1. トップページ
  2. にしよう日記

にしよう日記

文化芸術体験教室(和太鼓)

 今日は、文化芸術体験教室がありました。
 今回は「和太鼓~日本の響きを感じてみよう~」です。講師は大治太鼓尾張一座の方です。講師の方から和太鼓と言っても長胴太鼓(ながどうだいこ)に締太鼓(しめだいこ)、桶胴太鼓(おけどうだいこ)の3種類があることを教えて頂きました。そして、子どもたちは長胴太鼓が大きな木を切って中をくりぬいて牛の皮を張って作られていることにも大きな驚きを受けていました。
 太鼓の紹介の後、一人ずつ交代で打ちました。みんなでリズムを合わせて力強く打ちましたが、どの子も太鼓の大きく響く音に興奮しながら楽しそうです。最後はかっこよく決めポーズ、バッチリ決まっていましたよ!!
 音楽付きお話コーナーでは太鼓や笛のBGMが流れる中、「こぶとり」という昔話を聞きました。頬にこぶがある二人のおじいさんが怖い天狗たちに踊りを強要されて踊りますが、一人のおじいさんは天狗にこぶを取られます。そして、もう一人のおじいさんは取ったこぶを付けられて二つのこぶになるという内容でした。子どもたち不思議そうな気持ちでお話の世界に入っていました。
 最後は、太鼓の音に合わせてみんなで「パプリカ」を歌いながら踊りました。
 新年、そして新学期が始まりましたが子どもたちは太鼓の力強い音で「元気」「やる気」を奮い立たせたようです。


3学期始業式

 今日は、3学期の始業式がありました。最初、みんなで園歌を声高らかに歌いました。
 そして、「明けましておめでとうございます。」という園長先生の挨拶に、よい子のみんなからも「明けましておめでとうございます!」の元気な挨拶が返ってきました。「今年は西暦2020年、令和2年。子年で東京オリンピックの年でもあります。また『閏(うるう)年』のため366日ありますよ。この1年何か目標を持って頑張れる年にしましょう」というお話を園児たちはしっかりと聞くことができました。また、冬休みの宿題(黙想)や年始の挨拶などの確認をしました。
 新しい年、新しい学期を迎えて、新鮮な気持ちで登園してきた園児たちの挨拶や姿、表情はまぶしく輝いていました。
 
 園児や保護者・ご家族の皆様にとって健康で幸多い年になりますよう教職員一同心より祈念いたします。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。


2学期終業式

 今日は、2学期の終業式がありました。
 園歌を歌った後、園長先生からは「2学期はたくさんの行事を通して皆さんの大きな成長を見ることができました。これからも目の前のことに「できる!」という気持ちを持ち、何度も挑戦する中で多くのことができるようになる喜びを感じて欲しいです」といったお話がありました。
 次に、園長先生からおせち料理のお話がありました。子どもたちは、おせちの中身の名前や意味・由来などを楽しそうに聞いていました。「栗きんとん」「黒豆だ」などの声が聞こえ、美味しそうなおせち料理を今から楽しみにしているようでした(笑)
 その後、親戚や祖父母の家に新年の挨拶に行った場合を「良い子・悪い子・普通の子」の寸劇を見ながらみんなで確認しました。「新年の挨拶やお礼をしっかり言う」「お年玉を両手で受け取る」「もらったらお家の人に渡す」など、子どもたちは言いました。
 さらには冬休みの宿題のお話でした。園長先生から「日課や心身統一の時などに行っている黙想を毎日実践しましょう。きくは1分間、さくらは2分間、ききょうは3分間です。配布した「黙想カード」を使ってお家の方といっしょにやりましょう」のお約束に園児たちは大きな声で「はいっ!」と答えていました。
 明日から楽しい冬休み。クリスマスやお正月といった楽しい行事が続きます。風邪やインフルエンザなどにかからないよう手洗いやマスク着用をしっかり実践して、3学期の始業式には元気な笑顔で登園してくださいね。

 保護者の皆様、今年一年間幼稚園に対しご理解ご協力くださり誠にありがとうございました。よい年をお迎えください。


12月 クラスの子どもたち

<きく1>
 行事がたくさんあった2学期もあっという間に終わりを迎えました。寒い日が増えてきましたが、寒さに負けず、パワフルに過ごしています♡上の学年のお友達に混ざって大縄跳びに挑戦するお友達も増えており、日に日に上手になっている姿にパワーをもらっています!
 12月は子どもたちが待ちに待っていたクリスマス会がありました♡「本当に幼稚園にサンタさん来るのかな!?」とお友達同士で話しているのを聞いてほっこりしました♪当日、子どもたちはワクワクしながらクリスマス会に参加しました。ついにサンタさん登場!!子ども達の反応は…ビックリしているのか目が点になっている子ばかりで可愛らしかったです♡
サンタさんにもらったプレゼントを見て大喜び!サンタさんがお部屋にやってきたときには「サンタさんありがとう!!」とお礼を言っている姿から成長も感じられたクリスマス会でした。
 これから冬休みに入りますが体調に気をつけて楽しく過ごして下さいね♪始業式の日に元気な姿を見られることを楽しみにしています。


<きく2>
 寒さも厳しくなり、今年も最後の月となりました。12月の一大イベント「クリスマス会」は、子ども達もとっても楽しみにしていました。「もうすぐサンタさん来るよね?」と12月に入ってから子どもたちはワクワクしながら待ち、当日サンタさんに会えて皆は目をキラキラさせて楽しく参加していました♪お部屋に戻ったらなんと机の上にクリスマスプレゼントが置かれていて皆ビックリ!!子ども達は大興奮☆そのあと、一緒にサンタさんと写真も撮り、素敵なクリスマス会に子どもたちは大喜び♡
 クリスマス会が終わるといよいよ冬休みがやってきます。2学期は大きな行事がたくさんありましたが、子どもたちは行事を通して大きく成長したように感じます。
 冬休みは、ゆっくり休んでまた1月に大好きなみんなと会えることを楽しみにしています♡
今年一年ありがとうございました。良いお年をお過ごし下さい♡


<さくら1>
 今年も残すところあとわずかとなりました。12月はわくわくする行事がたくさんで、子どもたちも毎日ウキウキしている様子が伝わってきます☆最近のさくら1組は、かるたが大ブームで給食後になるといつも「早くかるた大会しよ!!」と大人気で大盛り上がりしています♪平仮名を覚えるだけではなくルールもきちんと守るようお互い鋭く指摘しあう場面もある程、白熱しています!!
 そしてとても楽しみにしていたクリスマス会では、当日を指折り数えいつでもサンタさんにかっこいいところが見せられるように毎日過ごした結果、素敵なプレゼントをもらえ大喜びの一日でした☆道徳教本の中でクリスマスとお正月について学び、ただサンタさんにプレゼントをもらうだけがクリスマスではないことも知り、新しい知識も身につけながら冬休みが迎えられそうです。お友達同士の遊びや関わりがさらに親密になり、より一段と活気づいているさくら組のみんな♡
 冬休みもよい子に過ごして、また新年元気な姿をみられるのを楽しみにしていますね♡


<さくら2>
 今年も瞬く間に過ぎていき、残すところあとひと月になりました。日に日に増していく寒さにも負けず、子どもたちはお外でもお部屋の中でも元気いっぱい過ごしています☆
 先日、みんなが心待ちしていたクリスマス会がありました。12月に入ってからサンタさんの話題で持ちきりだったさくら2組さん♡当日は間近で見るサンタさんに大興奮な様子でした!歌のプレゼントをし、お部屋に戻ると机の上にはサンタさんからのプレゼントが置いてありました。みんなが作ったチャームも付いていたので「サンタさんが魔法で付けてくれたのかな?」と不思議そうにお話してくれる子や、袋の中をのぞいて嬉しそうにしている子など、みんなのかわいい表情を見てほっこりしました♡
 12月に入り、ミュージックステップや心身統一、製作など、一つひとつの活動を行っていく中で集中力がぐんとアップしたなと感じる場面が多くなりました。心身統一では、今までとは見違えるほどかっこいい姿を見せてくれ、これからの子どもたちの成長もますます楽しみになりました!
 2学期を通してたくさん成長した子どもたち♡このクラスで過ごすのもあと3学期のみとなりましたが、ききょうさんに向け更に成長を感じられる学期にしていきたいと思います。
 今年一年、大変お世話になりました。良いお年をお迎え下さい♡


<ききょう1>
 今年も瞬く間に過ぎていき、あっという間に最後の月となりました。クリスマス会ではみんなで考えたサンタさんへの質問を12月生まれのお友達に発表してもらいました!ききょうさんはプレゼントをサンタさんから受け取ったり、とても楽しい時間を過ごしました♪
絵日記も始まり、みんなの絵日記を毎日楽しみにしています。ひらがな練習も保育で行なっているので、「丁寧に書いたよ!」と、嬉しそうに絵日記を見せてくれる子もいます!字を書く楽しさ、文章を書いて伝える楽しさを学んでもらえたらと思います。
 12月は子ども達と一緒に、人との関わり方を考えた月でした。友達の気持ちや自分の気持ちの伝え方、お父さんお母さんへの接し方。道徳教本やキンダーブックの項目を使い「こうゆう時はどうする?」と、考えていきました。自分の思いもあって相手の思いもある。それがよりわかるようになったからこそ、すぐに意見が出ず悩む事もあります。幼稚園生活も残り3学期のみとなりますが、子ども達と共に考え見つけていく保育を続けていきたいと思います。
 今年も一年、ありがとうございました。年明けに元気な姿でお会いできることを楽しみにしています♡良いお年をお迎えください。


<ききょう2>
 12月に入り、気づけばあっという間に冬休みですね♪展覧会も終わってまた体育教室や英会話、歌唱指導などいつもの保育が始まり、最近では縄跳びの練習をする子が増えてきました♡昨年よりもまたレベルが上がり、あや跳びや交差跳びにも挑戦している子が多くなり、お友達同士教え合ったり、子どもたちの成長を日々感じています!!短縄だけでなく大縄で八の字にも挑戦しており、連続でどこまで跳べるかききょうさんみんなで頑張っています♡1月末にあるなわとび大会も「一位取りたい!」と今から楽しみにしている姿もたくさん見られ、そんな気合いたっぷりなみんなとまた3学期も練習を頑張っていきたいと思います☆
 そして12月の一大イベントといえば「クリスマス会」♡みんなまだかまだかとクリスマス会を楽しみにしており、今年はサンタさんから直接プレゼントをもらうことができ、とても嬉しそうでした♡サンタさんへの質問もクラスみんなで考えたり、クリスマスチャーム作りも少し難しい工程に挑戦しながらもとても可愛く仕上げることができました☆チャームの周りに貼ったクリスマスのものもみんなでクリスマスにはどんなものがあるのかなと考え、楽しそうに製作していました☆是非お家にも飾ってあげてください♡
 今月で2学期が終わり、残すところききょうさんも残り3ヶ月となりました。様々な行事や日々の生活を通して、さくらさんから進級してきた頃よりもまた大きく成長を見せてくれて、とても頼もしく思います♡
 3学期が始まると発表会の練習が始まりますが、1日1日を大切に子ども達と過ごしていきたいと思います!よろしくお願いいたします。


人形劇観劇会

 今日は子どもたちが楽しみにしている「人形劇」の観劇会がありました。
 1本目は『あそんジャOH!』です。ハンカチ・タオル・てぶくろ・靴下など、ふだん手にしている物がいろんなものに大変身。キリンやゾウなどの動物になったり、ハンカチがくるくる飛んだりして子どもたちも大喜び!途中、主任の木村先生がピストルの代わりに布団干しでスタート合図をすると3人が競走する場面に子どもたちも大歓声!!見立て遊びの面白さを感じさせる人形劇で早速今日家に帰ったらハンカチやタオルで遊ぶ子どもたちの姿が想像できるくらい楽しい内容でした。
 2本目は『こぶじっさ』。頬に大きなこぶのある「じっさ」のお話。ある日、じっさが夕方に山へ行くと山の神様たちの宴会に出くわします。山の神様に見つかったじっさは、「婆さんのところに帰りたければ踊って見せろ。面白ければ帰してやろう」の言葉に踊るじっさ。でも、山神からは「面白くない」と言われます。婆さん会いたさに勇気を振り絞って踊ります。子どもたちの手拍子にも後押しされてじっさは面白おかしく踊ることができたじっさは、家で待つ婆さんのところに帰ることができました。こぶとり爺さんを多少アレンジした内容で、じっさが踊るところやこぶが付いたり外れたりするところに子どもたちも面白さを感じていました。
 1本目は楽しくて面白くて笑い声が絶えない内容、2本目は心温まる優しい気持ちになれる内容で、子どもたちも飽きることなく楽しく人形劇の世界に引き込まれていました。


たんぽぽクリスマス会

 10日(火)・11日(水)・13日(金)のたんぽぽ教室でクリスマス会がありました。
 今回は、恒例の「マジックショー」です。 
 最初、Mr.マリックのBGMが流れてくると夏のお泊まり保育にも参加してくれたMr.マジック(どうやらMr.マリックの弟子であり、園長先生のお友だちらしい)が登場し、彼がスプーンにハンドパワーをかけるとぐにゃりと曲がりました。
 次は、大矢先生のマジックでした。トランプを一瞬ですべてを真っ白にするマジックと赤いハンカチをステッキにするマジックの後、サンタの人形を箱に入れると何とたんぽぽ教室の先生によく似た(笑)柴田先生が登場!その柴田サンタが、空の缶からミッキーの人形を登場させ、それを大きな箱に入れると、これまたたんぽぽ教室の毛利先生によく似た(笑)ミッキーさんが出てきました。柴田サンタや毛利ミッキーが登場するたびに、お母様方から「わー!」の声が出ました。
 毛利ミッキーが「お背中ピッ!」のマジックをした後、今度は副園長先生の登場。手の中から国旗を出すマジック、『アナと雪の女王』絵本マジックを披露しました。絵本に雪をふりかけると絵本が凍るマジック、さらにアナ雪トランプのマジックではお母様方も不思議そうな表情に!
 最後に再びMr.マジックが登場し、トランプ移動マジックやらコインのコップ貫通マジックなどが披露されました。
 盛りだくさんのマジックショーの後は、クリスマスプレゼント渡しとSL乗車。サンタさんの帽子を被ったたんぽぽさんたちも大喜びでした!
 
 たんぽぽ教室のお友だちはよい子ばかりだから、24日の夜にもきっとサンタさんが来てくれますよ。楽しみにしててくださいね!


クリスマス会

 今日は、子どもたちが待ちに待った「クリスマス会」でした。
 今回は、園長先生のバイオリンと永井先生のピアノによる『星に願いを』、先生たち全員による『そり滑り』の演奏で始まりました。軽快なリズムとメロディから子どもたちは、まるでそりに乗って子どもたちにプレゼントを配るサンタさんをイメージしたようです。その後、子どもたちの「メリークリスマス!」のかけ声とともにサンタさんが登場!子どもたちは、目の前に現れた外国人のサンタさんに大喜び!!
 サンタさんへの質問タイムでは、「サンタさんはどうしてみんなの欲しがっているおもちゃがわかるの?」「トナカイはどうして空を飛べるの?」など、子どもらしい質問が出されました。サンタさんからは、「手紙に書いてあるからわかるよ。」「トナカイは空を飛べる特別なエサを食べているからだよ。」などと英語で答え、先生が通訳しました。
 サンタさんからのプレゼントのお礼に子どもたちは『あわてんぼうのサンタクロース』と『希望の歌~交響曲第九番~』を全園児で歌いました。ドイツ語で歌う子どもたちの歌声に、サンタさんも大いに感心して「エクセレント!!」の言葉を頂きました。
 その後、サンタさんと集合写真を撮ったりふれあったりして大満足!今日は子どもたちのいつも以上のステキな笑顔を見ることができました。


クリスマスコンサート

 今日は、課外のピアノ教室主催の「クリスマスコンサート」が西文化小劇場でありました。
 教室のお友だち(幼稚園児から小中学生)は、ふだんの練習の成果を十分に発揮していました。クラシックの名曲からディズニーやアニメ・映画音楽、クリスマスソングなど曲目も多彩で、会場の皆さんもしっかり聴き入っていました。また、バイオリン教室のお友だちもコラボして演奏に厚みがありました。
 男の子はいつもよりかっこよく着飾り、女の子は素敵なドレスを着て、緊張しながらも礼儀正しく演奏する姿をお家の方もやさしく嬉しそうに見守っていらっしゃいました。
 また、兄弟姉妹や親子による連弾のファミリーステージもあり、微笑ましい空気が会場を包みました。お父様やお母様といっしょにピアノを演奏する子どもも嬉しそう。
 最後は、小学生の土曜日グループによるリズムカップスの発表がありました。『赤鼻のトナカイ』の曲に合わせてカップを置いて音を鳴らしたり手拍子したりして、みんなの息が一つになった素敵な演奏でした!
 ピアノ教室のお友だちもみんな毎年レベルアップして、とても聴き応えのあるクリスマスコンサートでした。


体験入園

 今日は「体験入園」がありました。来年度入園予定のたくさんのお友だちが、遊びに来てくれました。園長先生のあいさつの時には、シロクマのニッシーくんが特別出演して幼稚園でやることや楽しいことを話してくれました。
 その他、リトミックでいろんな動物に変身したり、たんぽぽ教室で行っているリズム遊びや手遊びをしたり、クリスマスに関するパネルシアターを見たりして保育を楽しみました。
 親子面接では、大きな声で名前など言えるお友だち、恥ずかしがってもじもじしているお友だちなどさまざまで微笑ましかったです。
 来年の4月、桜が咲く季節になったら新しいピカピカの制服を着て、ピカピカ笑顔で幼稚園に来てくださいね。教職員一同、心からお待ちしています。
 ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。


12月誕生会

 今日は12月生まれのお友だちの誕生会がありました。
 今月はとても多くて何と24人のお友だちが舞台に上がり、みんなから祝福を受けました。舞台のお友だちは自分の名前と年齢、大きくなったらなりたいものを発表しました。今日の友だちは、なりたいものが多くて2~3を挙げる子が多かったです。歌と言葉のプレゼントの後は、恒例の先生からのプレゼント。今日は「サンタの靴下」の紙シアターでした。
 いろんな色の靴下に「物」を入れて、魔法の薬をかけると水がジュースになったり、石がダイヤの指輪になったり、赤い帽子がサンタさんになったり!そのたびに子どもたちは大喜び!!
 もうすぐ楽しいクリスマス。来週にはクリスマス会もあり、幼稚園にサンタさんがやって来ます。みんなよい子にして楽しみにしていてくださいね。


クリスマスツリー飾り付け

 今日は、ききょう(年長)組のお友だちによるクリスマスツリー飾り付けをしました。
 ききょう組のお友だちは、クリスマスソングのGBMが流れる中、オーナメントなどを2本のツリーに楽しそうに飾り付けをしました。飾り付けが完成したらみんなで「メリークリスマス!」と言って集合写真を撮りました。
 ツリーを飾って幼稚園にも一気にクリスマスの雰囲気が出て、園児たちもクリスマスが待ち遠しいようでした。よい子の園児たちにサンタさんからどんな素敵なプレゼントが届くかな?今からとても楽しみですね。


11月 クラスの子どもたち

<きく1>
 日に日に寒さを強く感じられる季節となってきました。子どもたちは寒さに負けず外で元気に遊んでいます。上の学年のお友だちに混ざって氷鬼を行ったり、大縄に挑戦する姿も増えてきました♪お部屋では運動会を終え、クラス全体の絆が深まったのか大人数で遊んでいます。一人の子が「いれて!」と言うとみんなで「いいよ♪」と答えており、とても微笑ましく見ています♡
 11月の初めにノリタケの森へ園外保育に出かけました♪どんぐりや落ち葉を拾い秋の自然に触れ、とても楽しむことが出来ました♡みんなで拾ったどんぐりを使って作ったトトロや絵画、紙粘土、ピザやアイスなどととても可愛らしい作品ばかりの展覧会でしたね!!
 展覧会後の作品鑑賞では、お店屋さんごっこも行いました。「おかいものけん」を持ちワクワクしながらお店に入っていきました。ききょうさんの勢いに圧倒されながらも自分の欲しい物を見つけ買うことが出来ました♡自分の作った物にした子やガチャガチャをした子など、買った物を嬉しそうに見せてくれる子ばかりでした♪作ったあとも存分に楽しむことが出来た展覧会でした♡
 2学期も残りわずかですが、子どもたちと楽しく過ごしていきたいと思います!!


<きく2>
 昼夜の寒暖の差もだんだんと大きくなり、少しずつ冬の訪れを感じる頃となりました。
 11月に入ってから、展覧会の作品づくりに子ども達は夢中になって取り組んだり、ノリタケの森へ行き、広い芝生で思い切り走ったり、ドングリや葉っぱを見つけたり子ども達それぞれが秋を楽しみました。
 17日の展覧会では、絵の具を使って描いたパンツと動物や、自分たちの写真を飾ったフォトフレーム、ドングリを使ったトトロ、個人製作のアイスやピザなど自分達で作った作品をお家の人と一緒に楽しみながら見ることが出来てよかったですね♪
 2学期も残り少なくなってきましたが、来月はみんなが楽しみにしているクリスマス会が待っています。元気で良い子に過ごしているときっとみんなのもとへサンタクロースがやってくるかも……♡
 来月を楽しみに過ごして下さい。


<さくら1>
 日に日に寒さが増す季節となり木々の葉も色づき始めました。
 先日はノリタケの森へお散歩に行き、秋を感じながら作品づくりを行いました。10月の秋色図鑑で読んだ植物をたくさん見つけ興味津々!!様々な形の葉っぱを組み合わせて個性豊かな作品が出来ました♪他の作品づくりでも昨年より出来ることが増えた分、たくさんのことに挑戦した展覧会となりました♡
 そして2週間ほど、準備のためにさくら組全員での合同クラスとなり、楽しさ倍増で終始にぎやかなみんなでした☆いつもより人数が多い分、譲り合うことや周りを見て行動することを改めて学び、お互いの良いところを見つけ刺激し合うことができ、生活の面でもまた一つ成長しました♪
 最近では、3学期にある「縄跳び大会」に向けての練習を始め、まだ始めたばかりですが徐々に連続跳びができる子が増え縄跳びブームとなっています♡ぜひお家でも一緒に練習してあげてみてくださいね♪


<さくら2>
 日中はまだ暖かいですが、一段と日が暮れるのが早くなり、朝晩の冷え込みが晩秋の訪れを感じさせてくれるようになりました。
 先日行われた展覧会では、子ども達の個性あふれる素敵な作品をご覧いただけたかと思います。作りたい物の形や色をイメージして実際に作ったり、少し難しいことにチャレンジしてみて、この短期間でみんなの製作レベルがぐんとアップしたように思います。
 またみんな楽しみにしていた1、2組合同クラスでは毎日が本当賑やかで、園庭や公園でお給食を食べたりと新鮮な毎日を過ごせました。座る時の姿勢や履き物の揃え方を普段よりも気をつけてみたり、子ども達がお互いに高め合っている姿も見られました!!
 最近では縄跳び大会に向け、体力アップなどで練習を始めました。跳べるようになりたいと自ら練習を頑張っている姿に気合いを感じられます☆跳べるようになるまでは難しいですが、本番まで一緒に練習を頑張っていきたいです!


<ききょう1>
 一段と日が暮れるのが早くなり、朝晩の冷え込みが晩秋の訪れを感じさせてくれます。
 10月の終わりから就学時健診に出掛けていった子どもたち。「お兄さん、お姉さんが案内してくれたよ!」と楽しそうに小学校の話をする姿を見て、成長を嬉しく思う反面、卒園が近づいてきている事を感じさせられてしまいました。
 展覧会準備の為、少しの間1、2組合同で過ごしました。一緒に生活する事を楽しみしていた子どもたち。 共同製作の作品づくりも、友達と声を掛け合いながら進め完成を喜びあっていました。展覧会後のお店やさんごっこもとても楽しそうで、店員さんになりきりお客さんを呼び込んでいました♪
 先日、ききょう組のみんなで桜木公園とノリタケの森へお散歩に出掛けました。落ち葉を拾って遊んだり、大きな葉っぱを見つけたり、綺麗な紅葉した葉っぱを見ながらのんびり過ごす事ができました。ノリタケの森にはクリスマスツリーが飾ってあり、みんなと過ごす秋も残りわずかなのかと切なくなります。寒くなるとどうにも感傷的になってしまいますね…。
 だからこそ、子ども達と過ごす一日一日を大切に、そして楽しく元気に過ごしていきたいと思います♡


<ききょう2>
 11月になって風も冷たくなり、だんだん冬に近づいてきましたが、子どもたちは元気いっぱいに過ごしています♪
 今月は展覧会に向けてみんなで力を合わせてたくさん製作をしました。共同製作のお店の絵や文字、入り口の門などたくさんのものをみんなで作る中で、力を合わせることの楽しさや色々なアイディアに触れたり、お友達のいいところをたくさん感じることができたと思います♡
 個人製作や紙粘土製作もそれぞれ子どもたちがイメージした物を作ることができ、子どもたちのたくさんの発想やセンスに私自身も驚かされる日々でした!!
 また、展覧会前にはテーマが商店街ということで、円頓寺商店街にお散歩も行きました♪商店街とはどういう場所なのか、どんなお店や雰囲気なのか実際に見たり感じたりし、お友達同士会話しながら知ることができました♡日課のカードで行なっているカードで覚えた道路標識探しもして、見つけるたびに「これはこういう名前!」「こんな意味だったよね!」と大興奮な子どもたちでした。
 気づけば冬休みまで残り1ヶ月。日々盛りだくさんなききょうさんですが、子どもたちと楽しんでいきたいと思います♪


きくリトミック教室

 今日は、きく(年少)組のお友だちは、リトミック教室に参加しました。
 ダルクローズ国際免許ライセンスを取得され、日本音楽療法学会認定の音楽療法士でもある伊藤由記衣先生をお招きして行いました。伊藤先生の美しい歌声とピアノのメロディに子どもたちもすぐに楽しく参加できました。
 最初、それぞれの挨拶を太鼓の音を使って行いました。次は身体の部位の名前を挙げながら、そこをやさしく感謝の気持ちで触りながらどんな音が出るかを試しました。「心ってわかるかな?みんなの優しい気持ちやあったかい気持ちが入っているところだね。」という先生の声かけに、みんなも温かくて優しい表情になりました。
 先生のピアノに合わせて歩いたり走ったり、ゆっくり歩いたりスキップしたり楽しそう!また、ジャンプしたり、しのび足で歩いたり、這って歩いたり床に寝っ転がったりとメロディに合わせて動きを変えていました。
 個人だけでなく、お友だちとグループになって活動する場面もあり、変化に富んだ内容でした。
 最後は、『トルコ行進曲』の曲に合わせてそれぞれが好きな動きをしました。
 日頃、子どもたちはMS(ミュージックステップ)でリトミックを行っているせいか、伊藤先生も「最初から音に反応できていて素晴らしいですね。」というお褒めの言葉をいただきました。子どもたちも文字通り音を楽しみ、ニコニコ笑顔で「楽しかった!」と言っていました。


110周年記念式典・祝賀会

 11月24日(日)「いいにし」の日にホテルナゴヤキャッスルにて学校法人八幡学園110周年記念式典・祝賀会がありました。テーマは『笑顔、幸せになるために。』です。
 第1部は「青雲の間」で式典(にしよう文化芸術祭)が実施されました。理事長、ひまわりの会長挨拶に始まり、4代・3代親子表彰が行われました。その後は、毎年この時期に行っている課外教室『才能教育発表会』へと移りました。
 チア、合気道、モダンダンス、ピアノ、ビッキー英語、ぴのきおスクール、ヴァイオリン教室の生徒たちは、大勢の人の前で日頃の練習・稽古の成果を遺憾なく発揮することができました。
 その後は、今年の春に卒園した小学校1年生のお友だちによる「小1キッズ舞踏会」が行われました。男の子は蝶ネクタイ、ブートニアとベスト、女の子は白のドレスを身につけてワルツを踊りました。かわいい紳士淑女たちの踊りに会場からも大きな拍手が送られました。
 最後は、全園児による『希望の歌~交響曲第九番~』合唱です。きく(年少)組のお友だちは、2~3週間前から覚え始めたにもかかわらず、ドイツ語の部分もきれいに歌うことができました。まさに毎年3月末モリコロパークで行われる『幼児文化芸術祭』の西幼稚園版といったところです。会場に響き渡った歌声に会場からは惜しみない拍手が送られました。
 第2部は「天守の間」で祝賀会(クリスマスパーティー)です。最初は西川流の日本舞踊がありました。4人の小学生の女の子が優雅に舞い踊る様子に会場は厳かな雰囲気に包まれました。
 来賓祝辞そして乾杯の直後、カーテンが開き名古屋城が目の前に現れて、会場からは歓声が聞こえました!その後、しばらくは食事と歓談の時間でした。
 中盤には教職員による劇『大きなかぶ』の発表がありました。教職員全員で引っ張っても抜けないため、会場の子どもたちも舞台に上がって「うんとこしょ!どっこいしょ!!」のかけ声でとうとう大きなかぶが抜けました!と同時に、サンタクロースが登場。サンタさんがかぶを抜けないように引っ張っていたのかな?
 外国人のサンタさんは、各テーブルに座っているお友だちに絵本『100にんのサンタクロース』を配布しました。子どもたちもサンタさんからの素敵なプレゼントでニコニコ笑顔に!
 6人の小学生による越智バレエの発表、遊具のビデオ上映と続き、いよいよショータイムの始まり!
 園長先生と歌唱指導の神谷先生による『ホールニューワールド』のデュエット、武澤ペアによる『ホワイトクリスマス』のダンス、バウンズキングによるクリスマスメドレーへと続きました。ハープ、コントラバス、パーカッションのクリスマスソングのメドレーと神谷先生による『すてきなホリディ』の歌声が、より一層クリスマスの気分を盛り上げました。
 続いての教職員とバウンズキングのセッション『そりすべり』の演奏では、子どもたちも大喜び!!
 フィナーレは会場全員での『希望の歌~交響曲第九番~』合唱。歌詞といっしょに2部に参加された皆さんの写真を見ながら、素敵な歌声が会場に響き渡りました。
 今回『笑顔、幸せになるために。』というテーマで開催された110周年記念式典・祝賀会でしたが、参加された皆様のたくさんの笑顔を見ることができ、本当に幸せな気持ちになりました。
 「令和」という新しい時代を迎えました。令和には「美しい調和(ビューティフルハーモニー)」という意味が込められており、これから本園も皆様との美しい調和をはかりながら令和という時代にふさわしい形を追求しながら幼児教育を進めていく所存です。
 参加されました皆様、誠にありがとうございました。 


同窓会

 今日は同窓会がありました。
 昨年度ききょう(年長)組の卒園生が、西幼稚園に遊びに来てくれました。幼稚園時代に毎朝行っていた「おはようの歌」「ディズニー体操」を歌ったり踊ったりしました。最初は「忘れた。」と言っていた卒園生たちも、だんだんと思い出して幼稚園時代のように元気に踊りました。
 園長先生からは、「小学校での皆さんのがんばりを嬉しく思います。西幼稚園の卒園生という誇りと自覚を持って充実した小学校生活を送ってください。」というお話があり、卒園生たちもしっかり聞いていました。そして、園長先生の声かけに合わせて『西幼よい子のお約束』をみんなで唱和しました。そして、園庭でドッチボールをして盛り上がりました。次は、講堂に集まって「茶話会」を行い、お菓子を食べながらお友だちとの会話を大いに楽しみました。
 その後は、翌日の「110周年記念式典」での「小1キッズ舞踏会」に参加する卒園生の練習が行われました。さすが1年生だけあって飲み込みも早く、4~5回の練習でみるみる上手になりました。
 懐かしいお友だちや元担任の先生たちに会ったこと、さらには新しい遊具「にしようタワー」の楽しさもあり、終わってもみんな帰ろうとしませんでした(笑)また、お母様方にとっても同窓会のようで、久しぶりの懐かしいママ友との再会を楽しんでいらっしゃいました。

 今日は、立派な小学生に成長した卒園生たち皆さんの姿を見ることができて先生たちも嬉しくなりましたよ。小学校でも西幼稚園の卒園生としての「自覚」と「誇り」を忘れず、勉強に運動に頑張ってくださいね。応援しています!