1. トップページ
  2. にしよう日記

にしよう日記

ピアノ教室クリスマスコンサート

 今日は、課外のピアノ教室主催の「クリスマスコンサート」が中川文化小劇場でありました。
 教室のお友だち(幼稚園児から小中学生)は、ふだんの練習の成果を十分に発揮していました。クラシックの名曲からディズニーやアニメ・映画音楽、クリスマスソングなど曲目も多彩で、会場の皆さんもしっかり聴き入っていました。
 男の子はいつもよりかっこよく着飾り、女の子は素敵なドレスを着て、緊張しながらも礼儀正しく演奏する姿をお家の方もやさしく嬉しそうに見守っていらっしゃいました。
 また、兄弟姉妹や親子による連弾のファミリーステージもあり、微笑ましい空気が会場を包みました。お父様やお母様といっしょにピアノを演奏する子どもも嬉しそうでした。楽器もピアノに限らずバイオリン、チェロ、フルート、サックスとバラエティーに富み、華やかな時間が流れました。最後は、映画『ドラえもん のび太の宝島』主題歌でもある星野源の曲をみんなで歌い、会場が一気に楽しく盛り上がりました!
 ピアノ教室のお友だちもみんな昨年よりもレベルアップして、とても聴き応えのあるクリスマスコンサートでした。


12月誕生会

 今日は、12月生まれのお友だちの誕生会がありました。
 18人のお友だちは、舞台の上で自分の名前、年齢、大きくなったらなりたいものを発表しました。今月は仮面ライダープリキュアなどのヒーロー・ヒロインよりもパイロット、宇宙飛行士、オリンピック選手、ケーキ屋さんなど具体的な職業が多いように感じました。そして、園児たちは、誕生月のお友だちを言葉と歌で祝福しました。
 恒例の先生からのプレゼントは、「笠地蔵」の名作シアターでした。
 おじいさんが笠を売りに出かけますが、さっぱり売れません。帰り道に雪が積もったお地蔵様のを通った時に、心優しいおじいさんは、自分の笠と売れ残った笠すべてをお地蔵さんにあげてしまします。その夜、おじいさんとおばあさんが家の入り口にたくさんの食べ物やお金が置いてあるというみんながよく知っているお話です。
 他人に優しくすることによって回りまわって自分のところに良いことがやって来るという教訓ですが、よい子のみんなは日頃からお友だちや周りの人に優しくしているから、きっとサンタさんからのプレゼントやお正月のお年玉などいっぱい良いことがあることでしょう。


体験入園

 今日は「体験入園」がありました。来年度入園予定のたくさんのお友だちが、遊びに来てくれました。園長先生のあいさつの時には、パッくんが特別出演して幼稚園でやることや楽しいことを話してくれました。
 その他、リトミックでいろんな動物に変身したり、たんぽぽ教室で行っているリズム遊びや手遊びをしたり、クリスマスに関するパネルシアターを見たりして保育を楽しみました。
 親子面接では、大きな声で名前など言えるお友だち、恥ずかしがってもじもじしているお友だちなどさまざまで微笑ましかったです。
 来年の4月、桜が咲く季節になったら新しいピカピカの制服を着て、ピカピカ笑顔で幼稚園に来てくださいね。教職員一同、心からお待ちしています。
 ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。


クリスマスツリー飾り付け

 今日は、ききょう(年長)組のお友だちによるクリスマスツリー飾り付けをしました。
 ききょう組のお友だちは、オーナメントなどを2本のツリーに楽しそうに飾り付けをしました。飾り付けが完成したらみんなで「メリークリスマス!」と言って集合写真を撮りました。
 ツリーを飾って幼稚園にも一気にクリスマスの雰囲気が出て、園児たちもクリスマスが待ち遠しいようでした。よい子の園児たちにサンタさんからどんな素敵なプレゼントが届くかな?今からとても楽しみですね。


11月 クラスの子どもたち

<きく1>
 少しずつ寒さが増し、冬らしくなってきた今日この頃。お部屋では咳をしたり、鼻水が出てきたりする子が増えてきたように思います。その中で、まだまだ半袖で登園する元気いっぱいな子もいます(笑)これからさらに寒さが増し、風邪を引きやすい時期になりますので、手洗いうがいをしっかりするようお家でも声をかけてあげてください。
 さて今月の16日までは「展覧会・ひまわり祭」に向けて切ったり貼ったりとさまざまな製作を行いました。こうした経験を通して、少しずつ製作も上手に作ることができるようになったと感じます。お部屋では、ジャンケン列車がブームで、時間ができた時にはジャンケン列車をして楽しんでいます。
 そして、今子どもたちが一番楽しみにしているのがお当番さんをやることです。お当番さんは給食の時に先生の代わりに給食を配る係ですが、その係になるのを毎日楽しみにしています。そんな毎日、いろいろなことを楽しんでいるきく1組さんのみんな。今年も残りわずかですが、さらにみんなで楽しんでいきたいと思います。


<きく2>
 11月に入り、日に日に肌寒くなってきましたが、きく2組のお友達は元気よくお外で遊んでいます。先日、「展覧会・ひまわり祭」がありました。普段使わない絵の具や紙粘土の感触を楽しみながら作ったフォトフレーム。自分の好きな色を選び、スポンジで伸ばすことで起こる色の変化に驚きながら作り上げた絵画。どの作品も個性があふれ、とても素敵でした♡「今日は何をするの?」と毎日ウキウキで製作を行うことができました。真剣にハサミに取り組む姿や楽しそうに手形をペタペタする姿など、様々な表情を見せてくれました。
 最近では、困っていたり泣いている子がいると声をかけてあげる子や、お腹を痛そうにしている子に何人も集まって心配そうにする姿など、お友達を思いやる子が増えてきています。みんなの優しさに、私も見ていてとても嬉しい気持ちになっています♡もう少しで冬休みに入ってしまいますが、残りの1か月も子どもたちと楽しく過ごしていきたいと思います。


<さくら1>
 日中のぽかぽかとしたお日さまがより温かく感じられる程、朝晩の冷え込みに晩秋の気配が深まる頃となりました。 楽しみにしてきた展覧会。飾られた自分の作った作品を、お家の人に説明している姿がとても微笑ましく感じました^ ^
展覧会の準備にあたり、1組2組合同クラスで10日間一緒に過ごしてきました。みんなで協力して大きな作品を完成させたり、江西公園でお給食をみんなで食べたりと、賑やかで楽しい時間でした♩また、お互いの事を意識する事で返事の声の大きさを競ったり、履き物をより丁寧に並べるなど切磋琢磨する姿もありました!
最近では、3学期の縄跳び大会に向けて縄跳びの練習を本格的に始めました。「まだ難しい」と、今まで挑戦しなかった子ども達も、上手な子の跳ぶ姿に刺激され自分から練習する姿があります。「先生、上手になってきたから見て!」という前向きな言葉が増え、とても嬉しいです♡連続でたくさん跳べるようになるまでは根気がいりますが、是非お家でも一緒に練習し、頑張っている事をたくさんたくさん褒めてあげて下さい^ ^


<さくら2>
 日に日に寒さを増す季節となってきました。紅葉の葉も色づき、一段と秋が感じられますね♪天気のいい日は暖かく、外で遊ぶ日も多く、最近の子どもたちはごっこ遊びから集団遊びへと変わり始めています。氷鬼などのルールのある遊びも積極的に参加する子が多く、その都度お友達にルールを教え合いながら日々成長しています♪
 また縄跳びの練習を始め、きく組のころは応援だったのに対し今年は全員出番があるため、今からやる気を持ち始めている子がたくさんです♡まだまだ練習中の子も、上手な子を見て刺激を受け自由遊びで自ら縄跳びを持ってくる姿も見られ、私も本番まで一緒に頑張りたいと思っています♪
 そして、展覧会では細かな作業や少し頭を使う物もたくさん工夫して、とても個性的で素敵な作品を仕上げることができました♡準備のために一週間ほど1・2組の合同クラスとなり、人数の多さに喜びながらもお互い刺激され合う部分や、また譲り合う気持ちを再確認できる良い機会となりました。
 2学期も残りわずかですが、寒さをふきとばす勢いで楽しみたいと思います♡


<ききょう1>
 例年よりは暖かいとは思いますが、朝晩の冷え込みが少しずつ辛い季節になってきています。それでも子ども達はとても元気で、これからの寒さも乗り越えられるようなパワーを分けてくれています。
 11月は「展覧会」があり自分たちの作品作りはもちろんのこと、共同製作の部屋の飾り等も毎日意欲的に手伝って作り上げてくれました。おかげさまでとっても楽しくとっても素敵なN700系の世界が出来上がりました♡また、テキパキと作品づくりにも参加してくれたため、とてもスムーズに作品が完成し、ノリタケの森でゆったりする一日もつくれてみんなでボール遊び、ドッヂボールなどで楽しむことができました。
 ちょっと難しかった名古屋城の絵も「写生会」ということで“ききょう組でしかない行事”を満喫していました。また紙粘土作品では自分で考えたモンスターを作るということで「ここはトゲトゲがいいなー♪」「ここはハートにする♪」等、各々で素敵なアイディアを上手に形にしていました。体が大きくなり少し狭いけれど、この時期の数日しか味わえない1組2組合同クラスにも喜び、クラスだけではなく学年で同じ思いを形に表す、素敵すぎる展覧会となりました♡
 ここからは年末に向けて「クリスマス会」や大掃除等、しっかり季節を味わって日々を過ごしたいと思います♡


<ききょう2>
 展覧会の作品づくりをたくさん行った11月。紙粘土のモンスター作りでは、「このモンスターはリボンが好きだから可愛くする!」「尻尾を長くしてみる!」と、それぞれ自由な発想で楽しく進めることができました。名古屋城の絵は難しくて苦戦していましたが、諦めずに頑張ってくれて素敵な作品が出来上がりましたね♪
 展覧会当日も子どもたちがお家の方を自慢気に案内して、みなさんの楽しそうな姿が見られてよかったです☆
 そして、製作の合間には卒園アルバムの寄せ書き、表紙描きを行いました。それぞれ幼稚園での思い出を振り返り、一番楽しかったこと、小学生に向けてこれから頑張りたいことを書いていました。あと数ヶ月で卒園してしまうのかと考えると寂しくなってしまいますが、今まで以上に笑って過ごせるようききょう2組の皆と仲良く楽しくしていきます♡
 今年も残り1か月ですが、12月にはみんな大好きな「クリスマス会」も待っているので、子どもたちとサンタさんに会えるのを楽しみに過ごしていきます☆


才能教育発表会

 今日は、「才能教育発表会」がありました。
 ピアノ、合気道、ヴァイオリン、ビッキー英語、モダンダンス(バレエ)、ぴのきおスクールの「才能教育(課外教室)」に参加しているお友だちが、日ごろの練習や取り組みの成果を緊張しながらも堂々と披露しました。
 いつもの保育の時と違うお友だちの頑張っている姿を見て、見ている園児たちも「かっこいい!」「かわいい!!」などと言いながら、お友だちの良さを再発見し、大きな拍手を贈っていました。
 また、才能教育に通わせていらっしゃる保護者の方も見学され、お子様やお孫様の発表をハラハラドキドキしながら、そして無事発表が終わるとホッとした表情で優しく見守っていらっしゃる姿が印象的でした。
 発表した園児たちは、この会に向けて今まで練習してきたこと、そして大勢の人の前で披露・発表した経験は次へのステップに繋がったことでしょう。
 ご参加されました保護者様ありがとうございました。


幼小交流会

 今日、ききょう(年長)組のお友だちは、学区のなごや小学校を訪れ、1年生との交流会に参加しました。
 1年生のお兄さん・お姉さんたちが、公園で拾ってきたどんぐりや葉っぱなどで作ったおもちゃ(こま、釣り、ボーリングなど)で園児たちは、楽しく仲良く遊びました。
 遊んだ後は、小学生と手をつないで校内探検に出かけました。園児たちはピカピカの教室や広い廊下・教室に驚きながら探検していました。探検中は小学生のお兄さん・お姉さんたちが、静かに集中して授業を受けている様子を見て、「すごいね」と言う声も聞こえてきました。
 短い時間の幼小交流会でしたが、4月から始まる小学校生活への期待に胸をふくらませている園児たちの笑顔はキラキラ輝いていました。


同窓会

 今日は同窓会がありました。
 昨年度ききょう(年長)組の卒園生が、西幼稚園に遊びに来てくれました。幼稚園時代に毎朝行っていた「おはようの歌」「ディズニー体操」を歌ったり踊ったりしました。最初は照れていた卒園生たちも、だんだんと幼稚園の時のようにかっこよく踊りました。
 園長先生からは、先週行われた「なごや小学校」の学芸会での頑張りについてお褒めの言葉がありました。また、楽しい小学校生活を送るために、先生を尊敬することや先生の話の聞き方、友達を大切にすることやいじめはいけないことなど、道徳教本の人間関係に関する話があり、卒園生たちもしっかり聞いていました。そして、園長先生の声かけに合わせて『西幼よい子のお約束』をみんなで唱和しました。
 その後は園庭でドッチボールをしたり、講堂でレク「嵐嵐大嵐」などをしたりして盛り上がりました。
 最後に茶話会があり、お菓子を食べながらお友だちとの会話を大いに楽しみました。幼稚園に来て懐かしいお友だちや先生たちに会ったせいか、みんな名残惜しそうに帰って行きました。お母様にとっても同窓会のようで、久しぶりの再会を喜んでいらっしゃいました。
 立派な小学生に成長した卒園生たち皆さんの姿を見ることができ、先生たちも嬉しくなりましたよ。小学校でも西幼稚園の卒園生としての「自覚」と「誇り」を忘れず、勉強に運動に頑張ってくださいね。
 本日は、どうもありがとうございました。


11月誕生会

 今日は11月生まれのお友だちの誕生会がありました。9人のお友だちは舞台の上で自分の名前、年齢、大きくなったらなりたいものを発表しました。緊張しながらも頑張って発表する姿がとてもステキでした。
 ききょう(年長)組は、毎回お家の方からの手紙を紹介します。今回もお家の方から愛情いっぱいの手紙に、ききょうのお友だちも嬉しそうで、それを見ているみんなも温かな気持ちになりました。みんなで祝福の歌と言葉のプレゼントをした後、子どもたちが楽しみにしている先生からのプレゼントです。
 今回は、「どろろん!忍者学校」というパネルシアターでした。青忍者・赤忍者・黄忍者のなかよし忍者3人組は、今日も忍術の特訓中です。立派な忍者を目指すために、「へんしんの術」で強〜いものにどろんと変身!?でも、まだまだ修行が足らないのか、強いものに変身できない3人。そんな3人が見つけたのは、伝説の巻き物のありかが描かれたなぞの地図。おまけに妖しい黒忍者があらわれて、忍術対決をいどんできました。最後は、子どもたちのパワーも借りながら黒忍者の「隠れ身の術」を見破って、伝説の巻物を手に入れた3人でした。
 子どもたちが忍者になりきって忍術をかける姿は、何とも微笑ましく思いました。


展覧会作品鑑賞会

 今日は、展覧会の「作品鑑賞会」がありました。
 昨日の「展覧会・ひまわり祭」ではお家の方といっしょに鑑賞しましたが、今日はクラスのお友だちといっしょに鑑賞しました。子どもたちはお友だちの作品の良いところや素晴らしいところを見つけながら楽しく鑑賞しました。きく(年少)・さくら(年中)組のお友だちが、ききょう(年長)組のお友だちの作品を見て「すごいね~!」「上手だね」という言葉があちこちから聞こえてきました。「みんなも年長さんになったら、名古屋城を描くよ!」という担任の言葉に今からわくわくしているようでした。
 共同製作の部屋では、コスプレの衣装を着て写真を撮影してもらい本当に嬉しそうでした。「ぼくの作品はこれだよ」「私の作品を撮って」と言って、カメラに向かってポーズをする子どもたちもいてカメラマンの方も大忙しでした。
 1学期からの作品製作ならびに鑑賞を通して、それぞれの「個性を認める心」やお友だちと協力して製作した「連帯感や仲間意識」が育ったようで嬉しく感じました。


展覧会・ひまわり祭

 今日は、「展覧会・ひまわり祭」がありました。今年の共同製作のテーマは「はしる!新幹線『のぞみ』」です。日頃の絵画教室やなかよし交流タイム(異年齢保育)、保育の時に作ったさまざまな作品が展示されました。
 名古屋の街でよく見かける東海道新幹線N700系「のぞみ」。最高時速270キロで走る「のぞみ」の秘密や新幹線から見える日本の名所、停車駅の名所を子どもたちと学びながら作り上げました。
 「マナカ」に模した「ニシカ」を自動改札で「ピッ!」と通って「のぞみ」の車内に!運転士が「のぞみ」を操縦して270キロの世界を体感するブースやコスプレするブースなどがあり、子どもたちも楽しそうに目を輝かせていました。なかよし交流タイム(異年齢保育)で作った各地の名所や特産品を飾った会場を巡ると、まるで東京から新大阪まで旅行をしている気分になりました!
 また、「名前のない絵」のコーナーは今年も好評でした。お家の方に我が子の作品を探して当ててもらうことを通して、子どもとのコミュニケーションや理解を深めるねらいで行っています。たくさんの作品を見比べながら、「どれだろう?、これかな?」と言いながら鑑賞する様子は微笑ましいものがありました。

 他にも、次の展示がありました。
○お絵かき(年長:名古屋城  年中:自分の顔  年少:ぼく・わたしだけのさかな)
○紙粘土(年長:モンスターズ・インク 年中:スノードーム 年少:フォトフレーム)
○たんぽぽ教室(秋をみつけたよ)  ○書道教室や造形教室の作品  
○お絵かき「親子遠足・東山動物園(5月)、夏休み(8月)、秋の遠足・いもほり会(9月)」
○絵画教室の作品(年長:名画の模写 年中:いろんないろで、にじのむこう)

 また、文化芸術親子体験教室「砂子技法」では、親子で色紙の上に紙をちぎって貼り、その上に金粉を蒔いて完成。いろんな個性あふれる作品に仕上がりました♪
 園庭では、体操教室やサッカー教室、チアのお友だちの発表も行われ、日ごろの練習の成果を披露できました。ポーズやシュートが決まる度に、見学者から拍手や「おー!」の声が起こり、園児も満足げでした。
 模擬店やゲーム・工作教室にも多くの方に参加いただきました。
 子どもたちならびにご家族の皆様と共に思い出深い秋の一日を過ごすことができ、園としても嬉しく思いました。

 ご来園いただきました皆様、お手伝いのお母様方、ひまわりの役員・准役員、ボランティアの学生の皆様、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。


防災避難訓練

 今日は、防災避難訓練がありました。
 今回は、園庭で外遊びをしている時に緊急地震速報装置が作動した想定で実施しました。装置が作動すると、子どもたちは園庭の中央に集合し頭を守ってダンゴムシに。事前に訓練を知らされていなかった子どもたちですが、落ち着いて速やかに行動することができ、今までの訓練の成果を見ることができました。
 園長先生からは、カードを使って「地震」「火事」「津波」の場合にどのような対応をするのかについてお話があり、子どもたちも真剣に聞いていました。
 いつ来るかわからない地震などの災害から、こうした訓練を通して自分で命と身体を守る方法を身に付けてほしいものです。


アジア青少年文化交流促進協会視察

 今日は、「一般社団法人 アジア青少年文化交流促進協会」の皆さん(中国の幼稚園長や幼児教育関係者の方々12名)が日本の幼児教育理解のために本園を視察されました。
 外遊びや朝のお並び(身体反応や挨拶、ディズニー体操)をご覧いただいた後、全園児で中国の方に言葉のプレゼントと歌『希望の歌~交響曲第九番~』のプレゼントをしました。中国の方々は、子どもたちのきれいな歌声をにこやかに聴き、歌い終わると皆さんから素敵な拍手を頂きました。
 その後は、西幼サーキットや日課、MS(音感教育)を興味深げに真剣な表情でご覧になっていました。また、展覧会の作品にも興味を持たれたようで、たくさん写真撮影をしていました。
 講堂でのディスカッションでは、まず園長先生から本園の教育方針や内容などについて話があると、中国の皆さんからはたくさんの質問が出されました。躾・態度教育の中身や教育・保育で大切にしていること、カリキュラムの立案と運用について、さらには防犯対策やPTA活動など、多岐にわたりました。また、園長先生が35年前に中国の桂林中学校を視察した昔話にも皆さんはじっくりと耳を傾けて聴いていらっしゃいました。
 最後は、相互にプレゼント交換をしました。中国の方からは5歳の園児が作成した作品や高級な便せん、ぬいぐるみを戴き、園からは「西幼特製カレンダー」を進呈しました。そして、園庭や門付近で皆さんは、名残惜しそうにいつまでも記念撮影をしていらっしゃいました。
 今回の視察を通して、日本と中国とではいろいろ教育事情は異なるものの、子どもたちに対する愛情は変わらないことを改めて感じ、よい刺激になりました。


いちご動物園来園

 さわやかな秋空が広がった今日、移動動物園の『いちご動物園』がやってきました。
 子どもたちは、この日をとっても心待ちにしていました。ききょう(年長)組のお友だちは、ポニーの乗馬体験!かっこいいヘルメットを被って騎手の気分です。お家の方も、お子様の嬉しそうな笑顔を熱心にビデオやカメラで撮影されていました。
 恒例のうさぎの「いちごちゃん」との楽しい会話と歌には、園児たちも保護者の方もいつものように大爆笑!!
 ヤギやモルモットなどの動物たちへの餌やりも体験しました。ニンジン・白菜・キャベツ・リンゴを動物たちに恐る恐る餌やりする子もいれば、怖がらずにできる子など子どもたちの様子もさまざまでした。
 また、犬の「はなちゃん」の芸や競走に子どもたちも大喜び!小動物を抱っこしたり、餌をあげたりと今日一日中、幼稚園には子どもたちの笑顔と歓声がいっぱいでした。何より動物たちとのふれあいを通して、子どもたちは「命の大切さ」に気付くとともに、動物に対する「思いやりの心・優しい心」が育ちました。

 多数ご来園いただきました保護者様、たんぽぽ教室や地域の皆様、誠にありがとうございました。


保育参観日

 10月29日(月)【年長】・30日(火)【年中】・31日(水)【年少】の3日間、保育参観がありました。
 お家の方に日頃の園児たちの活動[朝のお並び、体力アップ(西幼サーキット、かけあし)、日課、音感教育(ミュージックステップ)、心身統一など]をご覧いただきました。
 お家の方が参観していることでいつもより落ち着かないお友だちも少しいましたが、お家の方にかっこいいところを見せようと張り切る子が多かったようです。この参観を通して園の教育・保育内容と子どもたちが取り組んでいるふだんの様子をご覧いただけたと思います。
 3日間にわたる保育参観に多数ご来園いただきましてありがとうございました。