をしますが、お家の人がお迎えに来るまでの訓練です。今日みたいに真剣に取り組みましょう。」というお話がありました。
 最近、各地で地震が起きています。地震が来ても落ち着いて対応できるよう、今後も訓練や準備を進めていきます。


文化芸術体験教室(フラメンコ)

 今日は、本年度初めての文化芸術体験教室がありました。
 今回は、「フラメンコ~スペインの音楽とダンスを楽しもう~」です。講師の方は、舞踊家・振付家、和装コーディネートアドバイザーの吉岡洵先生です。吉岡先生は、名古屋市を中心にフラメンコ団体「paso a paso」を立ち上げファッショナブルで華やかなライブに定評があります。
 最初は、フラメンコ発祥の地スペインのお話でした。「スペインはどんな国旗か知ってる?」という問いかけに、日課の国旗カードで学んでいる子どもたちはすぐに「赤と黄色」と答え、講師の皆さんも驚いていました。
 そして、いよいよフラメンコの体験です。講師の方々の動きを見よう見まねで踊りました。ギターによる演奏の中、ステージ上の板の上でフラメンコ独特のシューズでステップする大きな音とリズムに驚きながらも、子どもたちは楽しそうに踊りました。情熱の国スペインを想わせる激しいリズムと動きに子どもたちの心も次第に興奮していきました。
 最後は、ビールのCMでおなじみのジプシーキングスの「ヴォラーレ」。子どもたちは、曲の合間に「ウォウウォウ!ウォウォオオ!」とかけ声を掛け、時折「オーレ!」などの声も入って大いに盛り上がりました!
 ちょうどこの日は夏を想わせる暑い日、まさにフラメンコ日和でしたね!


笹飾り

 今日は「笹飾り」がありました。
 本年度は、コロナ対策のためクラスごとに時間差で行いました。お家の方と一緒に願い事を書いた短冊や飾りを枝に結び付けました。「仮面ライダーゼロワンになれますように」「プリキュアになれますように」といった戦隊ヒーローやプリンセスへの憧れや「足が速くなりますように」「鉄棒で逆上がりができますように」といった体力アップに関するもの、「携帯を買ってもらえますように」「ミニーちゃんのおしゃべり電話を買ってもらえますように」といったプレゼントのおねだりなど、さまざまな願い事などが書かれた短冊が飾り付けてありました。そのようなみんなの願い事が叶うといいですね!
 生憎の雨模様の日でしたが、多数ご参加くださいましてありがとうございました。


6月 クラスの子どもたち

<きく1>
 入園式から約1か月が経ち、ようやく子どもたちと会うことができとても嬉しかったです!最初の頃は、泣いている子もいましたが、今では、「柴田先生、おはようございます!」と元気に挨拶してくれるお友達が多く、いつもパワーをもらっています。
 朝のディズニー体操や日課で行う″西幼よい子のお約束″は、お休みの期間中に動画を見てやってくれた子が多く、初日からできるお友達がたくさんいて驚いたのを今でも覚えています。今月は製作もたくさん行って、のり・ハサミ・クレヨンを使い、家族参観日に向けてプレゼント作りや6月の製作、七夕飾りを作りました。子どもたちは先生の話をしっかりと聞き、上手に作ることができました!
 少しずつですが、お友達同士の関わりも増えてきて、一緒に遊んだり話したりする姿も見られるようになってきました。その一方で、お部屋を走り回ったり、おもちゃの取り合いをする姿も見られるようになってきたので、声をかけていきたいと思います!今年度、よろしくお願い致します。


<きく2>
 新型コロナウイルスの影響により、本格的に保育が始まったのが6月からとなってしまいました。何から何まで初めてのことだらけの園生活。淋しさや不安で涙が出てしまう子もいましたが、少しずつ楽しそうな笑顔が見られるようになってきました。
 リトミックでは、CDの音をよく聴き集中しながらも楽しそうに取り組む姿はとても素敵です。また、日課中のお返事や姿勢は日に日にかっこよくなってきていると感じます。
 園生活に少しずつ慣れてくると、お友だち同士の関係も始まります。困っている子がいると自然と手助けをしたり、声を掛ける姿を見ました。お友だちに優しくする姿を見ると思わず笑みがこぼれました。
毎日毎日少しずつですが、できることが増えてきています。これから更に出来ることが増えていきます。元気いっぱいなきく2組のお友だちなら様々なことにチャレンジしてくれると思っています。これからの成長が楽しみです。
 本年度1年間、どうぞよろしくお願い致します。


<さくら1>
 例年より遅く新学期が始まり1か月が経ちます。初めは、新しいクラス、お友達、先生に戸惑う姿や緊張する姿が見られましたが、今ではさくら組に進級した喜びからどんなこともやる気いっぱいで、「自分一人でできたよ!」「やってみる!」と意気込んでいます。最近は少しずつ新しいお友達と会話を弾ませたり、一緒に遊びに夢中になっていて、お部屋はとっても賑やかです。
 先日、家族参観が行われました。子どもたちはこの日をすごく楽しみにしながらプレゼントを作ったり、大好きなおうちの方にかっこいいところを見せようとサーキットもはりきっていました。当日は、照れている子やはりきっている子様々な姿がありましたが、どの姿も微笑ましく、またおうちの方の嬉しそうな姿を見て、無事行うことができて私も嬉しくなりました♡
 さくら組では、新しい活動が始まります。様々な事にどんどん挑戦して、できる喜びを共に感じていきたいと思います。最近のさくら1組の合言葉は「やる気スイッチポチッ、遊ぶスイッチポチッ」です。頑張る時と遊ぶ時のメリハリをつけて毎日楽しく過ごしたいと思います。今年のさくら1組さんはどんなクラスになるのかな?とってもわくわくしています♪1年間よろしくお願いいたします♡


<さくら2>
 今年度は、6月からのスタートということで1学期が始まりました。黄緑色のカラー帽子になり、子ども達はお兄さん、お姉さんになったという気持ちが大きくご挨拶も元気にして新しい学年がスタートしました。新しいお部屋、新しいお友だちと今までとは違う環境ではじめは緊張していたりしている子もいましたが、少しずつクラスにも慣れてニコニコ笑顔を見せてくれるようになり、だんだんクラスの中で明るい声が響きわたるようになってきています。
 保育の中で、文字をなぞったり体育教室に参加したりと新しいことがたくさんありましたが、どの子も楽しそうに参加する様子が見られました。家族参観日では、お家の人に一生懸命つくったプレゼントを渡し、みんなの素敵な笑顔を見てとても微笑ましかったです。
 これからも行事だけではなく保育の中で子ども達が楽しく様々なことに挑戦できるように精一杯努めて参りますので今年度1年間、どうぞ宜しくお願い致します。


<ききょう1>
 6月になりいよいよ新学期が始まりました♩
 久しぶりの幼稚園ということで、お友達同士の再会を喜ぶ姿やバッヂや帽子が紫になり、子どもたち自身、「お兄さんお姉さんなんだ」という気持ちが少しづつ出てきた様子です♡生活環境が変わり緊張した姿もありましたが、笑顔もとても増えてきました。
 最近はみんなで植えた朝顔の芽がたくさん出てきて、「昨日より3つ増えてる!」などと数を数えたり、「何色の朝顔が咲くかな〜」なんてお友達同士で予想してみたりと成長をみんなで楽しみにしています♡
 そして、モンシロチョウの芋虫も飼いはじめ、こちらの観察も子どもたちは興味津々です♡蛹になったら次はどうなるのだろうか?蛹の中はどうなってるのか?気になったら自分で図鑑で調べる姿や、他の虫にも興味を持ち外遊び中にも虫探しをする姿が増えてきたなと感じています。蝶々になるまであと少し、蝶々が巣立つ姿を楽しみに、子どもたちと一緒に成長を見届けていきたいと思います!
 7月になると暑い日も増えてきますが、健康第一に子どもたちと楽しみながら過ごしていきたいと思います♡至らない点もあると思いますが、1年間よろしくお願いいたします。


<ききょう2>
 ようやくスタートした1学期。紫色のカラー帽子と名札を付けて、いよいよ幼稚園で過ごす最後の1年が始まりました!1年ぶりに担任として関わることができ、とても嬉しく思っています。
 久しぶりに再会し、子どもたちは嬉しそうに遊んでいました♡徐々に幼稚園生活のリズムにも慣れ、初めは緊張していた子も笑顔が増えてきました!
 先日、時の記念日があったので、クラスのみんなに「時計を見て行動していこうね」という話をしました。その日から、自分たちで時計を見ながら百玉そろばんを順番に触るようになったり、給食の時間には、「長い針が〇〇までに食べよう」と目標を立てたりするようになりました!自分たちで時間を決めて遊ぶというルールを決めたり、目標を立てたりする姿を見て、きく組の頃からの成長に感動しています。
 ききょう組ではクラスのみんなで考えること、話し合いをすることを大切にしていきたいと思っています。ききょう組の1年はあっという間に忙しく過ぎていってしまいますが、いろいろな気持ちを分かち合い、ステキなクラスにしていきたいと思っています。1年間よろしくお願いいたします。