1. トップページ
  2. にしよう日記

にしよう日記

なわとび大会

 今日は、先日の雪で延期になっていた「なわとび大会」を実施しました。
 さくら(年中)、ききょう(年長)のお友だちは、今まで練習してきた成果を発揮しようと、どの子もやる気満々、気合い十分!!BGMの軽快な音楽に乗ってどの子も真剣な表情で跳びました。今年は、さくら・ききょうともなかなか決着がつかず長期戦・持久戦になりました。
 各学年、男女別で一番長く跳ぶことができた園児3名ずつが表彰されました。表彰されたお友だちは、金・銀・銅メダルを胸に満面のピカピカ笑顔で誇らしげでした。
 恒例のデモンストレーションは、ききょう園児による「8の字跳び」でした。応援の園児たちの声に合わせて次々と軽やかに長縄を跳ぶききょう園児の姿に、応援の園児たちも大興奮!!
 また、恒例の園長先生による「二重跳び」の20回跳びも披露されました。
 暦の上では春とはいえ、まだまだ寒い時期です。こんな時こそ寒さに負けずに毎日なわとびで心と身体を鍛えて、かぜやインフルエンザを吹き飛ばしましょうね。


節分会

 今日は節分会の豆まきがありました。
 「鬼は外~、福は内~♪」と元気よく歌って鬼を迎える準備をした園児たち。
 その後、赤鬼・青鬼が登場すると、怖くて大泣きしてしまったお友だち、担任の先生にくっついて離れようとしない子、鬼に対して威勢良く豆を投げつけるお友だちとさまざまでしたが、園児たちはみんなで協力して鬼を退治することができました。今年のきく(年少)組のお友だちは、大泣きする子が少なかったです。さくら(年中)・ききょう(年長)組でも少し泣く子がいる中、元気に立ち向かっていくお友だちがたくさんいました。
 最後は鬼たちと仲良く握手をして記念写真も撮り、元気に「ハイ、チーズ!」
 「鬼というのは『弱い心・悪い心・怠ける心』のことで、みんなの心の中にもいます。その鬼を退治するという意味ですよ」という担任の先生のお話に元気よく「はい!」と答える園児の姿が、とてもかっこ良かったです。
 2月3日は、お家でも元気よく豆まきをしてくださいね。


1月誕生会

 今日は1月生まれのお友だちの誕生会がありました。
 1月は10人のお友だちが舞台の上で、名前と年齢、「大きくなったらなりたいもの」を発表しました。今月はどの子も元気よくハキハキと大きな声で答えることができました。「大きくなったらなりたいもの」では、一人で2~3なりたいものを挙げるお友だちが多かったようです。白バイ隊員、恐竜博士と天文学者、パティシエ、お医者さんやアイドルなど、いろんな職業が出てきました。
 先生からのプレゼントは、お正月にちなんだパネルシアター「おもちふくらめプッププー」でした。うさぎさん二人が6枚のお餅を焼きますが、「おもちふくらめプッププー」と言うと、キリンやパンダ、ペンギンなどいろんな動物の形にお餅が変身!そして、その動物たちが遊びにやってきました。うさぎさんとトラのお餅も焼き上がり、お餅パーティーを楽しみました。子どもたちは、「どんな動物のお餅に膨らむのかな?」といったワクワク感や期待感を持ちながら、パネルシアターの世界を楽しんでいました。


学園年度末報告会・保育参観

 今日は、学園年度末報告会・保育参観がありました。
 学園年度末報告会では、本年度のさまざまな取り組み(躾・態度教育、体力アップ、音感教育、心身統一など)の成果と課題、現在の園児たちの様子、来年度に向けての変更点やお願いがありました。
 また、3月にモリコロパークで開催予定の「第6回 幼児文化芸術祭」についてのお知らせがありました。
 その後、各クラスごとに分かれて、保育や教育活動の様子を参観していただきました。保育中の園児の姿に、お子様の成長を感じられた保護者の方も多かったのではないでしょうか。
 本当に寒い中、たくさんの方にご出席いただきありがとうございました。


1月 クラスの子どもたち

<きく1>
 冬休みが明け新しい年が始まりました。お休みの中の出来事や楽しかったことなどウキウキでお話してくれ3学期も好調にスタートしました!寒さが厳しい日が続いていますが、子どもたちは全く負けずと毎日にぎやかな声が響き渡っています♡
 以前にも増して活動や行動一つひとつが自分たちで行えるようになり、今はお部屋で「もうすぐさくらさんになるんだ!」とみんなで声を掛けながら、少しずつですが進級への自覚を持ち始めています。日課の黙想は、2学期より長く集中してしっかり姿勢を整えて行えるようになっていて驚きました!!冬休み中にも頑張ってくれた子が、たくさんいたんだなと感心しました♡
 生活発表会へ向けての練習が始まり、男女共に「お遊戯の歌かけて~♪」と言ってノリノリで練習を楽しんでいます♪覚えるのがとても早くて私も驚いている程です!!本番の可愛い姿が、今からとっても楽しみですね♡


<きく2>
 楽しい冬休みも終わり、いよいよ3学期がスタートした1月♪久しぶりに来た幼稚園では「〇〇へ遊びに行ったよ!」「サンタさん来たよ!」などと、お話しに来てくれるだけではなく、お友だち同士でも、冬休みの出来事をお喋りし合っていたりとお友だちの再会を喜び、楽しんでいる様子の子どもたち♪厳しい寒さにも負けず、毎日元気に遊んでいます☆そんな子どもたちですが、お部屋では生活発表会に向けて練習が始まり、一生懸命取り組んでくれています!お遊戯の練習では、曲に合わせて踊ることを楽しみながら少しずつ振りを覚えていく中、衣装を着ることを楽しみにしている子が多く、「早く着たいな~♪」と心待ちにしている様子です♡歌や鍵盤の練習も少しずつ始まり素直に頑張っているので、またお家でもお話を聞いてみてくださいね♪
 きくさんにとって初めて大きな舞台で行う発表会。子どもたちが楽しんで発表会へ出られるように練習を頑張りますので、ぜひ楽しみにしていて下さいね★


<さくら1>
 長い冬休みも終わり3学期が始まり、すでに1か月が過ぎようとしています。さくらさんも残り2ヶ月で終わりかと思うと、今から悲しい気持ちでいっぱいです。お友だち同士の仲も深まり、自由遊びでは、男女問わず仲良く遊ぶ姿が見られます。1月から入ってきた転入生にも優しく声をかけてくれる姿が見られました。
 今の保育活動の中心は、ほぼ発表会の練習です。子どもたちは嫌がることもなく、積極的に踊りの練習をしています。給食を食べ終わるとすぐさま「発表会の曲かけて~♪」と言いに来ます。また、何気ない時に発表会の曲を口ずさんでいる子もいて、それだけ楽しんでやってくれているんだと嬉しく思っています。発表会までみんなで力を合わせて頑張ります!!
 また、冬休み中には、お家でなわとびと鍵盤ハーモニカの練習をして頂きありがとうございました。なわとび大会も金メダルをとれるように頑張ります!インフルエンザが流行る時期ですので、引き続きお家での声掛けをお願いします。


<さくら2>
 長かった冬休みもあっという間に終わり、最後の学期が始まりました。「冬休みは温泉に行ったよ!」「おじいちゃんたちに会ってきたよ!」とたくさんお話をしてくれて、楽しかった様子が伝わってきました♪
 冬休みになわとびの練習を頑張った子も多く、跳べる子が一気に増えて驚きました!31日のなわとび大会が、とっても楽しみですね。
 また、3学期に入り、生活発表会に向けての練習も始まりました。お遊戯では移動も一気に増えて困惑している姿もありますが、みんなで力を合わせて頑張っています。
 さくらでの生活も残りわずかとなったため、少しずつ「年長さんになるんだ」という意識を持っていけたらいいなと思っています。最近はちょっとしたトラブルが続いているため、「友だちの気持ちを考える」、「自分の言葉で気持ちを伝える」ということを子どもたちに促しています。友だちとの出来事を通して、みんなで一層成長していけたらと思っています☆


<ききょう1>
 子どもたちの元気な声や挨拶と共に、いよいよ幼稚園生活最後の学期がスタートしました。冬休みの思い出を嬉しそうに話してくれた子どもたち。絵日記を書いてくれた子もたくさんいました♪
 生活発表会の練習も始まり、初めて行う劇や舞踊にみんな悪戦苦闘していましたが、子どもたちの吸収力には本当に驚かされます。長い練習を終えた後にも「もっと練習したかったな〜」と、やる気に溢れています!さらに給食中に音楽を掛けると「踊りたくなっちゃうよ!」なんて、可愛い言葉も聞こえてきます♡
 体力アップでは大縄で「八の字跳び」を行なっています。2学期終わりから挑戦していますが、タイミングを掴める子が増え、連続で入れるようになってきました!連続15回を目標にみんで頑張っています^ ^
どの練習でもそうですが、お友達と励ましあったり教えあったり、みんなで頑張ろうという気持ちが子ども達から伝わってきます。絆が深まっていると同時に、相手を思いやる気持ちも成長しているのだと感心させられます。
 幼稚園生活も残り少しですが、一日一日を大切に、楽しく過ごして行きたいと思います♡


<ききょう2>
 ついに、幼稚園生活最後の学期が始まりました。冬休み中にたくさんの子が絵日記を書いてくれたので、子どもたちのいろいろな思い出を知ることができ、読むのがとても楽しかったです♪また、冬休み中に側転やなわとび、鍵盤ハーモニカを練習したお友だちがたくさんいて、子どもたちの上達ぶりに驚きました!
 先日の人形劇鑑賞会では、子どもたちの笑い声をたくさん聞くことができました。みんなが人形劇を見て楽しめたように、ききょう2組さんの劇も、見ている人を楽しませてあげようと考え、演じ手の表情や口調が良い学びになったようです。
 1カ月後は、幼稚園生活最後の集大成とも言える生活発表会です。「出番が多く、たくさんの練習で大変かな?」と心配しましたが、そんな私の心配を消すかのように、「もう一回踊りたい!」、「練習早くしようよ!」と練習も大はりきりのききょう2組さん。何事も意欲的な子どもたちに救われています。
 また、自分だけではなくて、お友だちと教えあったり、男女で自然と拍手をして褒めあったりする姿に、さらにクラスでの仲間意識が強まっていることを感じます。劇は、大きな声を出すことに恥じらいがある子も、話を知らなかった子も、練習を重ねてお友だちと演じる楽しさを感じているようです。大変なこともあるけれど、みんなで楽しく、最高の発表会になるように頑張ろうね♪みんなならできるよ♡


中学生職場体験

 11日(木)~12日(金)は神丘中学校、18日(木)~19日(金)は菊井中学校の生徒たちによる職場体験がありました。
 中学生のお兄さん・お姉さんたちと園庭でいっしょに鬼ごっこをしたり、縄跳びをしたりした園児たち。中学生の皆さんは、園児たちのきちんとした姿勢と態度、パワーにビックリ!!神丘中の生徒たちとは体験教室でいっしょに社交ダンスを踊る機会もあり楽しい時間を過ごしました。
 中学生のお兄さん・お姉さんは、幼稚園の先生の仕事内容ややりがい、大変さを少しは理解できたようで、「園児たちとふれあっていると自然に笑顔になれて、自分が笑顔だとたくさんの園児たちが寄って来てくれたので笑顔の大切さを感じた」「園児たちと遊ぶのは楽しかったけど、園児同士のけんかの時はどうしたらいいかわからなかった」「社交ダンスの時に園児たちと楽しく踊ることができて嬉しかった」「先生たちの表情がいつも笑顔だったので、今後自分が職場で働く上で勉強になった」などの感想を持ったようです。
 2日間ずつの職場体験を終えた中学生の皆さんは、「笑顔」で幼稚園を後にしました。


防災避難訓練

 今日は、緊急地震速報装置を使った防災非難訓練が行われました。
 今回は園庭で外遊びの時に地震が来た場合を想定した訓練でした。緊急地震速報装置のアナウンスがあると、園庭で遊んでいる園児たちは中央で「だんごむし」になりました。メルヘンタワーにいる園児たちは、だんごむしなった後、指示の下に園庭まで避難しました。
 その後、園長先生から「阪神淡路大震災」の説明があり、園長先生自身が体験した震災ボランティアの話を聞きました。地震での建物崩壊、その後の火災の恐ろしさを園児たちは真剣に聞くことができました。
 早いもので阪神淡路大震災も23年が経ちました。当時の震災の恐ろしさを風化させずに教訓として活かすには、こうした取り組みを通して子どもたちに語り継いでいくことが大切だと考えます。 
 「いざ」という時のために、さまざまな備えが大切です。
 保護者様も非常持出し品の点検と共に災害時の連絡方法・集合場所など親子でいっしょに確認する機会をお持ちいただければと思います。


文化芸術親子体験教室(親子社交ダンス)

 今日は、文化芸術親子体験教室がありました。
 今回は、社交ダンス「リズムに乗って踊ってみよう」でした。
 講師の武澤秀一先生・幸子先生ご夫妻からは、まず美しい姿勢(両手を万歳してから下ろし、背中をピンと伸ばした姿勢)で踊ると男子はかっこよく、女子はかわいくなることを教わりました。
 次は親子でワルツに挑戦!前後左右にステップし、右に左に回転し、さらには回転した後手拍子するという流れでしたが、親子で楽しそうに踊ることができました。ききょう(年長)組の時は、それよりさらに高度な内容の踊りでしたが、最後の決めポーズもバッチリ決まった園児もたくさんいましたね。
 絵本「ララちゃんのダンス」の読み聞かせの後は、武澤ペアによるダンス。二人が登場した時、奥様の赤いドレス姿に会場からも思わず「わー!」の声が。みんなの前で華麗に踊る姿に憧れを抱くお友だちもいたようです。
 
 ご来園くださいました保護者様、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。お家でも踊ってみてくださいね。


人形劇観劇会

 今日は、園児たちが楽しみにしている人形劇の観劇会でした。
 1本目は「大きなかぶ」。おじいさんが育てた「かぶ」をみんなで抜くという有名なロシアのお話です。内容を知っている子どもたちも知らない子どもたちも、みんな夢中で観ていました。最後におじいさんやおばあさん、犬やネコ、ねずみたちが協力して引っ張る時には、子どもたちも一緒になって「うんとこしょ、どっこいしょ!」のかけ声が響きました。とうとう土の中からかぶが出てきた時は、「わ~!」「大きい!」などと喜ぶ子どもたちの姿が微笑ましかったです。
 幕間は、その大きなかぶを料理する体操でした。かぶを切ったり、鍋にいれて煮たりする動きを取り入れた体操で楽しくリフレッシュできました。
 2本目は「泣きむし大男」でした。昔々山里にいた幼い兄妹が山の中で大男に出会います。最初は何だか怖そうな大男ですが、本当は心の優しい泣き虫さん。兄妹は、大男とすぐに仲良くなりますが、それを聞いた母親は二人を小屋に閉じ込めます。大男と会う約束をしていた二人は、小屋を抜け出して大男の所に向かいます。でも、途中の吊り橋の上から二人とも川に真っ逆さま!!それを見た大男は、川に飛び込んで兄妹を無事助けます。そのことを知った母親も大男に感謝し、村人たちとお祭りに参加することになりました。大男と兄妹の心が通い合う姿は観ている私たちの心も温かくしてくれました。
 2本ともわかりやすい内容と楽しい語りとリズム、そしてまるで生きているかのような動きや表情を見せる人形と凝った演出に、園児たちも飽きることなく集中して人形劇の世界に引き込まれていました。


3学期始業式

 今日は、3学期の始業式がありました。
 「明けましておめでとうございます。」という園長先生の挨拶に、よい子のみんなからも「明けましておめでとうございます!」の元気な挨拶が返ってきました。「今年は西暦2018年、平成30年、戌年。園長先生は戌年生まれです。今年は節目の年なので、今までしなかったことにも挑戦する一年にしようと思っています。よい子の皆さんも毎日の地道な取り組みを積み重ねてどんどんレベルアップしていきましょう。」というお話を園児たちはきちんと聞いていました。また、冬休みの宿題(黙想)や年始の挨拶の確認をしました。
 新しい年、新しい学期を迎えて、新鮮な気持ちで登園してきた園児たちの挨拶や姿、表情はキラキラ輝いていました。
 
 園児や保護者・ご家族の皆様にとって健康で幸多い年になりますよう教職員一同心より祈念いたします。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。


12月 クラスの子どもたち

<きく1> 
 あっという間に12月となり2学期最後の月になりました。毎日とても寒い日が続いてますが、子ども達は寒さを吹き飛ばす勢いで毎日元気いっぱいです!最近は外で体を動かすことに興味を持ち始め、大縄とびやボール遊び、かけっこをして遊ぶようになりました。外に出ると必ず「大縄とびやろ~♪」と声を掛けて体を動かすようになりお友だち同士の関わりが更に増えてきています。またお部屋ではごっこ遊びが増えてきていたり、お歌を歌って遊んだり、日課で行っていることわざカードを持ってきて自分たちでカード遊びをしたりといろいろな遊びを見つけて楽しんでいます♡自分たちでできることが本当にたくさん増えたなと日々感じています♡
 そして先日のクリスマス会では、サンタさんに会うため毎日おりこうさんに過ごし無事プレゼントをもらってニコニコな子どもたちでした♪
 これから冬休みに入りますが、体調に気を付けて楽しく過ごして下さいね♪休み明けにまたパワーアップしたみんなに会えるのを楽しみにしています♡


<きく2>
 すっかり気温も下がりとても寒い日が続きますが、子どもたちは「白い息が出るね♪」「手が冷たいね!」と、寒いからこそ感じることのできる感覚を楽しんでいます♪そんな寒さの厳しい12月は子ども達にとって楽しみなことがたくさんあり、やはり中でも楽しみなのはクリスマス♡「あと何回寝たらサンタさん?」「お家でツリー出したよ!」と子どもたちから聞くことが多くなりました♡
 園で行われたクリスマス会では、先生からの楽しい出し物やサンタさんが登場するなど大興奮な子どもたちでした☆この日の為にプレゼントの袋もいつもより貼るものや描くものが多く大変でしたが、クリスマスを想像しながら一生懸命作っていました♡お家でたくさん褒めてあげてくださいね♡
 そんな子どもたち、今は冬休みを心待ちにしながら発表会に向けて鍵盤の練習や歌の練習を少しづつ行っています!!是非楽しみにしていて下さいね♪


<さくら1>
 今年も残りわずかとなりました。早いものでさくら組に進級して9ヶ月が過ぎようとしています。子どもたちは体も心もきくのときとは違い大きく成長しているように感じます。体の面では、うんていや鉄棒、なわとびができる子が増えてきました。走るのもとって速くなりました。心の面ではお友だちの手伝いをしてくれたり、きくさんにおもちゃを譲ってくれたりとお友だちに対してできることが増えてきました。また、集中力も増し落ち着いて過ごすことができるようになってきました。毎日、元気いっぱいのさくら1組のみんなです。
 12月の一大イベントといえば、クリスマス会です。子どもたちはクリスマス会をとても楽しみにしており、毎日のように「今日、サンタさんくる?」と聞いてくるほどでした。クリスマス会の日、サンタさんが現れると子どもたちは大興奮!一緒に写真を撮ることもでき、大満足の1日でした。
 そして、もうすぐ冬休みです。ぜひ、時間のある時で大丈夫なので、縄跳びと鍵盤の練習をしてみてください。3学期、会えるのを楽しみにしています。


<さくら2>
 12月に入り、ますます寒さが厳しくなってきましたが、今月はクリスマス会があり子どもたちは毎日ワクワク過ごしていました♪みんなでサンタさんへお手紙を書いて、どこに貼ったら気付いてくれるかな~♪と当日を楽しみに待っていました♡そして、クリスマス会ではサンタさんの登場にみんな大興奮!(笑) 子どもたちの驚いた顔、嬉しそうな顔がたくさん見られて、とっても幸せな気持ちになりました♪
 最近では、クラスのみんなで氷鬼をしたことで、普段おままごとなどが多い子も元気に走り回る姿が増えました。
 また、1月30日のなわとび大会に向けて練習に励む姿もあります。大会はどれだけ長く跳べるかの持久戦になるので、冬休みもたくさん動いて体力をつけましょう!!
 更に寒い日が続くと思いますが、体調に気を付けて、楽しい冬休みを過ごしてくださいね。始業式の日に元気な姿を見られることを楽しみにしています☆


<ききょう1>
 つんとした冷たい空気、ひんやりとした風。もう季節はすっかり冬ですね。 12月は楽しみにしていたクリスマス会がありました。大きな箱から出てきたサンタさんにみんな大喜び!その後サンタさんから電話があった子もいたようで…♡英語で話した!と、嬉しそうに教えてくれました♡
 保育では、小学校への準備として連絡帳を書いてお家の人に見せたり、絵日記の練習を行いました。絵日記は、私の知らない子ども達の姿も書かれているので毎回読むことがとても楽しみです♫冬休み中もぜひ続けて下さいね。
 あっという間に2学期もおしまいとなりました。運動会や展覧会などの大きな行事を通して、子どもたちはとても逞しくなり、友達との絆や親みがより深まったように思います。クラスの雰囲気もとても良く、毎日笑いが溢れてあたたかな時間が流れています( ˘◡˘ )冬休みの思い出をみんなから聞く事が、今からとても楽しみです♡
今年1年ありがとうございました。良いお年をお迎えください


<ききょう2>
 幼稚園に来てくれたサンタさんと楽しい時間を過ごし、いよいよ2学期も終わりです。幼小交流会後、小学校が楽しみになり、チャイムが鳴る生活の練習をしたり、連絡帳や絵日記を書く練習をしたりして、はりきって小学校に行く準備をしています。同時に、卒園が近づいていることを感じ、切ない気持ちにもなります。寂しさを感じている私に、子どもたちが「すぐ会えるよ!」、「またききょうさんやりたい!」と言って励ましてくれます(笑)
 2学期はたくさんの行事を終え、子どもたちの仲も深まり、クラスの団結力が強まり、一人ひとりメリハリをつけて活動できるようになりました。そんな頑張り屋な反面、毎日笑顔が絶えないクラスの雰囲気が大好きです♡
 そして、2学期最後の思い出作りに桜木公園に遊びに行きました。冬らしい雰囲気に気付き、枯れ葉や遊具で楽しく遊ぶことができ、大笑いしました。帰りは、ノリタケの森でクリスマスムードを感じながら帰り、子どもたちも終始るんるんな様子でした♪天気も良く、楽しいあまりみんなでサザエさんの歌を歌いながら歩く子どもたちとの時間は、とても幸せでした♪
 最近、ますますいろいろな事に積極的に挑戦する子どもたち。できるようになりたい一心で、おともだちと刺激し合いながら、なわとび、鍵盤ハーモニカ、側転など様々なことを頑張っています。冬休み中も「頑張る!」と意気込んでいたので、お家の方もお手伝いしてあげてください♡幼稚園生活最後の冬休み、楽しんでくださいね♪


2学期終業式

 今日は、2学期の終業式がありました。
 園長先生からは「2学期はたくさんの行事を通してたくさんのことを学び、たくさんの楽しい思い出ができましたね。みんな頑張りを嬉しく思います。」といったお話の後、新年の挨拶の練習を正座で行いました。また、お年玉を受け取る時に気をつけることをみんなで確認しました。「きちんと両手で受け取るとかっこいい」「新年の挨拶やお礼をしっかり言う」「おじい様やおばあ様、親戚の人からもらったらお家の人に渡す」など、子どもたちの口から出て来ました。
 次に、園長先生からおせち料理のお話がありました。子どもたちは、おせちの中身の名前や意味などを静かに聞いていました。
 さらには冬休みの宿題のお話でした。園長先生から「日課や心身統一の時などに行っている『黙想を毎日実践』しましょう。きくは1分間、さくらは2分間、ききょうは3分間です。できればお家の方といっしょにやりましょう」のお約束に園児たちは大きな声で「はいっ!」と答えていました。
 最後に冬休み中に転園するお友だちとのお別れもしました。
 明日から楽しい冬休み。クリスマスやお正月といった楽しい行事が続きます。風邪やインフルエンザなどにかからないよう手洗いやマスク着用をしっかり実践して、3学期の始業式には元気な笑顔で登園してくださいね。

 保護者の皆様、今年一年ありがとうございました。よい年をお迎えください。


文化芸術体験教室(クラシックバレエ)

 今日は、文化芸術体験教室がありました。
 今回はテーマ「バレエ~身体で表現しよう~」です。講師は、松本道子バレエ団公演に多く出演され、NAMUEコンクールにて入賞し、ルーマニア公演にも参加されている平松杏菜先生です。
 まず、バレエのポーズの紹介です。背筋を伸ばして胸を張ることが大切なこと、キツネさんの指の形を作ってお腹の前で円を作るとバレエらしくなることなどを教えていただきました。
 次はストレッチに挑戦。開脚して前屈すると胸が床に付くお友だちもたくさんいて、講師の先生も感心していました。
 子どもたちも平松先生の真似をしながら回転したりジャンプしたり!みんな気分はバレリーナとバレリーノ。お辞儀をする姿もステキで様になっていましたよ!
 ミュージック付きお話コーナーでは、「アンジェリーナはバレリーナ」でした。子どもたちは、絵本の世界に入り込んで最後まで集中して聴き入っていました。
 最後は、平松先生によるバレエ鑑賞です。水色のバレリーナの衣装に着替えて登場した先生を見た子どもたちからは口々に「かわいい!」の言葉が。華麗に優雅に舞い踊る姿から、バレリーナへの憧れを抱く子どももいるようでした。


たんぽぽクリスマス会

 12日(火)・13日(水)・15日(金)のたんぽぽ教室でクリスマス会がありました。
 今回のたんぽぽ教室の後半は、恒例の「園長先生と素敵な先生たちによるマジックショー」です。 
 最初、舞台上の何も入っていない大きな赤い箱からサンタさんが登場!!サンタさんが、何もない容器の中からミッキーの人形を突然出現させるマジックを披露しました。次にこのミッキー人形を大きな赤い箱に入れ「メリークリスマス」の呪文をかけると、またまた箱の中から大きなミッキーが登場!本物の(?)サンタさんやミッキーが登場するたびに、お母様方から「わー!」の声が。
 ミッキーも「お背中ピッ!」のマジックを披露した後、今度は副園長先生によるマジックです。
 数年前に大流行した『アナと雪の女王』の絵本に、雪をふりかけると絵本が凍るマジックにお友だちよりもお母様方も驚きの声があがりました!
 園長先生からは「踊るハンカチマジック」やら「コインの貫通マジック」が披露されました。最後にたんぽぽ教室のよい子のみんなに宛てた手紙に呪文をかけると三色ハンカチが出てきて、「パンッ」と大きなクラッカーの音にお友だちもビックリ!!
 マジックショーの後はクリスマスプレゼント渡しと記念写真。お友だちも大喜びでした!
 
 たんぽぽ教室のお友だちはよい子ばかりだから、クリスマスイブの夜にもきっとサンタさんが来てくれますよ。楽しみですね!


クリスマス会

 今日は、子どもたちが待ちに待った「クリスマス会」でした。
 最初は、ステージの前に大中小の箱があり、中に入っているものを当てるクイズでした。先生が触ってヒントを言うと、子どもたちは口々に「鈴!」「雪だるま!」と次々当てていきました。一番大きな箱の中のものを聞くと子どもたちは「サンタさんかな?!」と興奮気味に!みんなが大きな声で「メリークリスマス」と呼ぶと、舞台の大きな箱からサンタさんがプレゼントを持って登場!子どもたちも大喜び!!
 サンタさんへの質問タイムでは、「サンタさんは、煙突の無い家にどうやって入るのですか?」「どうして欲しいプレゼントが分かるのですか?」「サンタさんはクリスマスが終わったら何をしていますか?」といった質問にサンタさんはすべて英語で答え、先生が通訳していました。サンタさんからは、鍵穴から入ることや、プレゼントの中身が手紙や電話で分かること、クリスマス後は北極でパーティーをして日が昇るまで寝ていることなどを教えてもらいました。
 サンタさんからのプレゼント(レゴセット)のお礼に子どもたちは『あわてんぼうのサンタクロース』、ききょう(年長)組のお友だちによる『希望の歌~交響曲第九番~』を歌いました。ドイツ語で歌う子どもたちの歌声に、サンタさんも大いに感心していました。
 その後、サンタさんと集合写真を撮ったりふれあったりして大満足!!今日は子どもたちのいつも以上のステキな笑顔を見ることができました。

 24日クリスマスイブの夜には、よい子のみんなのお家にもきっとサンタさんが来ることでしょう。楽しみですね。