1. トップページ
  2. にしよう日記

にしよう日記

園外保育

 今日は、園外保育に出かけました。
 初夏を思わせる陽気に誘われて、さくら(年中)は新道公園へ、ききょう(年長)組のお友だちは桜木公園まで行きました。園児たちは、それぞれ図鑑を持って、途中の道ばたや公園に咲いている草花を見ては「春」を見つけていきました。その後、公園の遊具で遊びました。新しい遊具や楽しい遊具に子どもたちは大喜び!
 新年度が始まり2週間が過ぎましたが、新しいクラスのお友だちとも仲良くなって少しずつ緊張もほぐれてきました。


こいのぼり写真撮影

 今日は、こいのぼり写真撮影がありました。ききょう(年長)組のお友だちは、こいのぼりと五月人形の前で写真撮影をしました。保育の時に作った「こいのぼり」と「兜」を付けてハイチーズ!写真を撮った後は、こいのぼりを持ってみんなで園庭を走り回りました。
 まもなく「こどもの日」がやってきますが、園児たちには武者やこいのぼりの鯉のように元気よくたくましく成長することを切に願っています。


才能教育説明会、きく給食試食会

 今日は、「才能教育説明会」と「きく給食試食会」がありました。
 「才能教育説明会」では、課外の各教室の先生方から活動内容などの紹介があり、参加された保護者様方は、熱心に耳を傾け、配布資料にも目を通していらっしゃいました。 
 その後は「きく給食試食会」。はじめに2社の給食業者の社長様から給食に関するお話を聞きました。「いただきます。」の後、きく(年少)さんは親子仲良くそれぞれの給食を食べました。大好きなお母さんといっしょに園児たちも楽しそうに食べていました。
 「ごちそうさま。」の後は、きく(年少)組の友だちは、お家の方と手をつないで嬉しそうに降園しました。


一日保育 給食開始

 今日から一日保育が始まり、子どもたちが楽しみにしていた給食も始まりました。
 子どもたちは、「いただきます」の歌とごあいさつをした後、美味しそうな給食にニコニコ笑顔!今日のメニューは「チャーハン、イカカツ、エビのフリッター、オレンジ」でした。
 きく(年少)組のお友だちは、幼稚園初めての給食にワクワク!みんな落ち着いて美味しそうに食べることができました。


対面式

 今日は、対面式がありました。
 きく(年少)組とさくら(年中)・ききょう(年長)組のお友だちが向き合って、みんなでごあいさつをしました。でも、はじめての幼稚園生活で「ママがいいよ~!」と大泣きしていたり、お部屋から飛び出して自由に遊びに行ったりするお友だちもいて本年度もいつもどおり賑やかなスタートになりました。


1学期始業式

 今日は、平成30年度1学期の始業式がありました。
 最初にみんなで園歌を歌い、みんなの元気な歌声が園庭に響きました。園長先生からは「新年は1月1日から、新年度は4月1日から始まり、本年度は平成30年度です。新年に目標を立てたように、新年度の始めに自分ががんばる目標を決めて、実現するように頑張りましょう」というお話に、園児たちは「はい!」と元気よく返事をしました。
 次の担任発表では、みんなわくわくドキドキ。発表されるたびに園児たちからは歓声があがりました。全員の先生の紹介、途中入園のお友だちの紹介が終わるとみんなで「よろしくお願いします」とごあいさつをしました。
 この一年間、たくさんの経験を通して、心も体も頭も大きく成長してほしいと思います。そして、たくさんの素敵な思い出を作っていきましょうね。

 保護者の皆様、本年度一年間どうぞよろしくお願いいたします。


第110回入園式

 春の暖かな陽気のこの日、第110回入園式が行われました。
 60人の新しいお友だちが、お家の方といっしょにニコニコ笑顔で登園しました。
 園長先生から新入園児たちへは「幼稚園では、遊んだり歌ったり運動したりと楽しいことがたくさんあります。明日から泣かないで笑顔で登園してくださいね。」、保護者の方には「人間形成の上でとても大切な幼児期、脳も2歳で60%、4歳で80%が出来上がる幼児期に関われる責任感と使命感を持って、教育・保育を進めていきます。」というお話がありました。
 次に、ひまわりの会(PTA)会長様からは、「入園おめでとうございます。幼児園での3年間はとても大きな成長が見られます。西幼稚園では、さまざまなカリキュラムや縦割り保育なども取り入れながら子どもたちの成長を見守ってくださるので安心してください。」といったお祝いの言葉をいただきました。
 ききょう(年長)組の代表園児による言葉と歌の発表もあり、新入園児のみんなはじっと聞いていました。
 式後、担任紹介とクラス写真撮影がありました。少し大きめの真新しい制服に身を包み、どの子もちょっぴり緊張しながらも新しい園生活に期待に胸をふくらませていました。
 新入園児のみなさん、ニコニコ笑顔で登園してくださいね。みんなを心から待っていますよ!

 本日、入園された保護者の皆様、誠におめでとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


3月 クラスの子どもたち

<きく1>
 あっという間に3月となり、とうとう一年最後の月となってしまいました。生活発表会を終えてからの子どもたちは、少しずつクラスという仲間の存在意識が芽生えはじめ、行動も今までよりぐんと早くなりお友だち同士での関わりがとても多くなりました♪そしてお別れ会や年度の最後の行事を楽しむ姿を見て「お別れ」ということを意識すると共に、新しいきくさんがやってくるという理解もできたように感じます。きく1組のクラスとしての活動は最後まで元気いっぱいでした!!ゲームを楽しんだり最終日は講堂で2組さんと一緒に集団遊びをし、お弁当もみんなで食べ、最高の笑顔でした☆
 この一年で本当に「たくさん成長したな」と実感することばかりでした。きく1組が終わってしまうことが何より寂しく離れたくない気持ちが大きいですが、みんなとたくさんの経験ができ、私は毎日幸せでした☆本当にみんなのことが大好きです(^^)今後ともどのクラスとなっても、ずっとずっと応援しています☆
 保護者の皆様にも温かく見守って頂き感謝の気持ちでいっぱいです。一年間ありがとうございました!


<きく2>
 3月に入り暖かい日も増えてきたこの頃。厳しい寒さも終わり、園庭では子どもたちも元気いっぱいに遊んでいます(^^)
 生活発表会も終わり、「練習したい!」と言ってくれる子が多く、子どもたちにとって発表会が楽しい思い出になったと感じています♪初めての大きな舞台に立ってドキドキ緊張をしたり、「たくさんの方に見てもらえて嬉しい!」と感じたりと子どもによって感じたものは様々ですが、この発表会を通して自信を持てるきっかけになったと思います☆
 そんな発表会も終わり3月の一大イベントのひなまつり会にも参加しました(^^)おひなさまについて知ったり楽しく歌を歌ったりと、とても楽しめていました☆
 例年とは違い、なかよし交流デーも同時に行い、給食やカルピスもお兄さんお姉さんと共に食べたりするなど、異年齢で少し深く関わることができ、「楽しかった!」と報告をしてくれる子もたくさんいました☆またお家でお話を聞いてみてくださいね(^^)
 至らぬ担任でご迷惑をおかけしたこともあったと思いますが、保護者の皆様もいつも温かく見守って頂き誠にありがとうございました。


<さくら1>
 長いようで短かった1年が終わりました。
 この1年間でたくさん成長することができたさくら1組のみんな。運動会では、旗やパラバルーンを使って自分たちだけで踊りました。
 展覧会では、自分たちで形を作ってお弁当を作ったり、鏡を見ながら自分の顔を描いたりしました。生活発表会では、男の子はかっこよく、女の子は可愛く踊りました。
 普段の保育では、できなかったなわとびや鉄棒ができるようになり、難しいミュージックステップにも一生懸命取り組みました。特に、さくら1組の子はお友達に優しくできる子がとても多く、大きな喧嘩やいざこざが起きることなくみんな仲良く過ごすことができました。3月の終わりには、みんなで新道公園に行き、いい思い出もできました。この1年間、どんな時も笑顔を忘れず楽しんで過ごすことができました。これも毎日子どもたちが元気に笑顔で幼稚園に来てくれたおかげです。
 至らぬ担任でご迷惑をおかけしたこともあったと思いますが、一年間、見守っていただきありがとうございました。


<さくら2>
 あっという間に3月も過ぎ、さくら組での一年が終わってしまいました。3月は、ひなまつり会となかよし交流dayがありました。一日なかよし交流のグループで過ごすことが新鮮で、また他学年の子とたくさん関われたことが楽しかったようです。
 15日にはお別れ会があり、いろいろな出し物に子どもたちも興奮して、笑顔がいっぱい見えました♪他にも、さくらさんで公園へ行ったり、ききょうさんに向けて楽器を触れに行ったり…。とっても楽しい時間を過ごすことができました。
 4月当初はまだまだ小さかった子どもたち。1つの行事を終えるたびにたくましく成長していきましたね。今年度で転園してしまうお友だちに「最後の日たくさん遊ぼうね!」など声を掛けている姿を見て、子どもたち同士の関わりが濃くなったことも感じました。
 次の4月からはついに年長さん!みんなならとっても素敵な年長さんになれるよ。応援しています☆
 保護者の皆様もいつも温かく見守って頂き、たくさん声を掛けてくださり嬉しかったです。1年間ありがとうございました。


<ききょう1>
 3月17日に無事卒園式を迎えたききょう組の子ども達。みんなの堂々とした姿は本当に素晴らしく、4月の進級当初、緊張した表情で座っていた子ども達の姿はもうそこにはなく嬉しくもさみしくもありました。
この一年間、子ども達には「学ぶ事、考える事の楽しさ」を知って欲しいと保育してきました。ききょう1組は自分の好きな物を追求している子が多く、子ども達の知識に驚かされることも多々ありました。進級当初は自分の知識を話したくてたまらなかった子ども達が、みんなの意見を聞く事でもっと面白くなる事を学んでくれました。また、間違える事を不安に思い、なかなか発言できなかった子ども達も、みんなの考えを受け入れる事で「正解は一つではないこと」を知ってくれました。私が質問ばかりするので「また?!」と、言われることもありましたが(笑)「友達の考えを面白い!」と、受け入れ広げられるようになった子ども達はとても素敵で、みんなで笑い合う時間が大好きでした。
これから先、子ども達はいろいろな悩みや壁に立ち止まる事もあると思いますが、たくさんの意見を聞き、自分なりの答えをきっと見つけてくれると信じています。
 年長という大切な一年を担任させていただけて、本当に幸せで感謝の気持ちでいっぱいです。また、是非子ども達の姿をお話ししにいらして下さいね^ ^お待ちしております♡


<ききょう2>
 3月17日に無事ききょう組の54人のお友達が卒園しました。発表会から卒園まであっという間で、卒園式の練習を頑張りながらも、楽しい思い出作りもしてきました。お別れ会や桜木公園への園外保育、他にも教室でわいわいはしゃいだり…発表会を終えてから更に子どもたちの仲や絆が深まり、みんなでいる時間が楽しすぎて時間が止まってほしいと感じるほどでした。「小学校も楽しみだけど、もっと幼稚園にいたい!」と別れを惜しむ子どもたちと話しながら一緒に泣いたことももう懐かしいです。
卒園式での練習は、本番が近づくにつれて緊張しながらも、かっこいい姿を見せようとやる気に満ち溢れていて、きくさんからのみんなの成長が蘇り、何度も目頭が熱くなりました。この一年は、もちろん大変なこと、難しいこともあったと思いますが、「子どもたちの力は偉大だな」と思うほどに行事では毎回見事な姿を見せてくれました。そんな行事の練習や日々の生活では、いろんなことを感じ、考えながら成長していく子どもたちから学ぶことも多く、私のパワーの源でもありました。毎日一緒にいろんなことを乗り越え、できた喜びを共有したり、一緒になってふざけたり、「あいり先生忘れんぼう~!」と言って助けてくれたり、たくさんの笑顔、ハグ、大好きの言葉をくれたり本当に本当に幸せな事ばかりで、あの時の自分が羨ましいくらいです。
たんぽぽさん、きくさんからずっと子どもたちの成長をこんなに近くで携われたこと、本当に嬉しく思います。そして、保護者の皆様今まであたたかく見守ってくださりありがとうございました。子どもたち、保護者の方の応援の言葉を胸に私も新たな場所で頑張りたいと思います。遠くからにはなりますが、子どもたちの成長をずっと応援しています。そして、また会える日を楽しみにしています♡本当にありがとうございました。


第6回幼児文化芸術祭

 今日は、モリコロパークにて開催された「第6回幼児文化芸術祭」に参加しました。
 (財)幼児文化芸術協会加盟園の年長組のお友だちが、ラデッキー行進曲にてレッドカーペットを行進して入場した後、トランペットのファンファーレが鳴り響き、厳かに始まりました。
 最初は、世界最古のオーケストラとも言われる日本の伝統音楽「雅楽」です。男の子の龍と女の子の龍が楽しく舞う様子に会場は「雅」な世界に包まれました。
 次のバンド演奏では、軽快なメロディーが今度は会場の雰囲気を一気に明るくしました。
 続いてのラテンダンスを楽しんだ後、日本の伝統文化でもある日本舞踊(西川流)が披露されました。「さくらさくら」などの曲に合わせて着物に身を包み扇子を持って優雅に踊る女性の姿から、本格的な春の到来を感じました。
 その後、年中の親子によるキッズ舞踏会(親子ダンス)と続き、いよいよ年長園児や保護者様、合唱団によるクライマックスの第九コンサート!
 園児と保護者による『希望の歌~交響曲第九番~』で始まり、プロのソリストと合唱団によるベートーベン『第九』の発表へと続きました。7園の園児たちと保護者、ソリストや合唱団の素晴らしい歌声が会場いっぱいに響き渡り、今回も感動的な発表になりました。アンコールではフロアの年少・年中園児や保護者の全員が総立ちになって、もう一度『希望の歌~交響曲第九番~』を歌いました。
 歌い終わった園児たちは、その後も家族とともに「モリコロパーク春まつり」に参加されて、思い出作りができたようです。
 当日は、本格的な春の到来を感じさせるポカポカ陽気でした。ご参加くださいました保護者の皆様、誠にありがとうございました。


修了式・離任式

 今日は「修了式」がありました。みんなで園歌を歌った後、園長先生からはアンビグラムの文字を使って「卒園式でもお話しした内容ですが、生まれ持った才能を努力によってますます磨きを掛けて、みんなのため・自分のために発揮できる人になりましょう。」というお話に子どもたちは大きな声で「はい!」と返事をしました。
 その後、今までお世話になった先生とのお別れの「離任式」を行いました。お友だちから花束を受け取った先生は、とても嬉しそうでした。次に転勤・転居で転園するお友だちとお別れをしました。「お元気で、さようなら。」の言葉に、転園する園児は笑顔でしたが、みんなと別れるのがちょっぴり寂しそうでした。

 保護者の皆様、今年度1年間ご支援ご協力いただきまして誠にありがとうございました。来年度もよろしくお願いします。


第109回卒園式

 今日は、第109回卒園式が厳粛に行われました。
 卒園証書授与ではピアノとバイオリンの生演奏による名曲『カノン』などが流れる中、名前を呼ばれた卒園児たちは元気に返事をして、誇らしげに堂々とした態度で証書を受け取りました。その証書を卒園児から感謝の言葉を添えて手渡された保護者の方々は、目頭を押さえ涙ぐんでいらっしゃいました。
 園長先生からは、逆さにすると別の漢字に見える『アンビグラム』の文字「才能」と「努力」から、「生まれ持った才能を努力によってさらに磨きを掛け、みんなのため・社会のため・自分のために発揮して下さい」というお話でした。ひまわりの会長様からは、卒園児に向けてお祝いと励ましの言葉を頂きました。卒園児たちは、終始ビシッとした姿勢で真剣に聞いていました。 
 式後は、恒例となっている担任からの卒園児一人ひとりへのメッセージスライド上映と、『西幼の思い出』『西幼で学んだこと がんばったこと』『園長先生からのメッセージ』のスライド・ビデオ上映でした。卒園児や保護者の皆さんは、楽しかった幼稚園生活を振り返りながら、なつかしそうに時には涙を流しながらご覧になっていらっしゃいました。

 午後は、謝恩会でした。今回は、まずミニオンズたちによるオープニングで始まり、アメリカのトランプ大統領がスペシャルゲストとして映像のメッセージがあり、会場は一気に楽しい雰囲気に包まれました。歓談も時間制で先生たちがローテーションで移動し、その間の話題もくじ引きで決めるという趣向を凝らした演出に、参加者みんな大いに楽しんでいました。
 他にも、先生たちの赤ちゃんや子どもの頃の写真を見て答えるクイズ『西幼ふしぎ発見』がありました。チームごとに競い、正解だったチームには景品がもらえるというので、どのチームもやる気満々、興奮状態に!!
 花束や記念品贈呈、先生たちからの言葉など、しんみりする場面もありましたが、終始和やかで本当に楽しい雰囲気の謝恩会で、あっという間に時間が過ぎました。
 今日、最高の「笑顔」で慣れ親しんだ西幼稚園を立派に巣立っていった卒園児の皆さん。西幼で学んだことをこれからも実践して、自信をもって歩んでいってください。皆さんの頑張りと活躍を大いに期待しています。そして、また「笑顔」で幼稚園に遊びに来てくださいね。

 最後に、ききょう保護者の皆様。今までのご支援ご協力に心より感謝申し上げます。皆様のお陰で、本日の卒園式ならびに謝恩会という素晴らしい思い出ができました。お子様のご活躍ならびにご家族の皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。ありがとうございました。


お別れ会

 今日は「お別れ会」がありました。
 園長先生のあいさつが終わるとすぐに園長先生によく似た中国から来たというマジシャンが登場!!子どもたちも大喜び。
 マジシャンによるスプーンが瞬時にフォークに変わったり、みんなで「テジナーニャ」と言うと、フォークが今度はぐにゃぐにゃに変形!他にはおなじみのチャイナリングやコインがコップを通り抜けるマジック、風船に剣を刺しても割れないマジックが披露されました。そして、最後はお友だちに選んでもらったトランプに赤のマジックで印を付けて、みんなで呪文を唱えると・・・。何とトランプが一番上に来たと思えば、さらには黒い箱に入っているペットボトルの中に入ってしまいました。
 子どもたちや先生たちも不思議な現象に驚いたり、笑ったりして会場は大興奮!!
 次は、先生からの「西幼クイズ」がありました。西幼稚園に関係するクイズで○×で答えるものでした。これまた園長先生によく似たロボット博士が登場し、クイズの正解を答えました。5問全問正解のお友だちは、西幼クイズ王として万歳をしました。
 その後、先生たち全員による『西幼思い出のアルバム』の器楽合奏と歌唱でした。ピアノ・鉄琴・木琴・小太鼓・ハーモニカなどのメロディーに合わせて、舞台上のスクリーンには3年間の写真が投影され、その写真を見ながら笑ったり懐かしがったりしていました。
 そして、きく(年少)組、さくら(年中)組のお友だちみんなからききょう(年長)組のお友だちにお祝いの言葉と歌を、ききょう(年長)組のお友だちからもそれぞれ言葉と歌のプレゼントをしました。
 それからいよいよお楽しみのお弁当タイムです。なかよし交流タイムのクラスごとに分かれてお家の方の愛情弁当、お家の方の力作デコ弁やキャラ弁を美味しそうに食べていました。
 最後は、『園歌』と『希望の歌~交響曲第九番~』をみんなで声高らかに歌いました。
 大いに盛り上がったお別れ会に子どもたちも大満足の様子でした。

 今日は春の訪れを感じさせるポカポカ陽気で、一日中「子どもたちの笑顔」の花がいっぱい咲き、楽しそうな歓声が幼稚園に響き渡っていました。同時に今までやさしくしてくれたききょうさんへの「ありがとう!」という感謝の気持ちと温かな思いが幼稚園中に広がっていました。


ききょう園外保育

 今日は、ききょう(年長)組の園外保育で桜木公園にでかけました。
 この日は春らしいポカポカ陽気で子どもたちもワクワクでした。公園では、富士山や回転遊具、ブランコや大型遊具などで遊び、どの子も笑顔がはじけていました!
 行き帰りもすれ違う人たちに元気よく「こんにちは!」と言う園児たちの声に「可愛いわね!」と目を細めていらっしゃいました。ききょうさんたちは、卒園前にまた一つ楽しい思い出ができましたね。


防災避難訓練

 今日は、本年度最後の「防災避難訓練」がありました。
 園児たちは、緊急地震速報装置が作動すると冷静に先生の指示に従って机の下に隠れ、すばやく防災頭巾を着用しました。
 「津波警報」が発令された想定で園児たちは3階の多目的室に避難しました。
 最初、全員で黙祷を行い被災者の冥福を祈りました。
 その後、副園長先生からは、「津波警報が出たら、できるだけ高い場所に逃げましょう。」といった話や、係の先生からは東京で被災した時の詳しい状況のお話がありました。電柱が倒れ、電車も動かない状況の中で体験した地震の怖さを子どもたちは真剣な表情で聞いていました。そして、地震が起こった時の対応やふだんからの備えの大切さをみんなで確認しました。
 未曾有の被害をもたらした「東日本大震災」から早7年、大きな傷跡を残したこの大震災。津波で流された母親を「お母さーん!」と海に向かって泣き叫んでいた少女たちのニュース映像を今でも忘れることはできません。
 3月11日は、我が国にとって忘れてはいけない「東日本大震災」を決して風化させることなく語り継いでいくとともに、教訓として来たるべき大地震の備えを進めていこうと誓う日でもありました。


3月誕生会

 今日は3月生まれのお友だちの誕生会がありました。
 今月は、なんと!21人のお友だちが舞台に上がりました。一人ずつ名前と年齢、大きくなったらなりたいものを発表しました。大勢のお友だちを前にしてちょっぴり緊張気味のお友だちが多かったように思います。
 歌と言葉のプレゼントの後は、恒例の先生からのプレゼント。今回は「春を見つけよう」というペープサートです。
 クマ君が、森に入って土筆(つくし)やチョウチョウ、モグラやミツバチたちと出会って「春」を見つける内容でした。子どもたちは、お話を聞きながら春を楽しみにしているようで、会場にもポカポカ春がやってきたようでした。