1. トップページ
  2. にしよう日記

にしよう日記

心身統一スタート

 今週から心身統一がスタートしました。
 最初に、「心身統一とはどういうことか、どのようにすればできるのか」などのお話がありました。次に心の持ち方で体の動きが変わってくることを実演をもとに説明があり、子どもたちも興味深く聞いていました。
 その後、正座、黙想、さまざまな運動に取り組みました。「静」と「動」の活動で楽しい中にも気合いと緊張感があり、子どもたちの心技体の向上が楽しみです。
 この心身統一で「心身共に落ち着きのある子ども」「転んだ際に頭を打たない身のこなしができる子ども」「心と体のしくみを知り、心を強く積極的に使う子ども」をめざしてこれから取り組んでいきます。


ききょうこいのぼり写真撮影

 今日は、こいのぼり写真撮影がありました。ききょう(年長)組のお友だちは、こいのぼりと五月人形の前で写真撮影をしました。保育の時に作った「こいのぼり」と「兜」を付けて笑顔でパチリ!写真を撮った後は、こいのぼりを持ってみんなで園庭を元気よく走り回りました。
 まもなく「こどもの日」がやってきますが、園児たちには武者やこいのぼりの鯉のように元気よくたくましく成長することを切に願っています。


才能教育説明会・きく給食試食会

 今日は、「才能教育説明会」と「きく給食試食会」がありました。
 「才能教育説明会」では、課外の各教室の先生方から活動内容などの紹介があり、参加された保護者様方は、熱心に耳を傾け、配布資料にも目を通していらっしゃいました。また、ヴァイオリン教室の説明の際は、先生による演奏で会場がすてきなミニコンサート会場になり、お母様方もうっとりして聴き入っていらっしゃいました。 
 その後は「きく給食試食会」でした。「いただきます。」の後、きく(年少)さんは親子仲良くそれぞれの給食を食べました。大好きなお母さんといっしょに食べる給食は、園児たちにとって格別美味しくてとっても嬉しそう!
 「ごちそうさま。」の後は、きく(年少)組の友だちは、お家の方と手をつないで嬉しそうに降園しました。


一日保育、給食スタート

 今日から一日保育が始まり、子どもたちが楽しみにしていた給食も始まりました。
 子どもたちは、「いただきます」の歌とごあいさつをした後、初めての給食に嬉しそう!今日のメニューは「クロワッサン、キュウリドレッシング和え、三角春巻き、トマトペンネグラタン、タンドリーチキンピッツ、フレーク、オレンジ」でした。
 きく(年少)組のお友だちは、幼稚園初めての給食に興味津々!みんな落ち着いて美味しそうに食べることができました。
※写真は4/12のものです


対面式

 今日は、対面式でした。きく(年少)組とさくら(年中)・ききょう(年長)組のお友だちが向き合って、みんなでご挨拶をしました。また、新しく着任した3人の先生たちの紹介もありました。お互いに「よろしくお願いします」と元気な声で挨拶できました。
 今日は午前保育でしたが、はじめての幼稚園生活にママと離れて「ママがいい~!」と大泣きする子もいました。でも、お部屋に入るとみんなおとなしく静かに過ごすことができて、先生たちもビックリでした!きくさんも一日も早く幼稚園での生活が慣れるといいですね!


1学期始業式

 今日は、2019年度1学期の始業式でした。
 最初にみんなで園歌を歌い、みんなの元気な歌声がホールに響きました。園長先生からは「今年は5月1日から元号が変わります。「令和」と言います。元号のように新しい気持ちでこれから頑張りましょう。さて、昨日の入園式で60人の新しいお友だちが西幼稚園に入ってきました。明日から小さなお友だちが登園します。不安で泣いたりするお友だちもいるから、優しく接してあげてくださいね」というお話に、園児たちは「はい!」と元気よく返事をしました。
 次の担任発表では、みんなわくわくドキドキ。発表されるたびに園児たちからは大きな歓声があがりました。
 この一年間、たくさんの経験を通して、心も体も頭も大きく成長してほしいと思います。そして、たくさんの素敵な思い出を作っていきましょうね。

 保護者の皆様、本年度一年間どうぞよろしくお願いいたします。


第111回入園式

 満開の桜の花がお祝いするかのような暖かな陽気のこの日、第111回入園式が行われました。
 60人の新しいお友だちが、お家の方といっしょにニコニコ笑顔で登園しました。
 園長先生から新入園児たちへは「幼稚園では、お友だちや先生と遊んだり歌ったり運動したりと楽しいことがたくさんあります。あさってから泣かないで笑顔で登園してくださいね。」、保護者の方には『非認知能力が子どもを伸ばす』(中山芳一著)という本を紹介しながら「幼児期は非認知能力を育てる大切な時期です。私たちは責任感と使命感を持って、教育・保育を進めていきます。」という内容のお話がありました。
 次に、ひまわりの会(PTA)会長様からは、「入園おめでとうございます。幼稚園での3年間はとても大きな成長が見られます。西幼稚園では、さまざまな活動をしながら全職員で子どもたちの成長を見守ってくださるので安心してください。」といったお祝いの言葉をいただきました。
 ききょう(年長)組の代表園児による言葉と歌の発表もあり、新入園児のみんなも静かに聞いていました。
 式後、担任紹介とクラス写真撮影がありました。少し大きめの真新しい制服に身を包み、どの子もちょっぴり緊張しながらも新しい園生活に期待に胸をふくらませていました。
 新入園児のみなさん、ニコニコ笑顔で登園してくださいね。みんなを心から待っていますよ!

 本日、入園された保護者の皆様、誠におめでとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


お知らせ

4月・5月園庭開放

4月15日(月)、22日(月)10:30~12:00
5月13日(月)、20日(月)、27日(月)10:30~12:00
※気軽に遊びに来てくださいね。
※雨天の場合は中止です。

たんぽぽ(未就園児親子)教室  

未就園児の発達に即した「音感教育(リトミック)」や「年中行事に関する製作」を取り入れた親子教室をしています。
5月から開始します。
定員15名程度
★令和2年度たんぽぽ教室ご希望の方へ★
 令和元年12月9日(月)に「たんぽぽ説明会」を実施予定です。11月1日より申し込みを受け付け致します。
HPの「お問い合わせ」より申し込みください。

大地震など緊急時における園の対応について

●大地震が発生した時、在園中のお子様はご家族がお迎えに来るまでしっかりとお預かりします。電話:052-563-0558、052-563-0559
●【幼稚園ではこのように対応しています】緊急地震速報装置が作動したら<屋内にいる時>あわてずに教職員の指示で、机の下にかくれます。揺れがおさまったら、教職員の指示で防災頭巾を着用し、園庭に避難します。<屋外にいる時>教職員の指示で園庭の中央に集まります。
●【その後、子どもたちはこのように行動します】<園にいる時>園(保育室)→園庭(安全確保)、津波注意報・津波警報が発令されたら3階多目的室に避難。<バス乗車時>バスは適時安全地帯に避難・待機、園から救助もしくは安全確認後、バス運行。
 ※園バスとはIP無線機にて連絡を取り合う。なお、各園バスにも緊急地震速報装置を搭載しています。
●【引き渡し手順】(1)園から緊急メールとHPでのお知らせ(2)緊急メール開封確認をチェック→お迎え。お家の方が迎えに来るまでお預かりします。あわてず落ち着いて迎えに来て下さい。→引き渡し
災害時における園の状況確認方法:「緊急メール」および「HP」。
 アドレスhttp://www.nagoyanishi.jp(災害時は携帯電話などがつながりにくくなる可能性が高いです。)


第7回幼児文化芸術祭

 今日は「第7回幼児文化芸術祭」がモリコロパークにて開催されました。
 (財)幼児文化芸術協会加盟園の年長組のお友だちが、ラデッキー行進曲にてレッドカーペットを行進して入場した後、トランペットのファンファーレが鳴り響き、厳かに始まりました。
 最初は、世界最古のオーケストラとも言われる日本の伝統音楽「雅楽」です。美しい顔の王が戦うときに怖い顔の面を付けたという舞いに会場は「雅」な世界に包まれました。
 次のバンド演奏では、軽快なメロディーが今度は会場の雰囲気を一気に明るくしました。
 続いて越智バレエの華麗な踊りを楽しんだ後、日本の伝統文化でもある日本舞踊(西川流)が披露されました。「さくらさくら」などの曲に合わせて着物に身を包み扇子を持って優雅に踊る女性の姿から、本格的な春の到来を感じました。
 その後、年中の親子による親子舞踏会、最後は年長園児や保護者様、合唱団によるクライマックスの第九コンサートでした。
 園児と保護者による『希望の歌~交響曲第九番~』で始まり、プロのソリストと合唱団によるベートーベン『第九』の発表へと続きました。7園の園児たちと保護者、ソリストや合唱団の素晴らしい歌声が会場いっぱいに響き渡り、今回も感動的な発表になりました。アンコールではフロアの年少・年中園児や保護者の全員が総立ちになって、もう一度『希望の歌~交響曲第九番~』を歌いました。
 歌い終わった園児たちは、その後も家族とともに「モリコロパーク春まつり」に参加されて、思い出作りができたようです。
 ご参加くださいました保護者の皆様、誠にありがとうございました。


修了式・離任式

 今日は、「修了式」がありました。みんなで園歌を歌った後、園長先生からはシアトルマリナーズのイチロー選手の活躍に触れて「『習慣は第二の天性』と言われます。身に付いた習慣は自分の性格のように深く身に付いていることを言っています。だから、よい習慣を身に付けると自分の才能や能力を伸ばすことになります。生まれ持った才能や能力をよい習慣によってますます磨きを掛けて、みんなのため・自分のため頑張れる人になりましょう。『西幼よい子のお約束』も言うだけはなく、習慣になるまで実行しましょう」というお話に子どもたちは大きな声で「はい!」と返事をしました。
 その後、今までお世話になった先生とのお別れの「離任式」を行いました。子どもたちからプレゼントを受け取った先生は、とても嬉しそうでした。
 春は別れの季節です。子どもたちは今までお世話になった先生たちとのお別れがさみしいようでした。

 保護者の皆様、今年度1年間ご支援ご協力いただきまして誠にありがとうございました。来年度もよろしくお願いします。


3月 クラスの子どもたち

<きく1>
 3月はあっという間で、きく1組で過ごす時間もあっという間に過ぎてしまいました。ひな祭り会では、園長先生と尚子先生がお内裏様とお雛様になった姿を見て大興奮!年長さんとのお別れ会では、クイズに答えたり園長先生のマジックを見たり、なかよし交流のグループでご飯を食べることができて大満足!最終週には、みんなでお弁当を食べたり、新道公園に遊びに行ったりときくさんでの思い出も作ることができました。普段の保育の中では「かっこいいさくらさんになる練習」を合言葉にいつもゆっくりやっているお支度も素早く!時間を気にせず食べていた給食も時間を意識しながら食べる!お話を聞くときはかっこいい姿勢で最後まで聞く!などさまざまなことを意識しながら行うことができ、いつでもさくらさんになれるお友達ばかりになりました!さくらさんが楽しみですね。
 1年間、本当にありがとうございました。きく1組の子ども達と過ごすことができ幸せでした。


<きく2>
 あっという間に3月になり、気付けば入園してから1年が経とうとしています。3月はひな祭り会から始まり、お別れ会と幼稚園全体で楽しむ行事でした。お兄さん、お姉さんとゲームをしたり、一緒にお弁当を食べたりと楽しい思い出が出来ました♡また、きく組のみんなで公園へ遊びに行くこともでき、学年でも思い出を作ることができました!
 4月に入園した頃とは比べられない程、今ではたくさんのことができるようになりました。泣いて登園していた子も今では元気よく挨拶をすることが出来るように。お友達に「ごめんね」が言えなかった子も自分から言うことが出来るように。他にも努力する姿や優しくする姿など本当に様々な姿を見せてくれました。クラスの絆も日に日に深まっていることを感じ、とても微笑ましい気持ちになりました♡ずっと待ちに待っていたさくら組さんがあと少し!今まで優しく助けてもらっていたことを今度はみんなが助けてあげてね☆
 1年間あたたかく見守ってくださり本当にありがとうございました。これからも子どもたちの成長を見守り続けたいと思います♡


<さくら1>
 厳しい寒さが消え、暖かい3月がやってきました。
ききょうさんの心身統一や卒園式のリハーサルを見学し、一段と年長児になることを意識し始めた子どもたち。ただかっこよかった!だけではなく、どんなところがかっこよかったのか、どうしたらそうなれるかなど一緒に考え、気持ちも引き締まったように思います。また、側転の練習を部屋で始めると進んで練習をする子や「お家でも練習してきた!」と、披露してくれる子もいました。「難しい、できない」ではなく挑戦していける気持ち。そして背中を押してくれる友達がこの一年でできたのではないでしょうか。過ぎてしまえばあっという間の一年でしたが、進級当初から思い返すと、一人ひとりがいろんな経験をし、自分のペースで心も体も逞しく成長してくれたように思います。みんなと笑い合う時間が本当に大好きで、さみしい気持ちも大きいですが、立派なききょうさんになっていく姿をこれからも見守らせていただきます^ ^
担任として至らない点もあったと思いますが、温かく見守って下さり感謝しております。さくら1組の担任をさせて頂けたこと、とても嬉しく思っています。一年間ありがとうございました!


<さくら2>
 ついに3月に入り、さくら組での最後の月となりました。発表会を終えてからのみんなは今まで以上に生き生きとしており「いよいよききょう組!!」というオーラが溢れ出てきている様子です♡また、ききょう組の心身統一と卒園式のリハーサルを見学させて頂きすぐに年長組のパワーを感じました。「自分たちも来年はこんな風になるんだ!!」という実感が更にわき、話を聞く視線、行動からもたくましくなったなと感心しました。ききょう組に向けての期待とやる気がある反面、さくら2組での生活が終わりに近づいている事にとても寂しさを感じてしまいます。
 この一年間でお友達と過ごす楽しさ、喧嘩もしながら思いやる気持ちを知り、一つの目標に向けて頑張る心が身につきました。きく1組からの子は2年間、たくさんの成長と感動を共にすることが出来、担任として本当に本当に幸せな日々でした♡この子たちなら胸を張ってききょう組に送り出せます♡
 保護者の皆様、たくさんのご協力を頂き本当にありがとうございました♡ききょう組でのみんなの活躍をずっと応援し続けています♡


<ききょう1>
 3月17日、無事にききょう組54人の子ども達が卒園しました。ききょう1組の担任をさせて頂けると知り大喜びしたのと同時にこの別れの時を想像して、早くも切なく思っていたことを昨日の様に思います。みんなの人生の中で二度目の大きな式典。一度目である入園式の事を思い返すと、小さくて今では想像もつかない様な子も大粒の涙を流していたり、お家の方と離れなかったり、まだ言葉数も少なかったり…と一人ひとりのことが鮮明に浮かんできます。
 年少さんからの成長はもちろんですが、この一年の間でも本当にビックリする程の頑張りやパワーを見せてくれました。どの行事にも真剣に取り組む姿、自主練習をする姿、お友達同士でアドバイスをし合う姿、悔しい時には共に悔しがり励まし合い、嬉しい時にはフルパワーで喜びを分かち合い、意見を言い合ってはみんなで様々なアイディアを出し合ったり…。いつからかどの行事の練習を取り組むときには「心を一つに」が合言葉となり、私より先に言ってくれてみんなで一つになることが出来ていました。やれることが増えるだけでなく、思いやり、協力する大切さ等、心の成長もとても感じられる毎日でした。こわいこわい私のクラスで一年間たくさん叱られても、たくさん笑っていたみんななら、これから先小学校へ行ってももっともっと大きくなってもきっと強くたくましく優しい心を持っていてくれると思って、自信を持って送り出せました。
 まだまだずっとずっとず~っと大好きなみんなといたけれど、どこにいてもどこからでも応援し続けているからね♡
 至らぬところが多々ありましたが、今までついてきてくれたみんな、そしてご理解ご協力してくださった保護者の皆様、本当に本当にありがとうございました。


<ききょう2>
 いよいよ卒園式が終わってしまいました。生活発表会が終わってからの日々はとても早く、あっという間でした。発表会が終わったと同時に卒園式の練習が始まり、変わらず慌ただしい毎日でしたが、できるだけ多く外で遊んだり、ゲームをしたりして楽しい思い出も作っていきました。お別れ会では、子どもたちのとても嬉しそうな表情が見られて私も嬉しくなり、最後の最後まで皆から幸せをもらっていました。
 そして3月17日に無事卒園式を迎えることができました。子どもたちと一緒に過ごした二年間、楽しいことも辛かったこともすべて大切な思い出です。活動に取り組む時は本当に真剣な顔を見せてくれて、でも遊ぶときはとびっきりの笑顔になる、そんなききょう組のみんなが大好きです。今まで温かく見守って頂きありがとうございました。保護者の皆様が支えてくださったおかげで充実した日々を送ることができました。
 2年間、担任を持たせて頂いて本当に幸せでした。ありがとうございました。


第110回卒園式・謝恩会

 今日は、第110回卒園式が厳粛に行われました。
 卒園証書授与ではピアノとバイオリンの生演奏による名曲『カノン』などが流れる中、名前を呼ばれた卒園児たちは元気に返事をして、誇らしげに堂々とした態度で証書を受け取りました。その証書を卒園児から感謝の言葉を添えて手渡された保護者の方々は、目頭を押さえ涙ぐんでいらっしゃいました。
 園長先生からは、「だれもが幸せになるために生まれてきた」というメッセージが込められている、さだまさしの『いのちの理由』の歌についてのお話がありました。また、「幸せは感謝の気持ちから生まれること、苦労や辛さの後により大きな幸せがやってくることも忘れないように」という内容でした。
 ひまわりの会長様からは、卒園児に向けてお祝いと励ましの言葉を頂きました。卒園児たちは、終始ビシッとした姿勢で真剣に聞いていました。
 卒園児たちの大きな声でのお別れの言葉とお別れの歌である『たいせつなともだち』の美しい歌声は、たくさんの参加者から感動の涙を誘いました。 
 式後は、恒例となっている担任からの卒園児一人ひとりへのメッセージスライドの上映と、『園長先生からのメッセージ』『西幼の思い出』『西幼で学んだこと がんばったこと』のスライド・ビデオ上映でした。卒園児や保護者の皆さんは、楽しかった幼稚園生活を振り返りながら、なつかしそうに時には涙を流しながらご覧になっていらっしゃいました。

 午後は、謝恩会でした。今回は、まずトイストーリーによる楽しいオープニングで始まり、途中で転園したお友だちのビデオレターで会場は一気に懐かしい雰囲気に包まれました。その後、いちご動物園うさぎのいちごちゃんによるビデオで再び楽しく乾杯した後、歓談しながらランチタイムでした。その間、グループ対抗『西幼クイズ』がありましたが、卒園児たちの観察力の鋭さにお母様方もビックリする場面も!
 花束や記念品贈呈、先生たちからの言葉など、しんみりする一幕もありましたが、終始和やかで本当に楽しい雰囲気の謝恩会で、あっという間に時間が過ぎました。
 今日、最高の「笑顔」で慣れ親しんだ西幼稚園を立派に巣立っていった卒園児の皆さん。西幼で学んだことをこれからも実践して、自信をもって歩んでいってください。皆さんの頑張りと活躍を大いに期待しています。そして、また「笑顔」で幼稚園に遊びに来てくださいね。

 最後に、ききょう保護者の皆様。今までのご支援ご協力に心より感謝申し上げます。皆様のお陰で、本日の卒園式ならびに謝恩会という素晴らしい思い出ができました。お子様のご活躍ならびにご家族の皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。ありがとうございました。


お別れ会

 今日は「お別れ会」がありました。
 最初に、きく(年少)組、さくら(年中)組のお友だちみんなからききょう(年長)組のお友だちにお祝いの言葉と歌を、ききょう(年長)組のお友だちからもそれぞれ言葉と歌のプレゼントをしました。
 次は、恒例の園長マジックショー!!園長先生の登場に子どもたちも大喜び。みんながおまじないをかけるたびにハンカチが一瞬でステッキに変わったり、スプーンが曲がったり、赤・黄・青のロープが繋がったり・・・・。そのたびに子どもたちは大喜び!!
 とりわけ園長先生の大好物アーモンドチョコをハンカチが通り抜けるマジック、さらにはトランプの瞬間移動マジックには大興奮でした!子どもたちや先生たちも不思議な現象に驚いたり、笑ったりして会場はアメイジングな雰囲気に!!
 次は、先生からの「西幼クイズ」がありました。3つのヒントを基にどの先生かを当てる内容でした。今のききょうに関係の深い先生3人がその後のインタビューを受けていました。
 その後、先生たち全員による『西幼思い出のアルバム』の器楽合奏と歌唱でした。ピアノ・鉄琴・木琴・小太鼓・鍵盤ハーモニカなどのメロディーに合わせて、舞台上のスクリーンには3年間の写真が投影され、その写真を見ながら笑ったり懐かしがったりしていました。
 
 いよいよお楽しみのお弁当タイムです。なかよし交流タイムのクラスごとに分かれてお家の方の愛情弁当、お家の方の力作デコ弁やキャラ弁を美味しそうに食べていました。
 最後は、『園歌』と『希望の歌~交響曲第九番~』をみんなで声高らかに歌いました。大いに盛り上がったお別れ会に子どもたちも大満足の様子でした。

 今日は一日中「子どもたちの笑顔」の花がいっぱい咲き、楽しそうな歓声が幼稚園に響き渡っていました。同時に今までやさしくしてくれたききょうさんへの「ありがとう!」という感謝の気持ちと温かな思いが幼稚園中に広がっていました。


ききょうふれあい給食

 12・13日の2日間、ききょう(年長)組のお友だちは、園長・副園長先生とのふれあい給食がありました。
 園長・副園長先生が、それぞれききょう1・2組に入って食べました。教室に入ると子どもたちも大喜びで、「先生、こっちに来て座って!」という声があちこちから聞かれました。
 卒園を17日の日曜日に控え、ききょうの子どもたちも残り少ない幼稚園生活を味わうかのように園長先生たちと楽しく食べていました。


3月誕生会

 今日は、3月生まれの誕生会がありました。
 16人のお友だちは、自分の名前・年齢・大きくなったらなりたいものを発表しました。今月は、ききょう(年長)組のお友だちが10人もいて、お家の人からの愛情あふれるお手紙に会場はいつも以上に温かい雰囲気に包まれました。
 言葉と歌のプレゼントの後は、先生からのプレゼントでした。今回は、『あおむしあおくん』というパネルシアターです。お腹が減っている「あおくん」が食べる物を子どもたちが当てる内容です。子どもたちは、「オムライス!」「ケーキ」「お寿司!」などと答え、大喜び!最後は満腹になったあおくんが眠った後、きれいな蝶に変身しました。絵本の『はらぺこあおむし』を連想させ、子どもたちも大いに楽しめたようです。
 今年度最後の誕生会でしたが、子どもたちにとって卒園前の楽しい思い出の一コマになりました。