1. トップページ
  2. にしよう日記

にしよう日記

6月誕生会

 今日は6月生まれのお友だちの誕生会でした。
 ききょう(年長)のお友だちは講堂で、さくら(年中)・きく(年少)のお友だちは各教室で行いました。
 ききょうさん3人のお友だちは、それぞれ舞台の上で名前・年齢・大きくなったらなりたいもの(サッカー選手、オリンピックの体操選手と仮面ライダー、考え中)を発表しました。今年度より学年・クラス別の誕生会になったとはいえ、みんなの前ではやはり少し緊張しているようでした。
 恒例のお家の方からの手紙では、生まれた日のエピソードや子どもに対する愛情を感じさせる内容で会場のみんなも静かに聞いていました。
 なお、きく・さくらの様子は後日ビデオ配信します。


家族参観日

 今日は、「家族参観日」でした。
 今年はコロナ対策のために各クラスごとに時間差で園庭にて開催されました。また、5月の「母の日参観」も兼ねていたため、父母そろっての参加が多かったです。
 きく(年少)さんは、朝のお並びやディズニー体操、両親への感謝の言葉とプレゼント渡し、親子ふれあいレクを楽しみました。さくら(年中)・ききょう(年長)さんは、西幼サーキットの様子もご覧頂きました。
 子どもたちは、両親へ「感謝の気持ちを届けよう」「頑張っているところ・かっこいいところを見てもらおう」と大いに張り切っていました!
 特に、きくの保護者様は、わずか1ヶ月の幼稚園生活で集団生活に慣れ、楽しそうに取り組む様子に目を細めていらっしゃいました。
 梅雨の中休みで天気に恵まれたこの日、短い時間でしたがその分濃い幸せな時を過ごせたようです。ご参加くださいました保護者様、誠にありがとうございました。


4・5月生まれの誕生会

 今日は、4・5月生まれのお友だちの誕生会がありました。
 コロナ対策として今年からききょう(年長)組は講堂で、さくら(年中)・きく(年少)は各教室で行います。誕生月のお友だちは自分の名前・年齢・大きくなったらなりたいものを発表し、担任の先生は日頃頑張っていること、すごいところをみんなに紹介しました。ききょうの保護者の方は、ビデオや写真を撮影しながら目を細めて我が子の成長を喜んでいらっしゃいました。お家の方からの手紙コーナーでは、生まれた時のエピソードや心温まる内容に会場がほっこりした雰囲気に包まれました。
 なお、さくら・きくの誕生会の様子は、後日ビデオを配信します。どうぞお楽しみに。


英会話開始

 今日から英会話が始まりました。講師はパワー溢れるアメリカ人チャド・スプリンガー先生です。
 コロナ対策で子どもたちはマスク着用して椅子に座っての活動でしたが、チャド先生の質問にも素早く反応して楽しく英会話に参加しました。
 さくら(年中)組とききょう(年長)組とレベルの異なったプログラムですが、五感と身体を使ってテンポ良く英語に親しむ活動に子どもたちも集中しながら興味津々、意欲満々に取り組みました。
 2学期からはきく(年少)組の園児たちのレッスンも始まります。チャド先生の楽しいレッスンで、英会話と異文化に興味を持った子どもの育成を目指します。


体育教室開始

 今日から「体育教室」が開始しました。
 講師は、課外のサッカー教室の浅沼先生です。今日は雨天のため講堂で行いました。最初の活動でしたので先生の紹介があり、その後はあいさつや返事、並び方などのルールやマット運動と跳び箱に取り組みました。上手な子は、5段を軽々と跳ぶことができ、みんなから拍手をもらい嬉しそうでした。
 さくら(年中)、ききょう(年長)のお友だちは、楽しさの中にも真剣な表情が印象的でした。今後は、縄跳びや鉄棒やボール運動などを行っていく予定です。


心身統一開始

 今週から心身統一がスタートしました。
 最初に、園長先生から「にしようTube」の動画の話がありましたが、子どもたちは休園中でも自宅で動画で心身統一に取り組んでいたようです。
 その後、正座、黙想、さまざまな運動に取り組みました。「静」と「動」の活動で楽しい中にも気合いと緊張感があり、子どもたちの心技体の向上が楽しみです。
 この心身統一で「心身共に落ち着きのある子ども」「転んだ際に頭を打たない身のこなしができる子ども」「心と体のしくみを知り、心を強く積極的に使う子ども」をめざしてこれから取り組んでいきます。


始業式・対面式

 今日は、1学期の始業式と対面式がありました。
 園長先生からは、「いつもは4月にありますが、今年は新型コロナの影響で6月1日が始業式になりました。先週までは、学年ごとの分散登園でしたが、今日から全学年そろっての幼稚園生活が始まります。西幼稚園の先生たちは、みなさんに『明るい子・やさしい子・たくましい子』になってほしいという願いがあります。そして、3つのお約束『挨拶・言葉遣い・はきもの』と背筋を伸ばして腰骨を立てる『立腰』をしっかり守りましょう。」といったお話がありました。また、「こまめに手洗いをすること、運動・食事や息苦しい時以外はお友だちや先生と話す時はマスクをつけること、くしゃみや咳をするときは肘ですること」といった「新しい生活様式」についてのお話があり、子どもたちも元気な声で「はい」と返事をしていました。
 その後、きく(年少)とさくら(年中)・ききょう(年長)のお友だち同士が、「よろしくお願いします」と挨拶をする対面式が短時間で行われました。 
 教室では休園中に配信されたビデオ保育の成果が見られ、「日課」もしっかりできていました。そして、家族参観日に向けてパパやママに渡すプレゼントづくりに頑張っていました!
 長い休園の後だけに、きくのお友だちはママが恋しくて最初泣いているお友だちも少しいましたが、これから少しずつ園生活に慣れて幼稚園での生活が楽しくなっていくことと思います。 

 保護者の皆様、本年度1年間どうぞよろしくお願いいたします。


第112回 入園式

 満開の桜の花がお祝いするかのような天気のこの日、第112回入園式が行われました。新型コロナウィルス対策として園庭で実施しました。
 園長先生から新入園児たちへは「幼稚園では、お友だちや先生と遊んだり運動したりと楽しいことがたくさんあります。あさってから泣かないでマスクをつけて笑顔で登園してくださいね」、保護者の方には「新型コロナウィルスなど不安な毎日ですが、園としても対策を講じながら保育をしていきます。ご家庭でも検温とその報告をお願いします」という内容のお話がありました。
 次に、ひまわりの会(PTA)会長様からは、「入園おめでとうございます。幼稚園での3年間はとても大きな成長が見られます。特に年長になると厳しさを経験することで逞しく成長する姿があります。西幼稚園では、園長先生はじめ全職員で子どもたちの成長を見守ってくださるので安心してください。」といったお祝いの言葉をいただきました。
 ききょう(年長)組の代表園児による言葉の発表もあり、新入園児のみんなも静かに聞いていました。
 式後、担任紹介とクラス写真撮影がありました。少し大きめの真新しい制服に身を包み、どの子もちょっぴり緊張しながらも新しい園生活に期待に胸をふくらませていました。
 新入園児のみなさん、ニコニコ笑顔で登園してくださいね。みんなを心から待っていますよ!

 本日、入園された保護者の皆様、誠におめでとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


3月 クラスの子どもたち

≪きく1≫
 3月は、休園と自由登園になってしまい4日間あっという間に過ぎてしまいました。楽しみにしていた「ひな祭り会」やなかよし交流で食べるお弁当など、楽しい行事がなくなってしまい、とても残念でした。しかし、この4日間子どもたちときく組最後の時間を楽しく過ごすことが出来ました!短い4日間の中で、子どもたちと「かっこいいさくらさんになるためにはどうしたらよいか」を考えながら活動に取り組んでいました。子どもたち同士の会話からも「さくらさん」という言葉を何度も聞き、次の学年を意識することができるようになったきく1組のお友達。いつでもさくらさんになれるお友達ばかりになってとてもうれしいです♡
 1年間温かく見守ってくださりありがとうございました!きく1組の担任として関わることができ幸せでした。これからも見守っていきたいと思います♡


≪きく2≫
 あっという間に3月になり入園式から1年が過ぎます。今年度は、新型コロナの影響で3月は1週間という短い時間でしたが、子どもたちは元気に幼稚園に来て久しぶりにお友だちとおままごとをしたり、園庭で走ったりとどの子も嬉しそうに過ごしていました。
 この1年間で子どもたちは、大きく成長したように感じます。初めは、お母さんと離れる寂しさから泣いて登園してきたおともだちもニコニコで幼稚園に登園したり、七夕発表会や運動会、生活発表会では、たくさんのお客さんを前にとってもカッコイイ姿を見せてくれました☆
 ここまで子ども達が楽しく幼稚園に通い頑張る事が出来たのも保護者の皆様のご理解、ご協力のおかげと心より感謝しております。
 1年間至らぬ担任でしたが、本当にありがとうございました。これからも子どもたちの成長を見守り続けていきたいと思います♡


≪さくら1≫
 あっという間にさくら組の最後の月となってしまいました。「生活発表会」を終えてからの子どもたちは、ますますききょう組へ向けての期待が高まり、日々心待ちにしていました♡気持ちだけでなく行動も伴うようお友だちにも注意を促したり、相手の声にも耳を傾け一緒に考えようとする姿が見られます。
 そして延期となっていた「なわとび大会」が無事にできて、さくら組として今まで頑張った成果が、それぞれの形やペースで感じることができました♪メダルを取れた子、そうでない子も必死にお友だちを応援し、一回でも多く跳べるようになっていたことが何よりの成長です♡たくさんよく頑張りましたね☆
 この1年でお友だちとの仲がさらに深まり、一緒に頑張る喜びや達成する嬉しさを知り心も体も本当にたくましく成長しました。さくら1組のみんなはとっても賑やかで毎日笑いが絶えることなく私自身、本当に楽しく幸せな日々でした♡お別れをするのが心から寂しいですが、みんなならききょう組になってもさらにたくさん活躍してくれることと思います♪
 今後とも皆さんの成長をずっとずっと応援しています♡これまでたくさんご協力頂き本当にありがとうございました♡


≪さくら2≫
 3月に入り寒さの中にも、少しずつ春の暖かい日差しが感じられるようになりました。発表会を終えてからクラスの仲もさらに深まり、毎日笑いの絶えなかったさくら2組の子どもたち♡
 延期していた「なわとび大会」では、これまで積み重ねてきた練習の成果を出せた子や、惜しくもメダルに届かず涙を流す子など、子ども達にとっての成果は様々でしたが、短期間で上達する子が多く、引っかかっても何度も挑戦する子ども達の頑張りにいつも元気をもらっていました。
 また「修了式」の日に、ききょう組になってから頑張りたいことを子ども達に聞いてみると、側転や劇、お泊り保育などいろいろな答えが返ってきて、ききょう組になることへの期待が感じられました。
 この1年間でお友だちと心を通わせる難しさや喜びを知り、子ども達一人ひとりが大きく成長してくれたように思います。担任として至らない点もあったと思いますが、いつも温かいお声を掛けていただきありがとうございました。大好きなみんなと過ごす毎日が本当に楽しく幸せな時間でした♡ききょう組での頑張りや活躍を応援するとともに楽しみにしています♡


≪ききょう1≫
 本来であれば2週間あった保育が、コロナの影響で半分になってしまった3月。残念ながら叶わなかったこともたくさんありますが、短い時間の中で「お楽しみ会」や園長先生や副園長先生と給食を食べたりと、楽しい事をたくさん詰め込んで過ごしました。何より、みんなが友達に会えて喜ぶ姿、別れを惜しむ姿が印象的で、子ども達なりに様々なことを感じていたように思います。
 「卒園式」の練習も4日間のみとなり、短縮されていても覚えなくてはいけないことはたくさんありました。急な変更もすぐに覚えこなしていく子ども達は本当に立派で、何度も涙が出そうになっては、「まだ早い」と堪えてを繰り返していました。
 そして3月13日。ききょう組53名が西幼稚園を旅立ちました。式当日はいろいろな思いが込み上げてしまい、入場から涙を止めることができませんでした。お別れの言葉や歌では、子ども達も涙を浮かべる姿がありました。穏やかに過ごせる時間が減り、やるせない思いも勿論ありましたが、子ども達や保護者の皆様と一緒、無事卒園式を迎えられたことを本当に嬉しく思いました。
 ききょう1組で過ごした1年間。負けず嫌いな子が多く、難しい事へも何度も繰り返し立ち向かう強い心、友達を認め合う心が育ち、絆も強くなりました。みんなと一緒に考え、つくりあげていく毎日は本当に楽しく、子ども達からたくさんのことを学んだ1年となりました。さくら組から持ち上がりで子ども達と過ごせて、とても幸せでした!いつも温かく見守って下さった保護者の皆様にも感謝しております。本当にありがとうございました。是非ランドセルを背負って、会いに来てくださいね♡


≪ききょう2≫
 3月になって気温も上がり春がやってきました♡今年は休園もあり、いつもよりも卒園までがとても早く感じ、悔しい思いもありますが、5日間の時間を大事に過ごすことができました。そして迎えた「卒園式」では、練習日数の少ない中、心配もしましたがさすが年長さん。立派に旅立っていく姿を見ることができ、安堵しています。
 1年前にこの大好きな子たちとの生活が始まり、七夕発表会、運動会、生活発表会と様々な行事を経験し乗り越えてきました。そのたびに、ききょうさんらしく、そして少しずつ1年生に近づいて成長をしていく姿を近くで見てきました。「3年前はあんなに小さく、たくさん泣いていた子たちだったのになぁ」と思うと感慨深いものがあります。きっと楽しいことばかりではなく、苦しいことや苦手なこともたくさんあったと思います。しかし、そこで努力し頑張る子どもたちを見て、私自身とてもパワーをもらい、子どもたちから諦めない強さを学んだ気がします。この子たちがいない幼稚園での生活は初めてで、今からとても寂しいですが、ランドセルを背負ってまた会いに来てくれることを楽しみに、頑張っていきたいと思います♡
 1年間、至らない点もたくさんあったと思いますが、いつも優しく見守ってくださり、ありがとうございました。幼児期という大事な時期に関わらせていただき、とても嬉しく思います。子どもたちのこれからの成長、活躍も楽しみにしています♪ありがとうございました!


さくら親子ミニ舞踏会

 今日は、3月22日(日)開催予定だった「第8回幼児文化芸術祭」の年中親子舞踏会に参加予定の親子によるミニ舞踏会を行いました。
 本来なら、大きな会場(モリコロパーク体育館)で披露するはずだった親子ワルツ。新型コロナウィルスの影響で中止になり、急遽幼稚園でのミニ舞踏会となりました。
 講堂で大好きなパパやママと手を繋いでワルツを踊る様子は、小さなプリンスとプリンセス!ピアノとヴァイオリンの生演奏が流れる中、可愛く優雅に踊りました。保育中の「親子体験教室」や1回行った練習の成果で、見事に上手に踊ることができました。
 最後は、みんなで記念写真を撮りました。大勢の観客の前で踊ることはできませんでしたが、参加した皆さんは満足そうな笑顔で嬉しそうでしたね。
 ご参加いただきました保護者様、誠にありがとうございました。


第111回卒園式

 今日は、第111回卒園式が厳粛に行われました。
 今回の式は、新型コロナウィルスの影響で人数制限、時間短縮の中で行われました。卒園証書授与ではピアノとバイオリンの生演奏による名曲『カノン』などが流れる中、名前を呼ばれた卒園児たちは元気に返事をして、誇らしげに堂々とした態度で証書を受け取りました。その証書を卒園児から感謝の言葉を添えて手渡された保護者の方々は、目頭を押さえ涙ぐんでいらっしゃいました。
 園長先生からは、「皆さんは令和になって1番目の卒園児、西幼稚園ができて111年目、そして運動会の組立体操の曲が『number one』で「1」に縁がありましたね。だから、1番を目指して頑張って下さい。そして、頑張っていく中で「オンリーワン」を目指しましょう。」という内容でした。
 卒園児たちの大きな声でのお別れの言葉とお別れの歌である『たいせつなともだち』の美しい歌声は、たくさんの参加者から感動の涙を誘いました。 
 式後は、恒例となっている担任からの卒園児一人ひとりへのメッセージスライドの上映と、『西幼で学んだこと がんばったこと』『謝恩会委員製作スライドショー』の上映でした。卒園児や保護者の皆さんは、楽しかった幼稚園生活を振り返りながら、なつかしそうに時には涙を流しながらご覧になっていらっしゃいました。
 その後は、謝恩会委員の皆様から教職員への花束贈呈がありました。
 本日、最高の「笑顔」で慣れ親しんだ西幼稚園を立派に巣立っていった卒園児の皆さん。西幼で学んだことをこれからも実践して、自信をもって歩んでいってください。皆さんの頑張りと活躍を大いに期待しています。そして、時々は「笑顔」で幼稚園に遊びに来てくださいね。

 最後に、ききょう保護者の皆様。今までのご支援ご協力に心より感謝申し上げます。皆様のお陰で、思い出に残る卒園式ができました。心より感謝申し上げます。お子様のご活躍ならびにご家族の皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り致します。ありがとうございました。


修了式・離任式

 今日は、新型コロナウィルス対応で1週間前倒しになった「修了式」がありました。みんなで園歌を歌った後、園長先生からは「令和元年度は平成31年4月から始まり、令和元年5月から令和2年3月末までという珍しい年度になりました。この1年間、運動会や展覧会、発表会などの行事を始め、MSや心身統一などの日頃の保育を皆さんよく頑張りましたね。この「頑張り貯金」をどんどん貯めることで自信が付き、もっともっと上達・成長できます。ぜひ、来園度も「頑張り貯金」を貯めましょう。」というお話でした。
 次は、4月から転園するお友だちとのお別れがありました。「いつまでもお元気で、さようなら」というみんなの言葉にちょっぴり照れて恥ずかしそうでした。
 その後、今までお世話になった先生とのお別れの「離任式」を行いました。子どもたちから花束を受け取った先生は、とても嬉しそうでしたが感極まって涙ぐむ場面もありました。
 春は別れの季節です。子どもたちは今までお世話になった先生たちとのお別れが心からさみしいようでした。

 保護者の皆様、今年度1年間ご支援ご協力いただきまして誠にありがとうございました。来年度もよろしくお願いします。


ききょう お楽しみ会

 今日は、ききょう(年長)組のお友だちの「お楽しみ会」がありました。
 最初は、先生たちからのクイズ『何の行事でしょう?』でした。子どもたちは、パネル写真を見るなり、「運動会!」「展覧会だ」「生活発表会!!」などと、大きな声で即答していました。
 子どもたちは、クイズを通して自分たちが一生懸命取り組んだそれぞれの行事を振り返っていました。
 その後は、「お泊まり保育」以来のミスター・マジックによるマジックショー!園長先生からの依頼でわざわざ東京から駆けつけてくれた?そうで、「今、新型コロナウィルスの影響で新幹線もガラガラでした。」と言っていました(笑)
 最初のマジックは「メンタリズム」でした。代表のお友だちが選んだ幕の内弁当のおかずを当てるというもの。ミスター・マジックはお友だちの顔をまじまじと見ながら見事!二つとも正解でした。次は、お弁当を食べた後は、やはりお茶を飲みたいということで空っぽの紙自動販売機にお金を入れると、何とお茶やコーヒー、コーラが出てきました!!そのたびに子どもたちは大喜びです。
 他にも、サイコロが鉄板を通り抜けるマジックや選んだトランプを紙袋に入れ、紐をたらすと結ばれて出てくるというマジックに、子どもたちは不思議そうな表情で楽しんでいました。
 卒園式まであと2日、最後に楽しい思い出ができたようです。


3月誕生会

 今日は3月生まれのお友だちの誕生会がありました。
 10人のお友だちは、舞台の上で自分の名前と大きくなったらなりたいものを発表しました。担任の先生からは、誕生月のお友だちの日頃がんばっているところや良いところの紹介があり、お友だちもちょっぴり誇らしげでした。
 ききょう(年長)のお友だちは、お家の方からの温かい内容の手紙に嬉しそうで、会場もほっこりしました。
 今月は、新型コロナウィルス対策で窓を開けて短時間での誕生会でしたが、子どもたちは誕生月のお友だちを心から祝福する優しい気持ちが育ったようです。


ききょう ふれあい給食

 9・10日の2日間、ききょう(年長)組のお友だちは、園長・副園長先生とのふれあい給食がありました。
 園長・副園長先生が、それぞれききょう1・2組に入って食べました。教室に入ると子どもたちも大喜びで、「先生、こっちに来て座って!」という声があちこちから聞かれました。
 卒園を13日の金曜日に控え、ききょうの子どもたちも残り少ない幼稚園生活を味わうかのように園長先生たちと楽しく食べていました。