1. トップページ
  2. にしよう日記

にしよう日記

体力アップ(西幼サーキット)開始

 今週から「体力アップ」が始まりました。
 さくら(年中)・ききょう(年長)は、久しぶりのサーキットに大喜び!学年が上がり、昨年度とメニューも少し変わり、今までとは違った内容に新鮮な気持ちで取り組んでいました。本年度も自分でコースを選ぶ「選択制」も取り入れながら、ラダートレーニングや平均台などの運動を実施し、楽しみながら運動好きな子どもを育てることをねらっています。
 「西幼サーキット」以外の時は「かけ足」を実施します。時期によって、ランニング、ジョギング、マラソン、徒競走ダッシュとメニューは異なりますが、どの子もお友だちに負けまいと頑張って走る姿が楽しみです。
 軽快な音楽にのって楽しみながら身体を動かす「体力アップ」。本年度も子どもたちのさらなる体力向上を目指します。


4月誕生会

 今日は、4月生まれのお友だちの誕生会がありました。
 講堂で開催したききょう(年長)組の誕生会では、4月生まれのお友だちは一人でしたが、舞台の上でも堂々と自分の名前と年齢、大きくなったらなりたいものを発表しました。担任の先生からは、いろんなことにしっかり取り組んでいる様子、とりわけ最近うんていを頑張っている姿が紹介されました。お家の方からのお手紙では、愛情いっぱいの内容にお友だちも嬉しそうに聞いていました。
 最後に、お友だちみんなから言葉のプレゼントがあり、お祝いの気持ちを伝えました。参加されたお母様は、我が子の成長に目を細めながらビデオを撮っていらっしゃいました。
 なお、きく(年少)、さくら(年中)の誕生会の様子は、本年度もYouTubeによるビデオ配信を行います。


心身統一開始

 今週から心身統一がスタートしました。
 最初に、園長先生から心身統一の意味と「気」についての話がありました。「心と身体が一つになったときに強くなる」「心を積極的に前向きに使うことで強くなる」「気を出すことが大切である」ということを先生の実演を基に説明がありました。
 その後、正座、黙想、組立体操などさまざまな運動に取り組みました。「静」と「動」の活動で楽しい中にも気合いと緊張感があり、子どもたちの心技体の向上が楽しみです。
 この心身統一で「心身共に落ち着きのある子ども」「転んだ際に頭を打たない身のこなしができる子ども」「心と体のしくみを知り、心を強く積極的に使う子ども」をめざしてこれから取り組んでいきます。
 本年度は、とりわけ受身と側転の完成度を高めていきたいと考えています。


園外保育

 さくら(年中)・ききょう(年長)のお友だちが園外保育に出かけました。
 春の陽気に誘われて、ききょうは20日にさくらは21日に近所の江西公園まで行きました。ききょうの園児たちは、それぞれ図鑑を持って、途中の道ばたや公園に咲いている草花を見ては「春」を見つけていきました。
 その後、公園の遊具で遊び、楽しい遊具に子どもたちは大喜び!さくらさんは、たまたま遊びに来ていたインターナショナルのお友だちとも遊具を譲り合いながら、仲良く楽しく遊ぶことができました。
 新年度が始まり2週間が過ぎましたが、新しいクラスのお友だちとも仲良くなって少しずつ緊張もほぐれてきました。


ききょうこいのぼり写真撮影

 今日は、こいのぼり写真撮影がありました。ききょう(年長)組のお友だちは、こいのぼりと五月人形の前で写真撮影をしました。保育の時に作った「こいのぼり」と「兜」を付けて笑顔でパチリ!写真を撮った後は、こいのぼりを持ってみんなで園庭を元気よく走り回りました。
 まもなく「こどもの日」がやってきますが、園児たちには武者やこいのぼりの鯉のように元気よくたくましく成長することを切に願っています。


一日保育、給食スタート

 今日から一日保育が始まり、子どもたちが楽しみにしていた給食も始まりました。
 子どもたちは、「いただきます」の歌とごあいさつをした後、初めての給食に嬉しそう!今日のメニューは「菜の花とベーコンのソテー、かに玉、魚フライ、にんじんと糸コンのめんつゆ煮、ミニシュークリーム」でした。
 きく(年少)組のお友だちは、幼稚園初めての給食に興味津々!みんな落ち着いて美味しそうに食べることができました。


対面式

今日は、対面式がありました。
 園長先生からは、「西幼稚園の先生たちは、みなさんに『明るい子・やさしい子・たくましい子』になってほしいという願いがあります。そして、3つのお約束『挨拶・言葉遣い・はきもの』と背筋を伸ばして腰骨を立てる『立腰』をしっかり守りましょう。」といったお話がありました。
 その後、きく(年少)とさくら(年中)・ききょう(年長)のお友だち同士が、「よろしくお願いします」と挨拶をする対面式がありました。 
 きくのお友だちはママが恋しくて最初泣いているお友だちも少しいましたが、これから少しずつ園生活に慣れて幼稚園での生活が楽しくなっていくことと思います。 


1学期始業式

 今日は、令和3年度1学期の始業式でした。
 最初にみんなで園歌を歌いました。園長先生からは「年の区切りは1月1日から12月31日、年度は4月1日から3月31日です。今日は令和3年度1学期の始まりです。さて、日曜日の入園式では60人の新しいお友だちが西幼稚園に入ってきました。明日から小さなお友だちが登園します。不安で泣いたりするお友だちもいるから、優しく接してあげてくださいね」というお話、さらにはメドレーリレー代表選手としてオリンピックに出場する池江璃花子選手の話がありました。
 次の担任発表では、みんなわくわくドキドキ。園児たちは「担任の先生はだれかな?」と、興味津々で聞いていました。
 この一年間、コロナに感染しないよう気をつけながら、たくさんの経験を通して、心も体も頭も大きく成長してほしいと思います。そして、たくさんの素敵な思い出を作っていきましょうね。

 保護者の皆様、本年度一年間どうぞよろしくお願いいたします。


入園式

 第113回入園式が行われました。
 園長先生から新入園児たちへは「今日からみなさんは西幼稚園のきくさんです。あさってから泣かないでマスクをつけて笑顔で登園してくださいね」、保護者の方には「新型コロナウィルスなど不安な毎日ですが、園としても対策を講じながら保育をしていきます。ご家庭でも検温とその報告をお願いします」という内容のお話がありました。
 次に、ひまわりの会(PTA)会長様からは、「入園おめでとうございます。幼稚園での3年間はとても大きな成長が見られます。西幼稚園では、園長先生はじめ全職員で子どもたちの成長を見守ってくださるので安心してください。」といったお祝いの言葉をいただきました。
 ききょう(年長)組の代表園児による言葉の発表もあり、新入園児のみんなも静かに聞いていました。
 式後、担任・職員紹介とクラス写真撮影がありました。少し大きめの真新しい制服に身を包み、どの子もちょっぴり緊張しながらも新しい園生活に期待に胸をふくらませていました。
 新入園児のみなさん、ニコニコ笑顔で登園してくださいね。みんなを心から待っていますよ!

 本日、入園された保護者の皆様、誠におめでとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


~ 3月 クラスのこどもたち ~

<きく1>
 今年度は異例の6月スタートから早1年が過ぎました。1学期はコロナ、コロナでどうなっていくのか心配されましたが、無事に3学期まで終える事ができ、安心しております。
 3月は、コロナの影響で保育日数もいつもより多かったこともあり、時間に余裕をもって保育を行うことができました。江西公園にも新道公園にも行くことができ、幼稚園では遊ぶことのできない遊具でも遊ぶことができ、子どもたちはとても嬉しそうでした。また、さくらさんに向けてみんなで一緒にさくらさんのお部屋を見に行ったり、体力アップで行うラダーの練習をしてみたりしました。女の子は、和式トイレでの練習も行いました。さくらさんへの練習が増えるたび子どもたちのさくらさんへの期待は深まっていったように感じます。最終日には、「さくら組で会おうね」と話してさよならしました。一年間、いろいろとありましたが、無事に終えることができましたのも皆さまの理解あっての事だと思っております。本当にありがとうございました。


<きく2>
 あっという間に3月になり、きく2組で過ごす時間も瞬く間に過ぎてしまいました。
 3月は「ひなまつり会」から始まり、幼稚園に来てくれたお内裏様やお雛様に練習してきた歌を上手に歌うことができました♡「雛壇がお家に飾ってあるよー!」と教えてくれる子も多かったです。年長さんとの「お別れ会」では、練習した言葉のプレゼントを力強い声で伝えることができました♡
 また、天気の良い日は江西公園や新道公園に行ったり、給食では好きな席に座って食べたり、残り少ない時間をみんなと楽しみながら過ごすことができました。
 年中組のお部屋見学をした後の子ども達は、さくらになる実感が沸き、話を聞く姿勢や行動がひとまわり逞しくなったように感じました。一年間で、できるようになったこと、悔しかったこと、嬉しかったことなど多くの経験をした子ども達。待ちに待ったさくらさんもあと少し!今まで、助けてもらったことを次は自分達ができるような優しいさくらさんになって下さい♡
 初めてクラスを持ち、きく2組の担任をさせて頂けたこと、とても嬉しく思っています。至らぬ点も多々あったかと思いますが、温かく見守って下さり、本当にありがとうございました。子ども達にも感謝いっぱいです。


<さくら1>
 あっという間にさくら組での一年が終わりを迎えました。3日には、延期していた「なわとび大会」が行われました。これまで一人ひとりが跳べるようになりたいと意気込み、当日は全員が”全集中”をして跳ぶことができました!結果も大切ですが、ここまでの努力の過程を見ることができて本当によかったです♪
 また、3月は卒園式のリハーサルや心身統一の見学に参加してききょうさんのかっこよさに刺激を受け、ますますききょう組に進級する意識が高まったようです。日々の生活からもクラスの一体感や逞しさを感じ、「この一年で本当に心身共に大きくなったなぁ」としみじみ感じました。皆で外で給食を食べてピクニック気分を味わったり、公園で遊んだりとたくさん楽しい思い出も作ることができました☆
 この一年間でおともだちとの仲を深め、一緒に頑張ったり楽しんだりして喜びや達成感を共に感じてきました。さくら1組は、頑張る時と楽しむ時の切り替えがとっても上手になり、笑顔が絶えませんでした☆そんな皆の成長を近くで見守ることができ、とても幸せでした!来年度は、近くか離れたところかわかりませんが、引き続き子どもたちの成長を見守りたいと思います♪
 保護者の皆様、いつもあたたかく見守っていただき感謝しております。一年間ありがとうございました。


<さくら2>
 だんだんと暖かくなり過ごしやすい季節となってきましたね。3月に入ってから進級に向けて、ききょうさんの卒園式リハーサルや心身統一を見学して、「進級に向けて頑張りたい」という気持ちが高まってきた子がたくさんいました。見学して、「全員の声と動きが揃っていてかっこよかった!!」「側転で足がピンピンだった!!」など子どもたちもききょうさんへの憧れを抱いていました。それからは側転ができるように体力アップで椅子跳びの練習に気合が入ったり、お部屋では自分たちで気づいて話を聞く姿勢をとったりとききょう組に向けて張り切っています♡さくら2組で過ごす最後の一ヶ月、お部屋やお外で楽しくみんなニコニコで過ごしていました。
 4月からカラー帽子や名札も紫色になって素敵なみんなに会えるのを楽しみにしています♪春休み、元気に楽しく過ごしてくださいね☆
 今年度一年間、保護者の皆様にはご理解ご協力いただき本当にありがとうございました。


<ききょう1>
 3月に入り暖かい日も増えてきました♪
 クラスではトランプブームが起こり、大人数でとても盛り上がっています。発表会を通してさらにクラスの仲が深まったなぁと感じるこの頃です。
 いよいよ卒園式の練習もスタートしました。みんなで取り組める最後の行事ということで、寂しさを感じながらも一生懸命に取り組みました♪子どもたちと「ありがとう」や「これからも頑張るよ」の気持ちを伝えたいね、と話し合い、証書を渡すときの言葉も照れくさそうにしながらも考える姿がとても微笑ましかったです♪一言作文も子どもたちが発表したいことを自分で考えました。以前よりも文を作ることが上手になっていたり、想像していなかった文章を考えていたりと成長を感じつつ、みんなで楽しく書くことができました♡
 そして、「お別れ遠足」で名古屋市科学館にも行ってきました♪公園で思いっきり遊び、お弁当をみんなと食べられたこともとても楽しかったようで、大興奮でした。科学館内もゆっくり回ることができ、子どもたちにとってもいい思い出ができた様子でした!園でも園庭でみんなでごはんを食べたり、桜木公園へ出かけたりと楽しく過ごすことができました。
 一年間、至らないこともたくさんあったと思いますが、温かく受け入れていただきありがとうございました。保護者の方のご理解ご協力があって私自身子どもたちと楽しく過ごすことができました。これからの子どもたちの成長も楽しみにしています♪本当にありがとうございました。


<ききょう2>
 3月20日、無事にききょう組55名の子どもたちが卒園しました。「生活発表会」が終わってからの日々はとても早く、卒園までのカウントダウンを始めて、あっという間でした。ききょう2組の担任をさせて頂けると知り、大喜びした日がつい最近のことのように思います。
 みんなに初めて出会った日から3、4年。お母さんから離れることが嫌で泣いていたり、おもちゃで遊ぶことに夢中になったり、年少さんの頃からたくさんの表情を見せてくれました。年長さんになってからは行事を終えるごとに逞しく、どんどん強くなっていく子どもたちを見て、私がパワーをもらっていました。お友達を思いやる気持ちや、励まし合うことの大切さ、たくさんの気持ちをこの一年で学ぶことができたと思います。そんな子ども達と過ごしたこの時間は、楽しかったことも辛かったことも全て「大切な思い出」です。楽しいことが大好きで、どんなことも楽しさに変えられるみんなが本当に大好きでした。
 まだまだずっと大好きなみんなといたいけれど、どこにいても、どこからでも先生は応援し続けているからね♡またランドセル姿見せにきてくださいね♡
 今まで温かく見守って頂きありがとうございました。保護者の皆様が支えてくださったお陰で充実した日々を送ることができました。この学年の子どもたちを卒園まで担任として見ることができ、本当に幸せでした。ありがとうございました。


修了式

今日は、「修了式」がありました。
 みんなで園歌を歌った後、園長先生からは「本年度は、新型コロナの影響で園生活でもさまざまな制約があり、我慢することの多い1年でしたが、運動会や展覧会、発表会などの行事を始め、MSや心身統一などの日頃の保育を皆さんよく頑張りましたね。来年度もぜひ継続していきましょう。」というお話がありました。また、イチロー選手の「小さなことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただ一つの道」、池江璃花子選手の「神様は乗り越えられない試練は与えない」という言葉の紹介がありました。
 その後、3月末で転園するお友だちとのおわかれがありました。
 春は別れと出会いの季節です。子どもたちは、今まで仲良く遊んだお友だちとの別れを惜しむと共に、新たなお友だちとの出会いを楽しみにしているようでした。

 保護者の皆様、今年度1年間ご支援ご協力いただきまして誠にありがとうございました。来年度もよろしくお願いします。


第112回卒園式

今日は、第112回卒園式が厳粛に行われました。
 卒園証書授与ではピアノとバイオリンの生演奏による名曲『カノン』などが流れる中、名前を呼ばれた卒園児たちは元気に返事をして、誇らしげに堂々とした態度で証書を受け取りました。その証書を卒園児から感謝の言葉を添えて手渡された保護者の方々は、目頭を押さえ涙ぐんでいらっしゃいました。
 園長先生からは、「新型コロナの影響でいろんな制約がある中で、元気に登園して笑顔で園生活を送れましたね。そんな皆さんから元気をもらいました。ありがとう。そして、たくさんの思い出というプレゼントをくれましたね。ありがとう。これから皆さんは、自分の役割と使命を見つけてやり遂げてください。」という内容でした。
 卒園児たちの大きな声でのお別れの言葉とお別れの歌である『たいせつなともだち』の美しい歌声は、たくさんの参加者から感動の涙を誘いました。 
 式後は、恒例となっている担任からの卒園児一人ひとりへのメッセージスライドの上映と、『西幼で学んだこと がんばったこと』の上映がありました。卒園児や保護者の皆さんは、楽しかった幼稚園生活を振り返りながら、なつかしそうに時には涙を流しながらご覧になっていらっしゃいました。そして、保護者の皆様から教職員への花束贈呈と集合写真の撮影がありました。
 その後、園庭のテラスで両親への感謝の言葉をプレゼントをした卒園児たちを保護者・教職員で花道を作って、最後のホームルームをする教室へ送りました。ホームルームでは、担任の先生から卒園児たちへの贈る言葉があり、卒園児たちも神妙に聞いていました。
 最後は、卒園児全員が園庭に集合して「バルーンリリース」を行いました。「3・2・1・卒園おめでとう!」のカウントダウンの合図で一斉に風船を手放すと、たくさんの風船が大空に飛んでいきました。まるで、巣立っていく卒園児たちの飛翔を表すかのようでとても感動的でした。

 本日、最高の「笑顔」で慣れ親しんだ西幼稚園を立派に巣立っていった卒園児の皆さん。西幼で学んだことをこれからも実践して、自信をもって歩んでいってください。皆さんの頑張りと活躍を大いに期待しています。そして、時々は「笑顔」で幼稚園に遊びに来てくださいね。

 最後に、ききょう保護者の皆様。今までのご支援ご協力に心より感謝申し上げます。皆様のお陰で、思い出に残る卒園式ができました。心より感謝申し上げます。お子様のご活躍ならびにご家族の皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り致します。ありがとうございました。


お別れ会・お楽しみ会

今日は、お別れ会・お楽しみ会がありました。
 卒園式を土曜日に控え、きく(年少)組、さくら(年中)組のお友だちみんなからききょう(年長)組のお友だちにお祝いの言葉と歌『みんなともだち』のプレゼントがありました。それに対して、ききょう(年長)組のお友だちからもそれぞれ言葉と歌『ドキドキドン!一年生』のプレゼントをしました。
 その後、ききょうのお友だちは桜木公園に出掛け、ブランコや富士山などの遊具で思い切り遊びました。お昼は園庭での給食です。ポカポカ陽気の中で学年みんなで食べる給食は楽しそうでした!
 午後からは、講堂での「お楽しみ会」がありました。最初は、『西幼先生クイズ』。先生の身体の一部分や持ち物などを見て、どの先生かを当てるクイズでした。だんだん難易度が上がり難しい問題にも多くの子どもたちは正解しました!さすが、子どもたちはよく見ているものだとつくづく感心しました。
 最後は、『西幼の思い出』スライドショーでした。年少のきくから年長のききょうまでの行事や生活のスライドショーに子どもたちは歓声を上げたり、喜んだり、懐かしがったりしていました。なお、この『西幼の思い出』は卒園記念ビデオにも入っていますのでお家でまた観てください。
 卒園まであとわずかになりましたが、また一つ楽しい思い出ができましたね。


ききょう科学館見学

今日は、ききょう(年長)組のお友だちは、名古屋市科学館に行ってきました。
 本年度5月に科学館見学を実施する予定でしたが、新型コロナの影響で延期になり、今回はプラネタリウムなしの見学になりました。
 最初、隣の白川公園で遊びました。子どもたちは、ブランコや滑り台、鉄棒やシーソーに大型遊具で思い切り遊ぶことができました。いっぱい遊んだ後は、なかよしグループでお弁当タイム。ママ特製のキャラ弁のお友だちもいて、子どもたちはお家の方の愛情弁当に心もお腹もいっぱいになりました。
 その後、館内の施設を順番に見学しました。いろんな装置や道具に興味津々の子どもたち。今回、プラネタリウムはありませんでしたが、公園の遊具で遊んだり、例年より長い時間見学できたりして十分満足できました。
 卒園式を来週末に控え、子どもたちにとって今回の科学館見学が思い出に残るお別れ遠足になりました。


防災避難訓練

今日は、本年度最後の「防災避難訓練」がありました。今回は、新型コロナ感染対策のため講堂に全園児が集合しないよう、講堂と2階の各教室に分散して実施しました。
 園児たちは、緊急地震速報装置が作動すると冷静に先生の指示に従って机の下に隠れました。その後、1階クラスのお友だちはすばやく防災頭巾を着用し、講堂に避難しました。(愛知県立大学の清水宣明教授が、名古屋市西区は津波が来ても2階以上に逃げれば大丈夫という説より)
 その後、園長先生からは園内放送でお話がありました。「大切なことの一つ目は、日本に起きた大震災の期日(1月17日の阪神淡路大震災、3月11日の東日本大震災、9月1日の関東大震災)を忘れないこと。二つ目は、地震が起きたらまず頭を守ってダンゴムシになり、その後安全な場所に避難すること。三つ目は、ふだんから地震に備えて水や食料、避難場所の話し合いをしておくことです。今日、お家の人とぜひお話ししてください」という内容でした。
 今回、分散による避難および園内放送での訓練でしたが、子どもたちは終始落ち着いて避難行動をとることができました。先月も東日本大震災の余震がありました。ご家庭でもぜひこの機会にお子様とお話ししてみてくださいね。