1. トップページ
  2. にしよう日記

にしよう日記

12月誕生会

 今日は12月生まれのお友だちの誕生会がありました。
 12月は12人のお友だちが舞台の上で、名前と年齢、大きくなったらなりたいものを発表しました。今月はきく(年少)さんが多くて緊張しながら答える姿がとっても可愛いらしかったです。なりたいものとしては、古生物学者やパティシエ、コックなど今月は多岐にわたっていました。
 先生からのプレゼントは、クリスマスにちなんだパネルシアターです。アンパンマンとバイキンマンが登場し、彼らにもクリスマスプレゼントが!子どもたちといっしょに「トントントン」というかけ声とともに、新幹線や消防車のおもちゃ、ケーキやお菓子などが箱の中から出てきて大喜び!
 子どもたちもまもなくやって来るクリスマスに期待を持って、ワクワクしながら見ていました。


ピアノ教室クリスマスコンサート

 今日は、課外のピアノ教室主催の「クリスマスコンサート」が西文化小劇場でありました。
 教室のお友だち(幼稚園児から小中学生)は、ふだんの練習の成果を十分に発揮していました。クラシックの名曲からディズニーやジブリの曲、クリスマスソングなど曲目も多彩で、会場の皆さんもしっかり聴き入っていました。男の子はいつもよりかっこよく着飾り、女の子はドレスを着て、緊張しながらも礼儀正しく演奏する姿をお家の方もやさしく嬉しそうに見守っていらっしゃいました。
 また、兄弟姉妹や親子による連弾のファミリーステージもあり、微笑ましい空気が会場を包みました。お父様やお母様といっしょにピアノを演奏する子どもも嬉しそう。楽器もピアノに限らずバイオリン、チェロ、フルート、サックスとバラエティーに富み、華やかな時間が流れました。
 とりわけ今回は、プロピアニストの杉野加代子さんによる演奏も披露され、会場が一流のクラシックコンサートの雰囲気に!
 ピアノ教室のお友だちもみんなかなりレベルアップして、とても聴き応えのあるクリスマスコンサートになりました。


体験入園

 今日は「体験入園」でした。
 来年度入園予定のたくさんのお友だちが、遊びに来てくれました。園長先生のあいさつの時には、ディズニーランドからミッキーさんが特別出演(?)して、お友だちみんなにあいさつをしました。
 その他、大型絵本『まどからのおくりもの』を見たり、たんぽぽ教室で行っているリズム遊びや手遊びをしたりして幼稚園の雰囲気を楽しみました。
 親子面接では、大きな声で名前など言えるお友だち、恥ずかしがってもじもじしているお友だちなどさまざまで微笑ましかったです。
 来年の4月、桜が咲く季節になったら新しいピカピカの制服を着て、ピカピカ笑顔で幼稚園に来てくださいね。教職員一同、心からお待ちしています。
 ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。


11月誕生会

 今日は、11月生まれのお友だちの誕生会がありました。9人のお友だちは、舞台の上で緊張しながらも大きな声で名前、年齢、大きくなったらなりたいものを発表しました。男の子は、サッカー選手や恐竜博士、医者、パイロット、女の子はデザイナーやプリキュアという夢でした。
 先生からのプレゼントは『ねこのおいしゃさん』というパネルシアター。毎日、いろんな動物が病院に訪れます。この日は、ゾウさん。風邪で鼻づまりでしたゾウさんはねこの先生が呪文を唱えるとゾウさんの鼻から鼻水が!すっかり良くなったゾウさん、良かったね!次は首が折れたキリンさん。ねこ先生の呪文と手当ですっかり元気に。他にも、目の下にクマを作ったクマさんや咳をしているキツネさんを次々と治していきました。
 最後は、ねこの奥さん先生が急にお腹が痛くなり・・・・・すると、何と5匹の赤ちゃんが産まれました。衝撃と驚きの結末に子どもたちも大騒ぎ!
 これから寒くなりますが、皆さんも風邪など引いて「ねこのおいしゃさん」に診てもらうことのないようにしましょうね。
 


ききょうクリスマスツリー飾り付け

 今日は、クリスマスツリーの飾り付けをしました。
 ききょう(年長)組のお友だちは、クリスマスソングが流れる中オーナメントなどを2本のツリーに楽しそうに飾り付けをしました。飾り付けが完成したらみんなで「メリークリスマス!」と言って集合写真を撮りました。
 ツリーを飾って幼稚園にも一気にクリスマスの雰囲気が出て、園児たちもクリスマスが待ち遠しいようでした。よい子の園児たちにサンタさんからどんな素敵なプレゼントが届くかな?今からとても楽しみですね。


幼小交流会

 今日、ききょう(年長)組のお友だちは、学区のなごや小学校を訪れ、1年生との交流会に参加しました。
 1年生のお兄さん・お姉さんたちが、公園で拾ってきたどんぐりや葉っぱなどで作ったおもちゃ(こま、釣り、ボーリングなど)で園児たちは、楽しく仲良く遊びました。
 遊んだ後は、小学生と手をつないで校内探検に出かけました。園児たちはピカピカの教室や広い廊下・教室に驚きながら探検していました。探検中は小学生のお兄さん・お姉さんたちが、静かに集中して授業を受けている様子を見て、「すごいね」と言う声も聞こえてきました。
 短い時間の幼小交流会でしたが、4月から始まる小学校生活への期待に胸をふくらませていた園児たちの笑顔がキラキラ輝いていました。


11月 クラスの子どもたち

<きく1>
 秋も深まり寒さを感じる季節になってきました。10月の終わりにきく組みんなでノリタケの森へ園外保育に出かけました♪手を繋いで初めての園外へ出かけ、信号もない道路も「手を挙げて渡るんだよ!」「車が来ていないか確認するんだよ!」と交通ルールを知っている子がたくさんで楽しくお散歩出来ました!
 ノリタケではどんぐりを拾い秋の自然に触れることが出来、帰るころには楽し過ぎて、ぐったり疲れてしまう子もいる程でした♡たくさん見つけたどんぐりを使ったお人形の作品や絵画、紙粘土、宇宙人の作品など、展覧会ではきく組らしさ満載の可愛い展示が飾られましたね♪
 展覧会後の保育では、クラス全員で作品鑑賞をし、お友だちの作品を見ながら「探検楽しかった!!」とはしゃぐ子どもたちの姿が微笑ましかったです♡他にも、いちご動物園では動物と優しく触れ合うことで命の大切さを知りお友だちにも今までより優しく声を掛けたり一緒に楽しみを共有できる子がとても増えました♡
 2学期も残りわずかですが、みんなでたくさんの発見を見つけながら楽しみたいと思います!!


<きく2>
 より一層冬に近づき寒さもいよいよ本番を迎えましたが、子ども達は元気いっぱいに外で遊んでいます♡最近では他学年の子に混ざって氷鬼や、一緒に長縄に挑戦する様子等クラスの子以外の子とも一緒に長縄に挑戦する様子等、クラスの子以外の子とも一緒に遊んでいる様子を見られることが増えた様に感じます♪展覧会に向けて作品作りをすることが多かった11月。初めての感触にわくわくしながら作ったフォトフレーム、少し難しい吹き絵にも挑戦する等、作品作りを楽しみながら一生懸命に作っていました☆秋の製作のりんごちゃんとみかんちゃんは、ノリタケの森へ実際に行って拾ったどんぐりを使って製作を進め、季節をたっぷり感じて製作をすることが出来ました。ぜひお家でも飾ってみてくださいね♪
 展覧会が終わった今はクリスマスに向けた製作を行ったり、鍵盤ハーモニカを本格的に使いだしたりと様々な活動を行っています♡冬休みまで残りわずかですが、子ども達と楽しく過ごせるように頑張っていきます☆


<さくら1>
 11月の大きなイベントとして、展覧会・ひまわり祭がありました。さくら1組のみんなもこの展覧会に向けて、様々な作品作りを行いました。絵画の自分たちの顔を描く作品は一生懸命、自分の顔を鏡で見ながら描きました。鼻の形や肌の色は特に難しく子ども達も苦戦していました。紙粘土の作品では、粘土遊びをするような感覚でまるめたり、形を作ったりしました。色塗りは一つひとつ丁寧に塗ることを心掛けました。お弁当の後ろにいた自分たちも自分で作り、手も自分の手を紙にのせてなぞって形を作りました。共同制作の作品は、男女に分かれて作品作りをしました。男の子は柴田先生と一緒に、2組は伊藤先生と一緒に作品作りを行いました。どの作品も個性ある作品ばかりでとても素敵な展覧会になりました♡今は、クリスマスに向けてプレゼント作りをしています。
 お外では、縄跳びの練習も行っています。ぜひ、お家でも練習をして縄跳び大会では金メダルをゲットしましょう!!


<さくら2>
 展覧会も終わり、今年もあと1ヶ月となりました。日に日に寒さも厳しくなりますが、子どもたちは変わらず元気に遊んでいます!
 11月は、作品準備のため1、2組合同での保育でした。いつもとは違った雰囲気に子どもたちもより元気いっぱいになっていました。給食は園庭にブルーシートを敷いて食べたりと遠足気分も味わえて楽しかったようです♪1、2組別々になってからも、「今日は外で食べないの?」と言って名残惜しそうにしていました。
 最近の子どもたちは、友達同士の関わりも深くなってきています。室内遊びのときには皆で組体操の練習をしたり、自分たちでじゃんけん列車をしたりして楽しむ姿があります。
 先日の体育教室の縄跳の時には、跳べる子だけで競争したことで、“自分も跳べるグループに入りたい!”“次こそは1位になりたい!”と様々な気持ちを抱いていたようです。1月にはなわとび大会があるので、是非お家でも練習してみて下さい☆


<ききょう1>
 色とりどりの落ち葉や風の冷たさに、晩秋を感じる季節となりました。 10月の終わりから就学時健診に出掛けていった子どもたち。「どきどきしたよ!」「ちゃんと名前を言えたよ!」と楽しそうに小学校の話を聞かせてくれました。毎年この時期は、子どもたちの成長を嬉しく思うと同時に旅立ちの日が近付いている事を感じ、少し切なくなってしまいます。
 11月前半は展覧会準備のため1、2組合同で過ごしました。ききょう組全員が揃うととてもパワフル!大きな作品作りでは、それぞれ役割分担を自分たちで行い、作品を完成させていく姿がありました。「のり追加してくるね!」「こっちにもお願い!」「任せて!」など自分のことだけでなく、周りを見て臨機応変に動く子どもたちはとても頼りになりました!
作品作りの合間に秋の遠足では掘れなかったさつまいもを新聞紙で作り、砂場で「いもほり会」を行いました!予想以上の見つからなさで、みんなで大いに盛り上がりました♡
これからますます寒くなりますが、みんなと元気いっぱい楽しく過ごしていきたいと思います^ ^


<ききょう2>
 今年も残り1カ月になり、日が落ちるのもとても早くなりました。11月は、展覧会の製作を毎日頑張ってくれました。共同製作の部屋に飾られた宇宙飛行士はもちろん、ききょうさんにはあらゆるものを作ることに協力してもらい、素敵な宇宙の世界を作り上げることができました♪また、海の大きな生き物も、自分で何を作るか選び、絵や粘土でどう表現すればよいか考えながら作りました。写真を見て、立体にすることはとても難しかったですが、試行錯誤して一生懸命作り上げた作品はそれぞれが本物のようで驚きました。更に、みんなでそれぞれの生き物がどんな海で暮らしているか考え、あらゆる廃材などを使って表現しました。みんなで完成させた海の世界に大興奮♡おともだちと力を合わせて作り上げた作品は達成感も倍でしたね♪
 急に寒くなったこともあり、身体を動かしてあたたまるようにしています。その中でも、みんなでなわとびに励んでいます。途中でひっかかってしまい悔しい気持ちを感じたり、どんどん上達して喜びを感じたり、様々な子どもたちの姿がありますが、一生懸命練習を重ねる姿は本当にかっこいいです。なわとびコンクールまでまだ日にちがあるので、みんなでたくさん跳べるように頑張ろうね♪


同窓会

 今日は同窓会がありました。
 昨年度の卒園生とその兄弟姉妹が、西幼稚園に遊びに来てくれました。幼稚園時代に毎朝行っていた「おはようの歌」「ディズニー体操」を歌ったり踊ったりしました。最初は照れていた卒園生たちも、次第に幼稚園の時のようにかっこよく歌ったり踊ったりしました。
 園長先生からは、吉野源三郎の『君たちはどう生きるか』の本に関するお話があり、その後は園長先生の声かけに合わせて『西幼よい子のお約束』の唱和をみんなでしました。
 この日は園庭が使用できなかったので、講堂でレク「じゃんけん列車」「猛獣狩り」「嵐嵐大嵐」をしました。どのレクも大盛り上がりでした。
 最後に茶話会があり、お菓子を食べながらお友だちとの会話を大いに楽しみました。幼稚園に来て懐かしいお友だちや先生たちに会ったせいか、みんな名残惜しそうに帰って行きました。お母様にとっても同窓会のようで、久しぶりの再会を喜んでいらっしゃいました。
 立派な小学生に成長した卒園生たち皆さんの姿を見ることができ、先生たちも嬉しくなりましたよ。小学校でも西幼稚園の卒園生としての「自覚」と「誇り」を忘れず、勉強に運動に頑張ってくださいね。
 本日は、どうもありがとうございました。


才能教育発表会

 今日は、「才能教育発表会」がありました。
 ピアノ、合気道、ヴァイオリン、ビッキー英語、モダンダンス(バレエ)、ぴのきおスクールの「才能教育(課外教室)」に参加しているお友だちが、日ごろの練習や取り組みの成果を緊張しながらも堂々と披露しました。
 いつもの保育の時と違うお友だちの頑張っている姿を見て、見ている園児たちも「かっこいい!」「すごい!」などと言いながら、お友だちの良さを再発見し、大きな拍手を贈っていました。
 また、才能教育に通わせていらっしゃる保護者の方も見学され、お子様やお孫様の発表をハラハラドキドキしながら、そして無事発表が終わるとホッとした表情で優しく見守っていらっしゃる姿が印象的でした。
 発表した園児たちは、この会に向けて今まで練習してきたこと、そして大勢の人の前で披露・発表した経験は次へのステップに繋がったことでしょう。
 ご参加されました保護者様ありがとうございました。


展覧会作品鑑賞会

 今日は、展覧会の「作品鑑賞会」がありました。
 展覧会・ひまわり祭の時はお家の方といっしょに鑑賞しましたが、今日はクラスのお友だちといっしょに鑑賞しました。さくら(年中)組のお友だちが、ききょう(年長)組のお友だちの作品を見て「すごい!」「上手だね」「本物みたいだ」と言うと、「みんなも年長さんになったら、こんな作品を作るよ!」という担任の言葉に今からわくわくしているようでした。
 「ぼくの作品はこれだよ」「私の作品を撮って」と言って、カメラに向かってポーズをする子どもたちもいてカメラマンの方も大忙し。子どもたちは、お友だちの作品の素晴らしいところや上手なところを見つけながら、楽しい鑑賞会になりました。


展覧会・ひまわり祭

 さわやかな秋晴れのこの日、「展覧会・ひまわり祭」が開催されました。
 今年の共同製作のテーマは「宇宙旅行へ3・2・1・GO~西幼ロケットに乗って~」。日頃の絵画教室やなかよし交流タイム(異年齢保育)、保育の時に作ったさまざまな作品が展示されました。
 「星は全部でいくつあるのかな?」「宇宙人は本当にいるのかな?」など、子どもたちといっしょに考え、学びながら広い宇宙を作りあげました。
 なかよし交流タイム(異年齢保育)で作った星座や惑星を飾った会場を巡ると、まるで宇宙旅行をしている気分に!
 恒例の記念写真コーナーでは、宇宙人の園長先生やセーラームーンの先生たちのパネルで「ハイ、チーズ!」コックピットで操縦したり、シャトルに乗って写真を撮ったり、気分は宇宙飛行士でした。

 また、「名前のない絵」のコーナーは今年も好評でした。お家の方に我が子の作品を探して当ててもらうことを通して、子どもとのコミュニケーションや理解を深めるねらいで行っています。たくさんの作品を見比べながら、「どれだろう?、これかな?」と言いながら鑑賞する様子は微笑ましいものがありました。

 他にも、次の展示がありました。
○お絵かき(年長:名古屋城  年中:自分の顔  年少:にじいろのはな)
○紙粘土(年長:海の大きな生き物 年中:わくわく!うきうき!おべんとうづくり 年少:フォトフレーム)
○たんぽぽ教室(秋をみつけたよ)  ○書道教室や造形教室の作品  
○お絵かき「親子遠足・東山動物園(5月)、夏休み(8月)、秋の遠足・名古屋港水族館(10月)」
○絵画教室の作品(年長:名画の模写 年中:いろんないろで、にじのむこう)

 また、文化芸術親子体験教室「陶芸」では、親子で土をこねてロクロを回しながらお皿にして、それにいろんな模様や文字を描いて完成。焼き窯で仕上がった作品が今から楽しみですね♪
 園庭では、体操教室やサッカー教室のお友だちの発表も行われ、日ごろの練習の成果を披露できました。ポーズやシュートが決まる度に、見学者から拍手や「おー!」の声が起こり、園児も満足げでした。
 模擬店やゲーム・工作教室にも多くの方に参加いただきました。
 子どもたちならびにご家族の皆様と共に思い出深い秋の一日を過ごすことができ、園としても嬉しく思いました。

 ご来園いただきました皆様、お手伝いのお母様方、ひまわりの役員・准役員、ボランティアの学生の皆様、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。


10月誕生会

 今日は、10月生まれのお友だちの誕生会がありました。
 14人のお友だちは、舞台の上で緊張しながらも自分の名前、年齢、大きくなったらなりたいものを発表しました。男子はサッカー選手、女子はパティシエが多かったですね。
 みんなからの言葉と歌の贈り物をした後は、恒例の先生からのプレゼントがありました。
 今年はみんなが楽しみにしていた「いもほり遠足」が雨で行けなかったので、畑に植えてある野菜を当てながら掘り出す出し物でした。土から出ている葉っぱを見て、「これは何かな?」「にんじん!」「大根だ」と予想しながら、最後はみんなで「うんとこしょ、どっこいしょ」と言いながら一つひとつ掘り出しました。土の中からにんじんや大根が出てきたり、ジャガイモやサツマイモが出てきたりと様々な野菜を掘り出しながら、いもほり遠足の気分をちょっぴり味わいました。


保育参観

 10月24日(火)【年中】・25日(水)【年長】・30日(月)【年少】の3日間、保育参観がありました。
 お家の方に日頃の園児たちの活動[朝のお並び、体力アップ(西幼サーキット、かけあし)、日課、音感教育(ミュージックステップ)、心身統一など]をご覧いただきました。
 お家の方が参観していることで落ち着かないお友だちもいましたが、お家の方にかっこいいところを見せようと張り切る子が多かったようです。この参観を通して園の教育・保育内容と子どもたちが取り組んでいるふだんの様子をご覧いただけたと思います。
 3日間にわたる保育参観に多数ご来園いただきましてありがとうございました。


いちご動物園来園

 さわやかな秋空が広がった今日、移動動物園の『いちご動物園』がやってきました。
 子どもたちは、この日をとっても心待ちにしていました。ききょう(年長)組のお友だちは、にこにこ笑顔でポニーに乗って「はい、チーズ!」。お家の方も、お子様の嬉しそうな笑顔を熱心にビデオやカメラで撮影されていました。
 恒例のうさぎの「いちごちゃん」との楽しい会話と歌には、園児たちも保護者の方もいつものように大爆笑!!
 ヤギやモルモットなどの動物たちへの餌やりも体験しました。ニンジン・白菜・キャベツ・リンゴを動物たちに恐る恐る餌やりする子もいれば、怖がらずにできる子など子どもたちの様子もさまざまで面白かったです。
 また、犬の「あんちゃん」の見事なボールキャッチやフリスビーキャッチにも歓声とともに大きな拍手をしました。「あんちゃん」と競争したり、小動物を抱っこしたりと今日一日中、幼稚園には園児たちの笑顔と歓声がいっぱいでした。何より動物たちとのふれあいを通して、子どもたちは「命の大切さ」に気付くとともに、動物への「思いやり・優しい心」が育ちました。

 多数ご来園いただきました保護者、たんぽぽ教室、地域の皆様、本当にありがとうございました。


園外保育

 今日は、きく(年少)組のお友だちは、ノリタケの森へ園外保育にでかけました。
 久しぶりの秋晴れの日、お友だちと仲良く手をつないで展覧会で使うドングリを拾いに行きました。子どもたちは、「あ、たくさんあった!」「ドングリに帽子が付いているよ」などと言いながら、落ちているドングリを夢中になって拾い集めました。
 「先生、写真撮って」と言いながら、ドングリを両手で持ってポーズをするお友だちもいて、さわやかな秋のひとときを楽しんでいました。きくさんにとっては今日はちょっとしたミニ遠足でしたね。