1. トップページ
  2. にしよう日記

にしよう日記

お知らせ

先生志望の方へ

就職説明会を実施します。
●日時 10月5日(水) 午後3時~ ※詳細は「先生志望の方へ」参照
※採用試験 10月17日(月)9時~12時

10月・11月園庭開放

10月 3日(月)、17日(月)、31日(月)10:30~12:00
11月 7日(月)、21日(月)10:30~12:00
※10月10日(月)は祝日、24日(月)は園行事のためありません。
※11月14日(月)は代休、28日(月)は園行事のためありません。
※雨天の場合は中止です。
※気軽に遊びに来てください。

たんぽぽ(未就園児親子)教室  

未就園児の発達に即した「音感教育(リトミック)」や「年中行事に関する製作」を取り入れた親子教室をしています。
5月から開始します。
火曜日・水曜日・金曜日クラス各定員15名程度(計45名程度)
★令和5年度たんぽぽ教室ご希望の方へ★
 令和4年12月5日(月)の「たんぽぽ説明会」(第1部10:15~、第2部11:15~)を実施予定です。11月1日(火)より申し込みを受け付け致します。
HPの「お問い合わせ」より申し込みください。

大地震など緊急時における園の対応について

●大地震が発生した時、在園中のお子様はご家族がお迎えに来るまでしっかりとお預かりします。電話:052-563-0558、052-563-0559
●【幼稚園ではこのように対応しています】緊急地震速報装置が作動したら<屋内にいる時>あわてずに教職員の指示で、机の下にかくれます。揺れがおさまったら、教職員の指示で防災頭巾を着用し、園庭に避難します。<屋外にいる時>教職員の指示で園庭の中央に集まります。
●【その後、子どもたちはこのように行動します】<園にいる時>園(保育室)→園庭(安全確保)、津波注意報・津波警報が発令されたら3階多目的室に避難。<バス乗車時>バスは適時安全地帯に避難・待機、園から救助もしくは安全確認後、バス運行。
 ※園バスとはIP無線機にて連絡を取り合う。なお、各園バスにも緊急地震速報装置を搭載しています。
●【引き渡し手順】(1)園から緊急メールとHPでのお知らせ(2)緊急メール開封確認をチェック→お迎え。お家の方が迎えに来るまでお預かりします。あわてず落ち着いて迎えに来て下さい。→引き渡し
災害時における園の状況確認方法:「緊急メール」および「HP」。
 アドレスhttp://www.nagoyanishi.jp(災害時は携帯電話などがつながりにくくなる可能性が高いです。)


令和4年度 運動会

 「運動会」が枇杷島スポーツセンターで開催されました。
 今年のテーマ『あとひとつ もう少しがんばろう!』の言葉通り、子どもたちは「上を目指そう」「よりよりものにしよう」を合い言葉にして取り組んできた成果を見せようと頑張りました。
 きく(年少)組の遊戯『ロケットペンギン』では、可愛く楽しく踊りました。ポンポンを振りながらリズムをとって楽しく踊り、今年は隊形移動にも挑戦しました。ペンギンがロケットのように可愛く飛び上がる場面では、観客の保護者の皆さんから「かわいい!」という声が聞こえました。
 さくら(年中)組の遊戯は、旗とパラバルーン『ともに』でした。曲が流れる中、ピンク・黄・青・黄緑の色とりどりの旗が曲に合わせてはためきました。パラバルーンがさまざまな形になった時や最後にバルーンの中からたくさんのカラーボールが上がった時、会場からは歓声と大きな拍手が起こりました。
 ききょう(年長)組の遊戯『キミノウタ』では、曲に合わせて男子はフラッグを使って勇ましく、女子のチアではポンポンを使って可愛らしく踊りました。組立体操『あとひとつ』では、曲に合わせてさまざまな個人技やグループの技を発表し、ポーズが決まるたびに拍手が起こりました。ブリッジ、ウェーブさらには「にしよう大橋」、そして最後のピラミッドがピタリと決まると大きな感動が会場を包み込みました。
 まさに園児たち一人ひとりの「向上心」が伝わってくる演技に、感動で涙を流す方も多数いらっしゃいました。
 閉会式後の園児たちの胸にはピカピカの金メダルが輝いていましたが、それ以上に園児たちの顔には、大きなことを成し遂げた成就感と自信に溢れてキラキラ輝いていました。
 毎日の練習と、今日の本番を通して、子どもたちは多くの力を身に付けました。「集中力」や「忍耐力」も身に付きました。さらには「お友だちの良さ」や「みんなと気持ちと心を一つに合わせることの大切さ」や「緊張感」、「達成感」「充実感」「連帯感」「友情」「チャレンジする前向きな気持ち」「あきらめない折れない気持ち」など、さまざまなことを感じ取り学んだように思います。この体験は、きっと園児たちのこれからの生きる上での支えになることでしょう。

 今回は、一人の欠席もなく全員参加の運動会になりました。これもひとえに保護者様のご理解ご協力のおかげと心より感謝申し上げます。早朝よりお手伝いいただきましたお手伝いのお父様やお母様方、さらにはご来場くださいました皆様、誠にありがとうございました。


9月誕生会

 今日は9月生まれのお友だちの誕生会がありました。
 5名のお友だちは、自分の名前や年齢、大きくなったらなりたいものを発表しました。「警察官になりたい」「ケーキ屋さん」「サッカー選手」「ドレスを作る人」「ゲームを作る人になりたい」と、なりたい夢を話しました。
 保護者の方からのお手紙では、生まれた日の様子や名前の由来などが紹介されました。どの手紙からも家族から愛されている様子が窺え、さらには「生まれてきてくれてありがとう」といった感謝の気持ちが込められていて、聞いているだけで心がほっこりと温かくなりました。
 先生からは、保護者の方からの手紙を受けて名前に込められた思いや愛情について触れ、お友だちの名前を互いに大切に呼ぶことについて話がありました。お誕生日おめでとうございます!


敬老会

 9月5日(月)はききょう(年長)、6日(火)と7日(水)はさくら(年中)・きく(年少)の「敬老会」がありました。
 まず最初に講堂でお茶会をしました。心を込めてお点前をする様子におじい様・おばあ様も感心していらっしゃいました。おじい様・おばあ様が「この栗きんとん、食べる?」の声かけにも、「いいえ、結構です」と練習どおり上手に断ることができました。
 最後に「美味しかったですか?」と首を可愛らしく傾げて言う園児たちの姿に、おじい様・おばあ様たちも思わず「はい、美味しかったよ。ごちそうさま。」とニッコリ!
 その後、教室で「日課」を参観していただきました。そして、園児たちはこの日のためにおじい様・おばあ様のために心を込めて作ったプレゼントを渡し、肩たたきをしました。おじい様・おばあ様のプレゼントを受け取る時の「嬉しそうな笑顔」、肩たたきをしてもらっている時の「気持ちよさそうな笑顔」、お茶の接待を受けている時の「美味しそうな笑顔」など、たくさんの笑顔を見ることができてホッコリと温かくなりました。園児たちもおじい様・おばあ様とふれあい、抱っこしてもらってとっても嬉しそうな笑顔が心に残りました。
 新型コロナの影響で2年ぶりの敬老会でしたが、それだけにおじい様・おばあ様の喜びもひとしおで、「幸せそうな笑顔」にこちらも嬉しくなりました。ご来園くださいまして誠にありがとうございました。


2学期始業式、防災訓練、引き渡し訓練

 今日は、2学期の始業式がありました。園長先生からは「2学期は敬老会や運動会、展覧会などたくさんの行事があります。一つひとつの行事や活動に集中して取り組み、心も体も頭も大きく成長しましょう。そして失敗やつまづきを怖れることなくどんどんチャレンジしましょう」といったお話を子どもたちは真剣に聞いていました。
 また、「防災の日」にちなみ防災避難訓練・引き渡し訓練を実施しました。緊急地震速報装置が作動すると、子どもたちは速やかに机の下に隠れました。その後は放送の指示で講堂に集合し、園長先生の話を聞きました。今からおよそ100年前に起きた「関東大震災」の話を園長先生から聞きました。被害の大きさや地震とともに火災に気をつけるようにとのお話がありました。
 また、防災の絵本を読んだり「非常持ち出し袋」の中身を確認したりしながら、防災の意識を高めることの大切さについての話もありました。
 その後は引き続き「引き渡し訓練」を行いました。全保護者様が、それぞれの部屋で待機している子どもを迎えに行きました。
 こうした防災避難訓練や引き渡し訓練は、災害に対してふだんからの備えの大切さを再確認する機会と考えています。
 本日、引き渡し訓練に参加されました保護者様、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。


夏期保育

  8月17日(水)~26日(金)は、夏期保育がありました。
 夏期保育の午前は、城西スイミングスクールのインストラクター指導によるスイミング教室でした。ききょう(年長)組やさくら(年中)組の園児たちは、能力別に分かれたクラスでそれぞれ水に親しみ、泳力向上につながる活動をしました。最終日は、おもちゃを使って遊ぶ時間もあり、水鉄砲で先生に水をかけたり、浮き板に乗って遊んだりと子どもたちもおおはしゃぎでした!
 また、19日(金)はすいか割りがありました。昨年度はコロナでできなかっただけに子どもたちはやる気満々!割れなかったすいかは、最後は先生たちが見事割ることができました。割ったすいかは、給食の時に美味しくいただきました。
 24日(水)は、きく(年少)組のお友だちが園庭で水遊びをしました。簡易プールに入った子どもたちは、いきなりマックスハイテンションに!!先生たちにも水をかけておおはしゃぎでした。プールの外では泥遊びに興じる子どもたちもたくさんいました。
 9月から2学期が始まります。始業式には楽しかった夏休みのたくさんの思い出を先生たちに聞かせてくださいね♪


ききょうスペシャル遠足

  今日ききょう(年長)組のお友だちは、スペシャル遠足にでかけました。
 「河川環境楽園」では、アスレチック遊具で遊んだり、木曽川水園で川遊びをしたりしました。この日は、特に暑い日だったので、子どもたちは冷たい水に大喜び!お友だちや先生と水を掛け合って、笑顔が弾けていました。中には尻餅をついて、体操服のズボンがびしょ濡れになったお友だちもいました。
 お昼は、芝生広場で食べました。木陰でグループごとに分かれて美味しそうなおにぎりを食べました。食べ終わったお友だちから、芝生で増やし鬼や鬼ごっこで楽しみました。
 次の「アクア・トトぎふ水族館」では、クイズを解きながらたくさんの魚を見学しました。子どもたちは、ふだん見たことのない魚や水中の生物に興味津々。「幼稚園の先生と同じ名前の魚はイトウだ」「メコンオオマナズはぼくたちよりもおおっきい!」「ピラニアだ!」など、興奮した声があちこちから聞こえてきました。
 ききょうさんは、たくさんの思い出ができましたね。コロナや熱中症などに気をつけて、8月の夏期保育ではさらに大きくたくましくなった姿と笑顔を見せてくださいね♪


防災避難訓練

 今日は、防災避難訓練がありました。
 今回は、朝の外遊びの時に緊急地震速報装置が作動したことを想定した訓練です。子どもたちは予告無しのブザー音にも、先生たちの指示に従って落ち着いて避難行動をとることができました。遊具で遊んでいた子どもたちも、園庭でダンゴムシになりました。
 園長先生からは「外で遊んでいる時に地震が来たら、看板やガラスが落ちてくる危険性があるので、できるだけ塀や建物から離れた安全な場所でダンゴムシになりましょう。地震はいつ来るか分かりません。でも、実際に来たときも落ち着いて避難行動をとれるようにしましょう」という言葉に、子どもたちは大きな声で返事をしました。
 最近も日本各地で地震発生のニュースを聞きます。実際の地震の場合も、子ども自らが安全な場所を選んで、落ち着いて対処できるよう園での訓練を重ねていきます。


笹飾り

 今日は「笹飾り」がありました。
 お家の方と一緒に願い事を書いた短冊や飾りを枝に結び付けました。「プリンセスになれますように」「すみっこぐらしのねこになれますように」といったプリンセスやアニメのキャラクターへの憧れや、「足が速くなりますように」「鉄棒やうんていが上手になりますように」といった体力アップに関するもの、「小学校でたくさんの友だちができますように」「お医者さんになれますように」「野球選手になれますように」「サッカー選手になりたい」といった将来の夢に関するものなど、さまざまな願い事などが書かれた短冊が飾り付けてありました。そのような願い事が叶うように努力しましょうね!
 当日は暑い日でしたが、ご参加くださいました保護者様ありがとうございました。


七夕まつり発表会

 今日は、令和4年度「七夕まつり発表会」がウィルあいちのホールで開催されました。今年のテーマは『届けよう!みんなの歌声 笑顔と感動』でした。
 ききょう(年長)組の友だちは、『きらきらぼし』の鍵盤奏の後、きれいな歌声で『にじのむこうに』を歌い、その姿を優しい眼差しで見守るお家の方々がたくさんいらっしゃいました。
 次は、入園してまだ3ヶ月ほどのきく(年少)組のお友だちが、小さな身体で一生懸命『ちっちゃないちご』を歌ったり、『あひるがあるく』のコーデル奏を発表したりしました。
 さくら(年中)組の鍵盤ハーモニカは、みんなで「心」と「音」を合わせて『メリーさんのひつじ』を演奏しました。聴いている人が元気になる『てをつなごう』の歌声が会場全体に響きました。
 また、ききょう組の劇『エルマーとエイミーの冒険』『不思議の国のアリス』では、一人ひとりが役になりきって大きな声と豊かな表情で堂々と演技できました。会場の皆さんは、子どもたちの演技やセリフに釘付けになり、最後のエンディングの時は大きな手拍子をしていらっしゃいました。
 当日は足下の悪い日でしたが、子どもたちの発表に大きな拍手を送っていただき誠にありがとうございました。


6月誕生会

 今日は6月生まれのお友だちの誕生会がありました。
 今月はいつもより少なくて2名のお友だちでしたが、二人とも大きな声で名前や年齢をハキハキと受け答えできました。また、大きくなったらなりたいものは「野球選手」や強くて優しい「ウルトラマン」と発表し、二人ともとてもピッタリの夢でしたね。
 恒例のお家の方からの手紙では、両親の願いや生まれた時のエピソードも紹介され、聞いているみんなも幸せな気持ちに!今月は祖父母の方も参加され、孫の成長を嬉しそうに見つめていらっしゃる姿に、こちらも嬉しくなりました。


家族参観日

 今日は、「家族参観日」でした。
 今年も学年ごとに時間差で開催しました。全学年とも朝のお並びや体力アップ(西幼サーキット)の様子をご覧頂きました。また、きくのレク「バスにのって」、さくらの「新聞紙ゲーム」、ききょうの「じゃんけん列車」はどれも盛り上がり、参加者みんなの笑顔が弾けていました。
 この参観日で、子どもたちは「感謝の気持ちを届けよう」「頑張っているところ・かっこいいところを見てもらおう!」と大いに張り切っていました。特に、きくの保護者様は、わずか2ヶ月ほどの幼稚園生活で集団生活に慣れ、楽しそうに取り組む様子に多くのお父様はニコニコ笑顔で嬉しそうでした。
 短い時間ではありましたが、その分濃い幸せな時を過ごせたようです。ご参加くださいました保護者様、誠にありがとうございました。


文化芸術体験教室(和太鼓)

 今日は、文化芸術体験教室がありました。
 今回は「和太鼓~日本の響きを感じてみよう~」です。講師は大治太鼓尾張一座の方です。講師の方から和太鼓と言っても宮太鼓(みやだいこ)に締太鼓(しめだいこ)、桶胴太鼓(おけどうだいこ)の3種類があることを教えて頂きました。そして、子どもたちは長胴太鼓が大きな木を切って中をくりぬいて牛の皮を張って作られていることに大きな驚きを受けていました。
 太鼓の紹介の後、一人ずつ交代で体験しました。みんなでリズムを合わせて力強く打ちましたが、どの子も太鼓の大きく響く音に興奮しながら楽しそうです。最後はかっこよく決めポーズ、バッチリ決まっていましたよ!!
 音楽付きお話コーナーでは太鼓や笛のBGMが流れる中、「こぶとり」という昔話を聞きました。頬にこぶがある二人のおじいさんが怖い天狗たちに踊りを強要されて踊りますが、一人のおじいさんは天狗にこぶを取られます。そして、もう一人のおじいさんは取ったこぶを付けられて二つのこぶになるという内容でした。子どもたち不思議そうな気持ちでお話の世界に入っていました。
 ききょう(年長)さんは、華麗なバチさばきのパフォーマンスを観た後、笛と太鼓、歌に合わせて炭坑節を踊りました。子どもたちは、太鼓のリズムに合わせて楽しく踊ることができ、一足早い盆踊りの気分を味わいました。


ききょう科学館見学

 ききょう(年長)組は、名古屋市科学館に行ってきました。
 子どもたちは、館内の施設に大いに興味を持って、楽しみながら見学しました。世界最大のプラネタリウムでは、満天の星空の中、織り姫と彦星の話を聞きました。また、ロケットに乗って太陽系の惑星にでかけ、子どもたちの驚きや喜びの声がドームいっぱいに広がりました。
 お昼は、お家の方の愛情弁当に子どもたちの心もお腹も満たされました。ききょうさんは、また一つ楽しい思い出ができましたね。


なかよし交流タイム開始

 今日から「なかよし交流タイム」が始まりました。
 この「なかよし交流タイム」では、年長・年中・年少組のお友だちが、縦割りの6クラス(きりん、ぱんだ、うさぎ、らいおん、きつね、ぞう)に分かれ、さまざまな活動をします。
 第1回目の活動は、ふれあいゲームをしました。先生の指示でお友だち同士がふれあうゲームで、きく(年少)のお友だちもみんな楽しそうでした。ききょう(年長)のお友だちが、年下のお友だちの手を引いて優しくかかわる姿を何度も見ることができて微笑ましかったです。
 今後は、日課や年長児が年少児にスモックのたたみ方などお支度のお世話、心身統一や製作活動など、さまざまな活動を通して園児同士互いに「思いやり」と「感謝の心」が育っていくことを期待しています。